あげまん (映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
あげまん
Tales of a Golden Geisha
監督 伊丹十三
脚本 伊丹十三
製作 玉置泰
製作総指揮 細越省吾
出演者 宮本信子
津川雅彦
大滝秀治
音楽 本多俊之
撮影 山崎善弘
編集 鈴木晄
配給 東宝
公開 日本の旗 1990年6月2日
上映時間 118分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
配給収入 10億円[1]
テンプレートを表示

あげまん』は、1990年に公開された日本映画。伊丹プロダクション制作、東宝配給。監督脚本は『マルサの女』『マルサの女2』で大ヒットを記録した伊丹十三で、主演は宮本信子

愛した男になぜかツキをもたらす芸者上がりの「あげまん」・ナヨコ(宮本)と、彼女に翻弄される男たちの姿を描く。この映画により、「あげまん」は当時の流行語になった。宮本信子の小唄の師匠の話を伊丹十三が聞き映画化、飯島早苗脚本、井上思の演出で舞台化もされた[2]

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

  • 製作 -玉置泰
  • 監督・脚本 -伊丹十三
  • 撮影 - 山崎善弘
  • 編集 - 鈴木晄
  • 音楽 - 本多俊之
  • 美術 - 中村州志

ロケーション[編集]

  • 物語中盤に登場するお座敷は、取り壊されてビルになる前の赤坂の料亭たん熊が使用された。また政界の大物である大倉善武の屋敷は、護国寺の月光殿(重要文化財)が使われた。ほかに日枝神社 (千代田区)境内、ホテル虎ノ門パストラル、飯田橋エドモントホテル、原宿パレフランセ、綱町三井倶楽部(映子の家)、森稲荷神社 (東京都中央区佃)、渋谷EX、日比谷東宝本社屋上などが使われた[3]

脚注[編集]

  1. ^ 1990年配給収入10億円以上番組 - 日本映画製作者連盟
  2. ^ 2018年5月1日中日劇場(中日新聞文化芸能局)発行「中日劇場全記録」
  3. ^ 『 [あげまん] 可愛い女の演出術(メイキング) 』 (1990)

外部リンク[編集]