未来惑星ザルドス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
未来惑星ザルドス
Zardoz
監督 ジョン・ブアマン
脚本 ジョン・ブアマン
原作 ジョン・ブアマン
製作 ジョン・ブアマン
出演者 ショーン・コネリー
音楽 デイヴィッド・マンロウ
撮影 ジェフリー・アンスワース
編集 ジョン・メリット
配給 20世紀フォックス
公開 日本の旗 1974年8月10日
上映時間 105分
製作国 イギリスの旗 イギリス
言語 英語
製作費 100万ドル
テンプレートを表示

未来惑星ザルドス』(みらいわくせいざるどす、Zardoz)はジョン・ブアマン監督、ショーン・コネリー主演の1974年に製作されたイギリスの映画である。100万ドルというわずかな予算で製作された。ブアマン自身による小説版も存在する(『未来惑星ザルドス』、筒井正明訳、立風書房、1974年)。

あらすじ[編集]

2293年の未来、人類は不老不死の「エターナル(Eternals)」と死のある「獣人(Brutals)」に分かれていた。エターナルはボルテックスという土地に住み、獣人は荒廃した土地でエターナルのために食料を生産していた。二つの世界はザルドスという名の、人の頭部を模した空飛ぶ石像のみが往来し、ザルドスは穀物を受け取る代わりに獣人の中から選んだエクスターミネーターという殺し屋集団に武器を渡していた。エクスターミネーターのゼッドはザルドスを操るエターナルのアーサー・フレインを殺してザルドスに乗り込みボルテックスへ旅立つ。

ボルテックスに着いたゼッドはコンスエラメイという二人のエターナルに出会い、エターナル達と暮らし始める。

ゼッドは『オズの魔法使い』(The Wonderful Wizard of Oz)という古い本を見つけ、「Zardoz」の語源を知る。また獣人は生きることに退屈したアーサー・フレインによって、エターナルに「死」を復活させるために創造されたことが明らかになる。

やがてエターナルの安逸だが不毛な暮らしに耐えられなくなったゼッドは、仲間のエクスターミネーターたちを呼びこむ。ゼッドとエクスターミネーターたちはボルテックスを地獄絵図に変えるが、エターナルたちはむしろそれを喜んで受け入れて滅びていく。そしてゼッドはザルドスの中でコンスエラと所帯を持ち、子供を産み、育て老い死んでいく。

スタッフ[編集]

キャスト[編集]

※括弧内は日本語吹き替え

外部リンク[編集]