時代劇専門チャンネル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
時代劇専門チャンネル
時代劇専門チャンネルHD
刺激、感激、時代劇。
365日時代劇だけを放送する唯一のチャンネル
基本情報
運営(番組供給)事業者 日本映画放送株式会社
本社(本部) 〒107-8579
東京都港区赤坂2-17-22 赤坂ツインタワー東館12・15階
放送(配信)開始 1998年7月14日
HD放送(配信)開始 2009年10月1日
ジャンル 国内ドラマ・バラエティ・舞台
放送内容 時代劇映画・テレビ時代劇
視聴可能世帯数 7,449,014世帯(2010年5月末現在)
衛星基幹放送(東経110度CS放送)
プラットフォーム スカパー!
放送事業者 日本映画放送株式会社
チャンネル番号 Ch.292(HD)
物理チャンネル ND14
視聴料金 月額700(税別)円
放送開始 2003年11月1日
HD放送開始 2012年7月1日
スカパー!プレミアムサービス
放送事業者 株式会社スカパー・ブロードキャスティング
チャンネル番号 Ch.662(HD)
視聴料金 月額700(税別)円
放送開始 2009年10月1日
スカパー!プレミアムサービス(標準画質)
放送事業者 日本映画放送株式会社
チャンネル番号 Ch.718
視聴料金 月額700(税別)円
放送開始 1998年7月14日
放送終了 2014年5月31日
その他(再送信・配信)
ひかりTV 461(HD)
eo光テレビ 862(HD)
J:COM 502(HD)
JCN 306,359(HD)
公式サイト
特記事項:
※2002年7月1日 - 2003年10月31日まで「日本映画+時代劇チャンネル」(日本映画専門チャンネルとの混合編成)で放送。

時代劇専門チャンネル(じだいげきせんもんチャンネル)は、日本映画放送株式会社によって編成されるテレビジョン放送専門チャンネル。内容は、他メディアで放送された時代劇テレビ番組と、時代劇映画が中心である。

日本映画放送株式会社の大株主であるフジテレビ東宝の制作番組、制作映画が放送の主体であるが、NHKなど他のメディアの制作番組なども放送している。

スカパー!プレミアムサービススカパー!(東経110度CS放送)、その他のケーブルテレビひかりTVで放送している。かつてはモバキャスでも放送していた。

侍風のマスコットキャラクターは「」と名付けられ、番組開始時のアイキャッチや放送中に表示されるウォーターマーク、番組・チャンネル案内に起用される他、キャラクターグッズも販売されることがある。

現在の主なキャッチコピーは、「刺激、感激、時代劇。」(2016年7月1日現在)。それ以前は「伝えつづける。創りつづける。」を使用していた(2016年6月30日まで)。

沿革[編集]

  • 1998年(平成10年)7月 - スカイエンターテイメント(現・ジェイ・スポーツ)により、スカイパーフェクTV!(現・スカパー!プレミアムサービス)にて放送開始。
  • 2000年(平成12年)4月 - 日本映画衛星放送(現・日本映画放送)に業務を承継。
  • 2002年(平成14年)7月 - スカイパーフェクTV!2(現・スカパー!)にて「日本映画+時代劇チャンネル」放送開始(日本映画専門チャンネルとの混合編成)。委託放送事業者シーエス映画放送
  • 2003年(平成15年)10月 - スカイパーフェクTV!2で時代劇専門チャンネルを放送開始。委託放送事業者はフジテレビ系のサテライト・サービス。なお「日本映画+時代劇チャンネル」は「日本映画専門チャンネル」にチャンネル名変更(のち2007年9月に「日本映画専門チャンネルHD[1]としてハイビジョン化、委託放送事業者もシーエス映画放送からマルチチャンネルエンターテイメント(現・スカパー・エンターテイメント)へ移行)
  • 2007年(平成19年)10月 - e2 by スカパー!(現・スカパー!)における委託放送事業者をサテライト・サービスからシーエス映画放送へ変更。
  • 2009年(平成21年)10月 - スカパー!HDでハイビジョン放送(チャンネル名は「時代劇専門チャンネルHD」)開始(衛星役務利用放送事業者はスカパー・ブロードキャスティング)。
  • 2012年(平成24年)7月 - スカパー!e2にてハイビジョン放送開始。日本映画衛星放送の直営放送となる。
  • 2015年(平成27年)4月1日 - モバキャスでの放送を開始(サービス放送は同年3月18日から)。
  • 2016年(平成28年)6月30日 - モバキャス(NOTTV)での放送を終了。

