赤西蠣太

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

赤西蠣太』(あかにしかきた)は、志賀直哉短編小説1917年大正6年)9月に『新小説』に発表された。初出時の題名は『赤西蠣太の恋』。伊達騒動を下敷きにしている。1936年片岡千恵蔵プロダクションにより同名で映画化された。テレビドラマ化は1958年1961年1968年1999年の4度行われている。特に1999年のドラマは、映画版の脚本を用いて市川崑が監督をつとめた。

あらすじ[編集]

昔、主人公赤西蠣太は白石の殿様(片倉景長)の命を受け、伊達兵部の悪事を暴くため屋敷に潜入していた。悪事を暴くための密書が大方完成したところで白石に帰ることになったが、怪しまれないよう暇をもらうため辞める動機をつくる必要があった。そこで共に白石の命で別の屋敷に潜入していた銀鮫鱒次郎の提案で、美しい腰元小江に艶書を送り、振られ面目がつぶれたところで暇をもらうことにした。しかし振られるどころか小江は蠣太を受け入れた。嬉しい半面困った蠣太は、しかたなく二度目に書いた手紙を拾った老女蝦夷菊に書置を書き、屋敷を後にしたのだった。伊達騒動が終わってから蠣太は本名にかえった。同じく変名していた鱒次郎は、甲斐のために殺されたらしい。蠣太と小江の恋の行方はわからずじまいである。

登場人物[編集]

  • 赤西蠣太 - 本作の主人公。白石の殿様に、伊達兵部の元に送り込まれたスパイ。
  • 銀鮫鱒次郎 - 蠣太とともに、原田甲斐の元に送り込まれたスパイ。
  • 小江 - 蠣太が艶書を渡す相手とした選ばれた、美しい腰元。
  • 蝦夷菊 - 伊達兵部の屋敷に仕える老女。蠣太に好意を持つ。
  • 安甲 - 蠣太の腹をもんだ按摩。後に鱒次郎に殺される。
  • 伊達兵部 - 蠣太が仕える屋敷にいる伊達騒動の中心人物。蠣太の調査対象。
  • 原田甲斐 - 鱒次郎が仕える屋敷にいる伊達騒動の中心人物。鱒次郎の調査対象。

主要な登場人物には海の生き物に関連した名前がつけられている。

モデル人物[編集]

『赤西蠣太』(あかにしかきた)の登場人物にはモデルにされている人物がいる。

蠣太は志賀直哉の祖父説[編集]

蠣太は志賀直哉の祖父、志賀直道がモデルとされているといわれている説。町田栄が主張している説[1]

蠣太が物語の中で自分の行った仕事のために小江や蝦夷菊を辞職に追い込んでしまうことを志賀直道の人生に重ねている。

次の部分は町田栄の引用である。

蠣太像に付加した人物は、祖父志賀直道である。この二宮尊徳の弟子、農本主義者は維新後の主家相馬氏の財政再建のため足尾銅山を興して、その鉱物流出により農民を困窮に陥れた、悲劇の人である。矛盾を余儀なく生きた祖父の精神を初めて作品化する。志賀は故直道に対して葬送、鎮魂のうたを捧げたのである。

小江は志賀家の女中説[編集]

小江は志賀直哉と婚姻破綻問題で関係のある女中がモデルとされている説。勝倉壽一が主張している説[2]

この説は町田栄の説に言及しながら小江と女中を結び付けている。

次の部分は勝倉壽一の引用である。

蠣太像の背後に祖父直道を重ねる解釈はにわかには首肯しがたい。むしろ、侍である蠣太に「尊敬」の念を持つ町家出の腰元小江が、その誠実な人柄を信じて求婚に応じたがために、蠣太の密名遂行の手段として利用されて傷つく構図は、主家の後継者である志賀に「好意」を持ち、その一方的な求婚を信じ、戸主権と自我確立をめぐる主人公父子の不和・対立に翻弄されて里に帰された田舎出の女中の運命に酷似する。

映画[編集]

赤西蠣太
あかにしかきた
監督 伊丹万作
脚本 伊丹万作
原作 志賀直哉
出演者 片岡千恵蔵
毛利峯子
原健作
上山草人
音楽 高橋半
撮影 漆山裕茂
製作会社 片岡千恵蔵プロダクション
配給 日本の旗 日活
公開 日本の旗 1936年6月18日
上映時間 85分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

『赤西蠣太』(あかにしかきた)は、志賀直哉の小説『赤西蠣太』を原作とした1936年(昭和11年)製作・公開、伊丹万作監督・脚本による日本の長篇劇映画トーキー映画である。1936年度キネマ旬報ベストテン第5位。

略歴・概要[編集]

