のど自慢 (映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
のど自慢
監督 井筒和幸
脚本 安倍照男
井筒和幸
出演者 室井滋
大友康平
尾藤イサオ
音楽 藤野浩一
撮影 浜田毅
編集 冨田功
製作会社 シネカノン
東宝
日活
ポニーキャニオン
配給 東宝
シネカノン
公開 日本の旗1999年1月15日
上映時間 112分
配給収入 2.5億円[1]
次作 ビッグ・ショー! ハワイに唄えば(1999年)
テンプレートを表示

のど自慢』(のどじまん)は、1999年日本映画東宝系で1999年1月15日に公開された。人気テレビ番組「NHKのど自慢」に出場しようと奮闘する様々な人たちの姿を、笑いと涙で綴ったハートウォーミング・コメディ[2]

音楽喜劇「のど自慢」〜上を向いて歩こう〜』(おんがくきげき のどじまん うえをむいてあるこう)と題して2017年に舞台化された。

あらすじ[編集]

スタッフ[編集]

キャスト[編集]

興行[編集]

幅広い年齢層が楽しめる内容に仕上がったと前評判が高く、1998年春に各映画会社による興行権争いがあり[3]、『虹をつかむ男 南国奮斗篇』の不振に悩み、制作本数を大幅に減らし、外部提携の積極作を打ち出した松竹が熱心にラブコールを送ったが、結局東宝に取られた[3]

舞台版[編集]

音楽喜劇「のど自慢」〜上を向いて歩こう〜』の題で2017年6月29日 - 8月18日にかけて東京国際フォーラム ホールC他で公演。

キャスト(舞台)[編集]

スタッフ(舞台)[編集]

  • 原作:映画「のど自慢」
  • 監修・演出:井筒和幸
  • 脚本・演出:モトイキ シゲキ
  • 美術:齋藤浩樹
  • 照明:柏倉淳一
  • 音楽:鎌田雅人
  • 衣裳デザイン:北迫秀明
  • 振付:藤林美沙
  • ヘアメイク:中原雅子
  • 歌唱指導:今井マサキ
  • 音響:戸田雄樹
  • 演出助手:大木玉樹
  • 舞台監督:平山正仁
  • 宣伝写真:加藤 孝
  • 宣伝美術:市川きよあき
  • 制作:井口 淳、小久保貴子、吉本麻子、秋元紗矢佳
  • プロデューサー:元生茂樹、山浦哲也、黒永郁美
  • 制作協力:オレガ
  • 企画・製作:音楽喜劇「のど自慢」実行委員会(エイベックス・エンタテインメント、アイエス、プロデュースNOTE、サンライズプロモーション東京)

主な挿入歌[編集]

公演日程[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 「1999年日本映画配給収入」『キネマ旬報2000年平成12年)2月下旬号、キネマ旬報社、2000年、 154頁。
  2. ^ 映画「のど自慢」 - 映画.com
  3. ^ a b 遠藤繁 (1998年6月2日). “迷走松竹(下) 外部制作路線に転換―『ジブリ』獲得、復活のカギ。”. 日本経済新聞 (日本経済新聞社): p. 3 

外部リンク[編集]