北村和夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
きたむら かずお
北村 和夫
生年月日 (1927-03-11) 1927年3月11日
没年月日 (2007-05-06) 2007年5月6日(80歳没)
出生地 日本の旗 日本東京府
死没地 日本の旗 日本東京都新宿区
職業 俳優声優
ジャンル 舞台テレビドラマ映画アフレコ
活動期間 1953年 - 2007年
著名な家族 北村有起哉(息子)
北村由里(娘)
主な作品
テレビドラマ
源義経
天と地と
俺たちの旅
おしん
ちゅらさん

映画
にっぽん昆虫記
神々の深き欲望
黒い雨 (映画)

北村 和夫(きたむら かずお、1927年3月11日[1] - 2007年5月6日)は、日本俳優声優東京都出身。息子は俳優北村有起哉、娘は女優北村由里紫綬褒章1989年)、勲四等旭日小綬章1997年)受章。

来歴・人物[編集]

出生地は、東京市(東京都)小石川区竹早町(文京区) 、出身地は静岡県[2][信頼性要検証]

医師の二男として生まれる[2]。東京都立第十一中学(現在の東京都立江北高等学校)卒業。研数専門学校、東京工業専門学校に進み、終戦を迎える[2]。日本大学三島校舎理工学部予科卒業[2]早稲田大学第二文学部芸術科(現・演劇科)卒業[2]。早稲田大で小沢昭一加藤武今村昌平らとグループを結成して演劇活動に熱中した。

大学在学中の1950年文学座の研究生となり、大学卒業と同時に文学座準座員となる。研究所同期には本山可久子仲谷昇小池朝雄がいた[2]。1951年、文学座附属演劇研究所修了[2]

1951年に『崑崙山の人々』で初舞台を踏む。1955年に座員に昇格。以降、『女の一生』や『華岡青洲の妻』などで杉村春子の相手役を務め、文学座の看板俳優となる。『欲望という名の電車』、『阿Q外伝』など文学座一筋で舞台に出演し、杉村亡き後も文学座を支えた。1965年に初演した『花咲くチェリー』のチェリー役は当たり役で、上演回数は400回に達する。

映画では大学時代からの友人である今村昌平作品の常連として活躍。

テレビドラマでも数多くの作品のレギュラー・セミレギュラーとして出演。

人形劇『ひょっこりひょうたん島』では声優も担当した。

エピソードも多く、アーサー・ミラーの『セールスマンの死』を「セールスマンの詩」と勘違いしたり、三島由紀夫の戯曲『鹿鳴館』を「かめいかん」と読み間違えたり、などその手の失敗談には事欠かない。

1997年より日本新劇俳優協会会長[2]

2007年5月6日肺炎による呼吸不全のため東京都新宿区の病院で死去。80歳没。

小沢昭一とも大学時代の友人であり、加藤武とも親友であった。

受賞[編集]

出演[編集]

映画[編集]

太字の題名キネマ旬報ベストテンにランクインした作品

テレビドラマ[編集]

舞台[編集]

  • 花咲くチェリー(1955年、紀伊国屋演劇賞受賞)
  • オセロー(1983年、文化庁芸術祭賞優秀賞受賞)
  • 欲望という名の電車(1988年、毎日芸術賞受賞)
  • 女人渇仰(2002年)
  • 龍の伝説(2003年)
  • 風の中の蝶たち(2004年)
  • 東京夢幻図絵
  • 女の一生
  • 怪談 牡丹燈籠(1986年)
  • 沢氏の二人娘
  • おりき

吹き替え[編集]

俳優[編集]

洋画・海外ドラマ[編集]

劇場アニメ[編集]

人形劇[編集]

CM[編集]

  • 光陽商事(中古カメラ・時計買取) - 没後、イメージキャラクターを息子・北村有起哉が継いだ。
  • シュガーカット(堀内伊太郎商店〈現・浅田飴〉、1976年)

ラジオドラマ[編集]

CD[編集]

  • 「平和のとりでを築く」(光村書院) ※朗読
  • 「シリーズ心の本棚 心にひびく大切な人生の言葉」(キングレコード) 朗読CD

著書[編集]

  • 『役者人生 本日も波瀾万丈』 近代文芸社、1997年7月

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『声優名鑑』 成美堂出版1999年、427頁。ISBN 4-415-00878-X
  2. ^ a b c d e f g h 日外アソシエーツ現代人物情報

外部リンク[編集]