萬田久子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
まんだ ひさこ
萬田 久子
別名義 万田 久子(読み同じ)
生年月日 1958年4月13日(57歳)
出生地 日本の旗 日本 大阪府
身長 167 cm[1]
血液型 B型
職業 女優
ジャンル 映画テレビドラマCM
活動期間 1980年 -
配偶者 なし(内縁の夫と死別)
主な作品
テレビドラマ
なっちゃんの写真館
京都殺人案内』シリーズ
八丁堀の七人

萬田 久子(まんだ ひさこ、1958年4月13日 - )は、日本の女優

大阪府大阪市出身。オフィス萬田所属。デビュー当初は、万田 久子と表記されることが多かった。身長167cm、体重47kg、B83、W59、H87(1981年)[1]

略歴[編集]

大阪府立港高等学校帝塚山短期大学卒業。

短大在学中の1978年昭和53年)にミス・ユニバース日本代表に選出された。同年7月、メキシコのアカプルコで行われたミス・ユニバース世界大会に出場したが、同大会では無冠であった。

翌年上京し、タレント活動を開始した。当初は本名ではなく「道頓堀 心子(心斎橋の"心")」という芸名を付けようと事務所の先輩に言われていたが、芸名が決まる前の1980年(昭和55年)、テレビドラマ 『なっちゃんの写真館』(NHK)への出演が決まり、本名のままで女優としてデビューした[2]

1987年昭和62年)に交際が発覚した当時妻子のあった佐々木力(後にリンク・セオリー・ジャパンの社長兼CEO、ファーストリテイリンググループ上席執行役員を歴任[3])との不倫の末に1児をもうけ、同年10月にニューヨークで男児を出産。佐々木の離婚成立以後も事実婚を貫いたが、2011年8月9日、佐々木がスキルス性胃がんにより60歳で死去[4]。葬儀の喪主を務める為、4月から金曜レギュラーを務める『笑っていいとも!』(8月12日放送分)を欠席。9月末で番組を卒業。

佐々木の生前、東京・自由が丘の住居を立て替えしようとしていたが、地中熱システムを導入するための軟弱地盤に対するボーリング工事に伴う騒音問題などにより、住民側が区に直訴をしたため工事中断に追い込まれた。それでも建築を強行しようとした矢先に佐々木が死去したため更地のままのこされた[5]。土地は遺産として佐々木の子供達に分割相続された[6]

人物[編集]

2015年に放送された「マツコの知らない世界」にて、自らのコンプレックスは鼻が低いことであると明かしている[7]

出演作品[編集]

テレビドラマ[編集]

NHK
日本テレビ
TBS
フジテレビ
テレビ朝日
テレビ東京
WOWOW

映画[編集]

吹き替え[編集]

バラエティ[編集]

クイズ!!ひらめきパスワード(1986年4月~MBS 女性軍初代2枠レギュラー解答者)

CM[編集]

ディスコグラフィー[編集]

シングル[編集]

  • 愛のオーロラ(1981)
作詞:三浦徳子/作曲:安川ひろし/編曲:安川ひろし
(c/w 夏の別れ)

アルバム[編集]

  • 夏の別れ(1981)

著書[編集]

受賞歴[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 週刊サンケイサンケイ新聞出版局 1981年1月29日号 33頁(本人のインタビューを含む記事)。
  2. ^ 2011年「HERS」2011年7月号『萬50+2ダッ』(光文社)
  3. ^ 萬田久子の“夫” ファーストリテイリンググループの上席執行役員もスポニチ、2011年8月10日)
  4. ^ 萬田久子ショック 事実婚パートナー死去スポニチ、2011年8月10日)
  5. ^ 萬田久子 亡き夫との「終の住処」建築工事が無念の中止 女性セブン2011年11月3日号
  6. ^ 萬田久子の事実婚夫の遺産 愛人の娘に法定の2.4倍相続 女性セブン2012年7月12日号
  7. ^ マツコの知らない世界 2015年4月21日放送”. TVでた蔵. ワイヤーアクション. 2015年4月25日閲覧。
  8. ^ 東山紀之主演時代劇『信長燃ゆ』に中島裕翔&神山智洋が出演”. ORICON STYLE (2015年12月5日). 2015年12月7日閲覧。

外部リンク[編集]