放送時間[編集]

  • 原則午前5時基点の24時間放送。ただし、午前3-4時台スタートの作品の終了後、5時基点までの間はフィラーとして番組ガイドなどを放送する場合がある。日によっては3時台の放送作品終了後1時間のフィラーとなるケースもある

チャンネルの特徴[編集]

  • 暴れん坊将軍』・『銭形平次』・『鬼平犯科帳』などの人気時代劇や『大河ドラマ』から、隠れた名作まで放送する。
  • 歴史上の出来事に焦点を当て、その出来事に関連した作品(その時歴史が動いたなどのドキュメンタリー番組も含む)を特集放送することもある。
  • 松平健栗塚旭加藤剛などの俳優の主演時代劇を特集し、時代劇俳優のインタビュー番組と合わせて放送される。インタビュアーは、フジテレビの時代劇担当プロデューサーだった能村庸一が担当している。本人が司会の番組もある。
  • 作品のオリジナリティーを重視し、「めくら」・「乞食」などの差別用語の修正を一切行わない。放送作品の最後には、「作品の時代背景や、原作者・制作者の意図を尊重しオリジナルのまま放送させて頂きました。」のテロップが挿入される[2]。これは放送禁止用語を厳しくカットするファミリー劇場アニマックスとは対照的である。ただし放送用のマスターテープが地上波の再放送用テープを使用している場合は一部に音消しの処理が行われていることがある。また放送作品のサブタイトルに差別用語が使われている場合や、話の内容が今日では不適切な場合は、放送作品の冒頭と最後に「これからご覧頂きます(ご覧頂きました)作品には、現代においては不適切と思われる表現がありますが、製作当時の時代背景や、原作者、製作者の意図を勘案し、オリジナルのまま放送させて頂きます(頂きました)。」と、前述とは異なるテロップが挿入される。
  • また、落語を取り上げた番組も随時放送されている。
  • 殆どの時代劇は正味50分間程度の放送時間であるため、殆どの場合、毎時50分以降の10分間は後述するオリジナルのミニ番組や、10分間のテレビショッピングで穴埋めされる(地上波や他のチャンネル同様、健康食品サプリメントなどのショッピングを普通に放送する)。
  • 2009年10月4日からCS放送のチャンネルとして初のクローズドキャプション方式による字幕放送を一部の作品において行っている[3](当面は、スカパー!HDとスカパー!e2のみで実施)。2012年7月1日よりe2でのハイビジョン化を期にほぼ全作品で字幕放送を実施している。なお、番組表は産経新聞等に掲載されている。
  • 2011年から新作オリジナル時代劇を制作・放映している。2016年12月現在で制作・放映された12本のうち7本は、何れも池波正太郎原作によるものであり、そのうち5本が「鬼平外伝」シリーズである。
  • 姉妹チャンネルの日本映画専門チャンネルとの共同企画を打つ事がある。特に2015年1月からは『戦後70年共同企画』と銘打ち、戦後の映画史にその名を残した映画監督や俳優たちにスポットを当て、関連作品やオリジナル番組を放送している(詳細は後述)。
  • 2016年7月1日よりスタートした『朝だよ!暴れん坊将軍』『朝だよ!遠山の金さん』(詳細は後述)より、チャンネルのタイトル映像(10秒)の後に番宣CM(基本的に1分間。60秒×1の場合もあれば、30秒×2の場合もあり)とチャンネルの5秒CMを放送してから、本編に入る趣向を取った。この時は2番組限定で実施されていたが、同年11月7日以降はほぼ全ての番組で適用される事となった。但し、解説放送が行われる場合には、この措置は適用されない(詳細は後述)。
  • 一部の放送作品(特に『日替り長編アワー』で放送される長編作品)に於いて、女性アナウンサーによる解説放送を実施する場合がある。この場合、チャンネルのタイトル映像を10秒程流し、解説放送が行われる旨の説明を20秒間放送した後、本編が流れると言う趣向になっている(但しこの場合、前述の番宣CMやチャンネルの5秒CMは放送されない)。また本編終了後、前述の放送内容に関するテロップの後に、清らかな水の流れる川の映像と共に「引き続き、時代劇専門チャンネルをお楽しみ下さい」のテロップが表示される。但し、解説放送はスカパー!全サービスを始めとする一部の放送キャリアに限定したものであり、それ以外の放送キャリアに於いては、時専からのお知らせ(特に前述のクローズドキャプション方式による字幕放送に関する告知)を20秒程、チャンネルのタイトル映像10秒程流した後、本編を放送、終了後は前述の環境映像を数秒流した後、次に放送される番組の告知CMを放送する仕組みである。

