荒内美沙緒

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

荒内 美沙緒(あらうち みさお、1981年11月5日 - )は、2001年平成13年)の『ミス・ユニバース・ジャパン』であり、同年のミス・ユニバース世界大会に日本代表として出場した。1999年ミス日本フォトジェニックも受賞している。

人物[編集]

青森県生まれ[1]。身長173cm[1]

17歳で1999年ミス日本フォトジェニックを受賞している。そこでミスユニバースのディレクターにスカウトされ、19歳の学生だった2001年平成13年)、1,000人以上の応募者のなかから、復活以後最年少で『ミス・ユニバース・ジャパン』に選ばれた[1]。続いて、同年5月にプエルト・リコバヤモンで開催されたミス・ユニバース世界大会に日本代表として出場した。

特技は黒帯を持つ空手家であり、学生時代には全日本空手道選手権大会で3年連続ベスト8となっている[1]。ミス・ユニバースとなる前に影響を受けた人物として、モデル出身の女優、川原亜矢子や、英国人のスーパーモデル、ナオミ・キャンベルを挙げている[1]青森山田高校在学中の17歳の頃、青森山田高校の部活動を紹介するラジオ番組のパーソナリティを地元「エフエム青森」で 担当したことがある。

夫は俳優で声優の内田直哉

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e Misao Arauchi "Reaching for the universe" In Person 『メトロポリス』 メトロポリス株式会社、平成23年9月10日閲覧

外部リンク[編集]