伊丹万作が脚色し、監督した。主演の片岡千恵蔵は醜男の赤西蠣太と、美男の原田甲斐の対称的な二つの役を演じた。激しいチャンバラ劇で知られる片岡千恵蔵が主演の時代劇だが激しい立ち回りは少なく、1932年公開の『國士無双』同様、風刺的な喜劇映画となっている(立ち回りはラストの原田甲斐が伊達安芸を斬りつけるシーンのみである)。音楽では、冒頭でショパン前奏曲第6番ロ短調(通称:『雨だれ』)を流したほか、エンディングの蠣太とヒロインの小波が向かい合うシーンでワーグナーの『結婚行進曲』を流すなど、時代劇に似合わないクラシック音楽を取り入れている。演出でも歌舞伎の様式美(原田甲斐の台詞が歌舞伎調であるなど)を取り入れるなど、従来の時代劇を覆す数々の冒険が見られる。主要な登場人物が海産物や海に因んだ名前になっている(伊達騒動の関係者は別。あくまで小説もしくは映画でのオリジナルキャストに限る)。ヒロインの「小波(さざなみ)」は小説では「小江(さざえ)」となっている。また、小説で「蝦夷菊(えぞぎく)」となっている老女は映画では「沖の石(おきのいし)」に改名されている。

原作者の志賀直哉が見て絶賛したという逸話は有名である。また、尾崎一雄が子どもと一緒にこの映画を観たとき、子どもに対して〈帽子を脱がなきゃいけない〉と注意したことが、尾ひれがついて、〈尾崎は『原作 志賀直哉』というテロップが出たとき、観衆に対して大声で『脱帽』と号令をかけた〉というゴシップとなって広がった。

ランキング[編集]

  • 1936年:「キネマ旬報ベストテン」(キネ旬発表)第5位
  • 1959年:「日本映画60年を代表する最高作品ベストテン」(キネ旬発表)第19位
  • 1979年:「日本公開外国映画ベストテン(キネ旬戦後復刊800号記念)」(キネ旬発表)第17位
  • 1989年:「大アンケートによる日本映画ベスト150」(文藝春秋発表)第45位
  • 1995年:「オールタイムベストテン・日本映画編」(キネ旬発表)第31位
  • 1999年:「映画人が選ぶオールタイムベスト100・日本映画編(キネ旬創刊80周年記念)」(キネ旬発表)第82位

スタッフ[編集]

  • 監督:伊丹万作
  • 脚本:伊丹万作
  • 原作:志賀直哉
  • 音楽:高橋半
  • 撮影:漆山裕茂

キャスト[編集]

その他[編集]

テレビドラマ[編集]

1958年版[編集]

日本テレビにて、1958年1月7日から同年1月28日まで4回に渡って『山一名作劇場』で放送。初のテレビ化と共に、唯一の連続ドラマである。

スタッフ[編集]

キャスト[編集]

日本テレビ 山一名作劇場
前番組 番組名 次番組
赤西蠣太
(1958年)

1961年版[編集]

TBS系列にて、1961年4月9日に『東芝日曜劇場』の1作品として放送された。映画版のシナリオをもとに制作された。

スタッフ[編集]

キャスト[編集]

1968年版[編集]

現代演劇協会毎日放送の共同制作で、1968年4月16日の22時 - 23時に『テレビ文学館 名作に見る日本人』の1作品として、NETテレビ(現・テレビ朝日)系列にて放送された(毎日放送は当時、NET系列であった)。

スタッフ[編集]

キャスト[編集]

1999年版[編集]

テレビ東京系列にて、1999年1月2日の14時 - 15時55分(テレビ大阪のみ、同年1月9日19時 - 20時54分)に『新春時代劇特別企画 赤西蛎太 伊達騒動醜男と美女の純愛』として放送された。

伊丹万作を尊敬していた市川崑が、上記映画の脚本をそのままにテレビドラマ化した。少ない台詞、伊達兵部に異を唱える侍が始末されるシーンや秘密を知る按摩の殺害シーン、青鮫の捕縛シーンなどで、あえて対象そのものを写さない手法(悲鳴だけがする、懐紙が飛び一人だけ戻ってくる、見ている者がコメントするなどで説明される)、近景に刀を持つ青鮫を配し奥の蠣太に喋らたり、近景に小波を据え、後ろから蠣太に追いかけさせるなど、無声映画を意識した画面構成になっている。

市川が亡くなった後の2008年2月22日に、追悼記念として再放送された。その際、「玉手箱のような作品。出会わせてくださった市川崑先生に感謝している」旨の北大路による追悼メッセージが表示された。

2015年11月・12月に時代劇専門チャンネルで、日本映画専門チャンネルとの共同企画「生誕100年 市川崑劇場」の一環として、同作品が放送されている。

スタッフ[編集]

キャスト[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 町田栄 「志賀直哉『赤西蠣太』を読む」 〔群馬近代文学研究会 第六巻〕 昭和五十八(1983)年六月一日発行.
  2. ^ 勝倉壽一 「志賀直哉「赤西蠣太」論―「和解」への道―」 〔福島大学教育学部論集 第六十六号〕 平成十一(1999)年六月発行.

関連項目[編集]

  • 阿刀田高 - 舞台を古代に移し、突然出奔した恋人の行方を予言者に尋ねる美女の話を書いている。エッセイで自ら本作品の翻案と認める。