評価[編集]

2008年の調査では、CSでトップの接触率(視聴率占有率)を記録している。

地上波での時代劇放送が削減されているため、加入者数は増加を続けており、2010年から2011年にかけての増加率は20%、100万世帯以上で2011年9月時点での視聴世帯数は816.1万世帯を記録し、最も人気のある有料放送となっている。視聴者層は中高年が中心で、購買力があるためにCM販売も好調である[4]

また、前述のように地上波での時代劇放送が激減していることを受けて、2011年の『鬼平外伝 夜兎の角右衛門』を筆頭とする新作オリジナル時代劇を制作・放映しており、こちらも高い評価を受けている。

主な番組[編集]

午後の連続アワー[編集]

放送時間 月曜-金曜 12時-13時、15時-24時

但し、12時台は後述の『藤沢周平劇場』のリピート放送となっている。

朝・深夜の連続アワー[編集]

放送時間 月曜-金曜 7時-12時、24時-27時(午後の連続アワーで放送した作品は翌月の朝か深夜のどちらの時間帯で再放送される)

朝だよ!暴れん坊将軍 朝だよ!遠山の金さん[編集]

放送時間 月曜-金曜 5時-7時

なお、テレビスペシャル版の放送や特別編成で放送が休止されることがある。また、深夜から早朝に掛けて放送される番組に関しては、チャンネル全体もしくは放送キャリア毎に実施される放送機器のメンテナンスにより放送休止となる場合があるため、メンテナンスを実施しない放送キャリアでは通常の番組を休止し、長編作品を何本か放送する措置を取る(放送休止となる番組に関しては、チャンネルのホームページか電子番組表(EPG)を参照との事)。

主な作品
放送作品は多数なので、代表的な番組のみ記す。公式サイトも参照。
まんが日本昔ばなし(15分版)
平日14:45-15:00。本チャンネルでの放送を前提として厳選された240本を、月曜日から金曜日までの5曜日に1本ずつ放送。なお、『日替り長編アワー』で放送される作品の放送時間が105分を超える場合は若干時間をずらして放送するが、135分を超える場合は本来15時台に放送される番組を休止した上、繋ぎ番組を放送した上で15:45-16:00に放送される場合がある(但し2016年7月以降は、前番組が100分を超える場合は自動的に休止となり、翌日以降に次回放送分を放送)。
必殺アワー
平日17:00-17:50。2010年4月5日より開始。必殺シリーズの作品を放送するほか、不定期で関係者へのインタビュー番組『必殺を斬る』も放送される。なお、番宣CMでは、映画『必殺!5 黄金の血』のために再録音された「必殺!」が、作品いかんに関わらずBGMとして使用されている(作品によっては例外もあり)。
池波正太郎劇場
平日21:00-21:50。2014年4月より放送開始。これまでに『鬼平犯科帳'69&'718代目松本幸四郎主演版)』や、『剣客商売加藤剛主演版)』、『雲霧仁左衛門天知茂及び山崎努主演版)』『鬼平犯科帳'75丹波哲郎主演版)』『真田太平記』『鬼平犯科帳'80&'81&'82萬屋錦之介主演版)』等が放送された。番組編成等の関係上、2015年8月4日(リピート放送は同年9月10日)の放送を以て、平日枠の放送は終了した。また、後述の通り、これとは別に土曜日や日曜日の放送もある。
藤沢周平劇場
平日21:00-21:50。2015年9月23日より開始。『藤沢周平 新ドラマシリーズ』の放送と連動する形で、過去に制作・放送された藤沢周平原作の時代劇作品を放送局・放送年代を問わずに放送する企画。2016年3月時点で『秘太刀 馬の骨』『風の果て』『神谷玄次郎捕物控』『清左衛門残日録』『藤沢周平の人情しぐれ町』『蝉しぐれ』『よろずや平四郎活人剣』『藤沢周平の用心棒日月抄』『悪党狩り』『腕におぼえありシリーズ』『立花登 青春手控え』『江戸の用心棒』が放送されている。。なお、これに先駆ける形で同年9月21日に『秘太刀 馬の骨』『風の果て』の全話一挙放送がされた他、同年11月・12月には『日替り長編アワー』枠にて藤沢周平原作の長編作品6編が放送された。

日替り長編アワー[編集]

毎週月曜-金曜 13時台-14時台は長編枠が設けられ、いわゆる過去のスペシャルドラマなどの長編時代劇が放映される。但し、10大TVシリーズで放映されている番組のシリーズ途中に出てくるスペシャル作品は、10大TVシリーズ枠でそのまま放映される。この場合、放映時間によってレギュラー放送の放送時間を変更したり、次番組の放映を翌日に回すなどの措置を講じる。年末年始等の特別編成が実施される日は、この枠が無くなることもある。また、原則木曜日[5]のみ後述の『池波正太郎劇場』の土曜日放送分の再放送となり、放送する作品によっては2時間で60分もの2話分を放送する事になるため、場合によっては『日替り長編アワー』の番組タイトルを外して放送する事がある[6]。また、2016年3月18日以降の毎週金曜日は、やはり後述の『大河ドラマ「総集編」劇場』枠で放送された作品の再放送に充てられる。なお金曜日(2015年10月17日まで)は、2014年11月よりNHK大河ドラマ天地人』『龍馬伝』の再放送に充てられるため、『日替り長編アワー』の番組タイトルを外している。

オリジナル時代劇[編集]

藤沢周平 新ドラマシリーズ
  • 果し合い』 - BSスカパー!にて2015年10月31日に先行放送の後、東京・東銀座の映画館「東劇」での1週間限定公開を経て、2016年2月7日に本チャンネルにて放送。
  • 遅いしあわせ』 - 2015年11月23日に本チャンネルにて放送。2016年2月6日にはBSスカパー!でも放送。
  • 冬の日』 - 2015年12月6日に本チャンネルにて放送。2016年2月6日にはBSスカパー!でも放送。
  • 三屋清左衛門残日録』 - 2016年2月6日に、BSフジ開局15周年記念番組として同局で放送(HD版)。同月にはスカパー! 4K総合(4K版)にて放送。
「鬼平外伝」シリーズ
その他

アニメ[編集]

  • まんが日本昔ばなし
    平日(祝日を含む)5曜日に1話ずつ放送される15分版と、本作放送当時の土曜日19時台(リピート放送は日曜日16時台、但し2016年6月迄は日曜日8時台)に4本ずつ放送される60分版の2つのレギュラー放送がある。また、初回放送分(2015年7月-2016年6月)に限り厳選された240話を60話ずつ国民の祝日および正月3ヶ日に一挙放送すると言う企画も行われていた。
  • 鬼平 ONIHEI
    当チャンネルが初めて制作参加するアニメ作品。2017年1月15日より放送開始予定[7]

オリジナル番組[編集]

以下の番組は主に毎時50分ごろ(長編アワーの時間帯は一部休止となる時間帯がある)から次の作品が始まる正時まで放送されているミニ番組が主である。但し、横浜にぎわい座の番組と『龍ちゃん・松ちゃんぶらり探訪東海道』、『時代劇法廷』は通常の時代劇を放送する時間帯の定時の番組扱いとして放送されている。過去の番組は終了した企画を参照。

その他[編集]

チャンネル開局以来初の音楽番組『時代劇(ちょんまげ)うた祭り ザ★ゴールド』や、実際に存在した脚本家チーム「梶原金八」と、彼らを取り巻く人たちを描いたオリジナルドラマ『天才脚本家 梶原金八』(出演:ヨーロッパ企画ほか)、時代劇をテーマにしたチャンネル初のクイズ番組『時代劇クイズ 一答両断!』が製作・放送されている。

土曜の編成[編集]

絶景百名山
05:00-06:00。日曜日放送分のリピート放送。
過去の放送作品の一挙放送
08:00-11:00、13:00-18:00。『遠山の金さん捕物帳』、『暴れん坊将軍』、『鬼平犯科帳』などの人気テレビシリーズが一挙放送される。
まんが日本昔ばなし(60分版)
18:00-19:00。
池波正太郎劇場(長編)
21:00-23:00。主に池波正太郎原作の長編作品を放送。翌月の11:00-13:00にリピート放送がある。また、平日の『日替り長編アワー』枠でも遅れて放送されている。
西遊記(堺正章主演版)
25:00-26:00(2016年7月から8月に掛けて『時専25時』枠で放送されていた分のリピート放送)。
特別長編枠
06:00-08:00、19:00-21:00、23:00-25:00、26:00-29:00。

日曜の編成[編集]

池波正太郎劇場
まんが日本昔ばなし(60分版)
16:00-17:00(前週放送分のリピート放送)。
過去の放送作品の一挙放送
11:00-14:00(『長七郎天下ご免!』。但し、直後に放送される長編作品によっては短縮の場合あり)。
大河ドラマ「総集編」劇場
21:00-23:00(5:00-7:00に遅れリピート放送あり。但し『日替り長編アワー』の金曜日や、日曜日26:00-28:00にも放送あり)。
長編作品枠(作品によって時間帯が変動される場合あり)
14:00-16:00、19:00-21:00。
絶景百名山
08:00-09:00、28:00-28:57(日曜日早朝放送分のリピート放送)。

現在放送中、もしくは放送予定の企画[編集]

池波正太郎らと並ぶ時代劇小説の大家・藤沢周平の作品の中から選りすぐりの4作品を選び、豪華名優陣によって映像化されたドラマを放送するオリジナル時代劇シリーズ。本チャンネルでの放送が主体だが、一部の作品についてはBSスカパー!にて先行放送される他、BSフジやスカパー! 4K総合でも放送される場合がある。
  • 銀幕の時代劇スター列伝
戦前から戦後に掛けて、主に時代劇を中心に活躍した映画俳優を毎月1人ずつ取り上げる特集企画。2016年4月開始。これまでに中村錦之助(『瞼の母』)・片岡千恵蔵(『江戸っ子判官と振袖小僧』『御存じいれずみ判官』)・大川橋蔵(『月形半平太』)・東千代之介(『ふたり若獅子』)・月形龍之介(『水戸黄門シリーズ』)・市川右太衛門(『旗本退屈男』)・阪東妻三郎(『天狗の安』)・大河内傳次郎・(『上州鴉』)が放送されている(今後については、嵐寛寿郎長谷川一夫近衛十四郎他を予定)。
  • 時代劇専門チャンネル THE 深夜
主に昭和生まれの男性に向けて作られた実験的企画。2015年2月14日開始。「劇画のカリスマ」と言われた伝説の漫画家・白土三平原作のアニメ『サスケ』『忍風カムイ外伝』の2作品を、毎週土曜日24:00-27:00の時間帯で3話ずつ放送していた(但し初週は関連番組『拝啓 白土三平様~劇画のカリスマに捧げる僕らの愛~』放送の関係で、2話ずつ放送)。長きに渡り放送が中断していたが、2016年3月5日の『仮面の忍者 赤影』一挙放送開始を機に放送を再開。『仮面の忍者 赤影』4話ずつの他、『サスケ』『忍風カムイ外伝』を2話ずつ放送。ちなみに現在は休止中。
1963年から約53年間、ほぼ半世紀あまりに渡って放送されたNHK大河ドラマ全54作品[9]のうち、30作・延べ108回を2年間に渡り放送するチャンネル始まって以来の大型企画。また、この番組の放送に併せ、『独眼竜政宗』『八代将軍吉宗』『葵 徳川三代』の脚本を手掛けたジェームス三木をナビゲーターに起用した特別番組『大河ドラマとその時代~日本を映し出した半世紀~』も放送。

終了した企画[編集]

オリジナル企画
オリジナル番組
アニメ
特撮・人形劇

落語[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 現在は、BS日本映画専門チャンネルとして放送中。
  2. ^ 2016年11月7日以降は、表示されるテロップの内容の一部と表示フォントが太字から細字に変更された。現在の表示内容は、「作品の時代設定や原作者・制作者の意図を尊重しオリジナルのまま放送させて頂きました。」である。
  3. ^ 時代劇専門チャンネル 「字幕放送」をはじめました!”. 日本映画衛星放送. 2011年12月10日閲覧。
  4. ^ 「鬼平」「暴れん坊」「必殺」「NHK大河」… 時代劇「専門チャンネル」が大人気”. J-CASTニュース (2011年12月10日). 2011年12月10日閲覧。
  5. ^ 作品によっては木曜日・金曜日以外の平日に放送される場合もあり。
  6. ^ 主な例としては、『仕掛人・藤枝梅安渡辺謙主演版)』や『編笠十兵衛村上弘明主演版)』がある。
  7. ^ 【速報】時代劇専門チャンネル初のアニメ制作プロジェクト始動!アニメ「鬼平 ONIHEI」チャンネルにて1月放送スタート!,時代劇専門チャンネル,2016年11月16日
  8. ^ 「瓦版」に内包されていたが、2012年11月以降、独立した番組として放送される。
  9. ^ 花の生涯』から『天と地と』、『春の坂道』は、現時点でマスターテープそのものが存在しないため、放送不可能。『新・平家物語』は諸般の事情により、現時点での放送は未定。
  10. ^ ホラ吹き太閤記』『花のお江戸の無責任』『無責任清水港』『クレージーの殴り込み清水港
  11. ^ 霧笛』『白夫人の妖恋
  12. ^ お夏清十郎』『素浪人罷り通る』『黒馬の團七』。なお、日本映画専門チャンネルでは、片岡千恵蔵主演の『七つの顔』を放送。
  13. ^ 但し、『新・木枯し紋次郎』の様に市川監督が一切関与していない作品もあり。
  14. ^ 八州犯科帳』、『笹沢左保「峠」シリーズ』、映画版『木枯し紋次郎』2作品(菅原文太主演版)、『裏切りの報酬』、『姫四郎流れ旅』、『音なし源 さの字殺し』。

外部リンク[編集]