鎌田雅人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
鎌田 雅人
出生 1971年2月7日(44歳)
出身地 日本の旗 日本茨城県勝田市
学歴 東京コンセルヴァトアール尚美作曲科卒業
ジャンル J-POP
職業 作曲家
キーボーディスト
レーベル 逗子録音所
事務所

キューブ(1997-2005)
プラナ(2006-2009)

逗子録音所
公式サイト 鎌田雅人 オフィシャルサイト (日本語)

鎌田 雅人(かまた まさと、1971年2月7日 - )は、日本作曲家編曲家キーボーディスト音楽プロデューサーラジオパーソナリティー。逗子録音所主宰。茨城県ひたちなか市出身。


来歴[編集]

  • 1991年、専門学校東京コンセルヴァトアール尚美音楽研究コースに進学。再び、塩川眞市に師事。在学中、日本国民音楽振興財団「笹川賞」(吹奏楽曲)など、作曲賞を数々受賞する。首席卒業。学生バンド「王朝ラバスタ」に参加(キーボード)。
  • 1993年、専門学校東京コンセルヴァトアール尚美ディプロマコースに進学。現代音楽を学ぶ。作曲法を、西村朗松平頼暁に師事。在学中、映像音楽、劇伴、オーケストラアレンジや吹奏楽曲の委嘱作品を書く仕事をする。ディプロマコース中退。
  • 1995年、ジャニーズのバックバンドオーディションに合格し、赤坂晃のツアーキーボードを担当。ソニーミュージックSD制作部において、デビュー前の新人アーティストのデモレコーディングのサウンドプロデューサーとして、ライブサポートメンバーとしての仕事を始める。water結成。近藤真彦のツアーキーボードを担当。
  • 1997年、株式会社キューブとマージメント契約。
  • 1998年、江沼学、宮永治郎吉田太郎らと、ロックバンドwaterのキーボーディストとして東芝EMIからメジャーデビューする。鳴かず飛ばずであった。(2001年解散、2006年再結成)
  • 2000年hitomiに提供した「LOVE 2000」が大ヒット。人気作曲家の仲間入りを果たす。大ファンだった、元プリンセスプリンセス奥居香との仕事を開始。
  • FU JI KOのキーボーディストとしても活躍した。メンバーは、元CASCADETAMAMIZU、元JUDY AND MARY恩田快人などがいる。和服姿で激しく立弾きするキャラクターであった。(2007年解散)
  • 2006年から、日本テレビ系「歌スタ!!」に「ウタイビトハンター」として出演。番組内で発掘した、中学教諭、能塚勝裕さんと、主婦、寅谷利恵子さんをチョイモテデュエットとして、SMEレコーズから「艶男艶女のLOVEバラード」、主婦初田悦子さんを、SMEレコーズから「きみのママより」で、メジャーデビューさせた。
  • 2012年9月20日、茨城県茨城放送が主催する「先輩からのメッセージ」の一環として、母校である茨城県立水戸桜ノ牧高等学校で、講演をした。

人物・エピソード[編集]

  • キーボード以外にも、弦楽器類を演奏するマルチ・プレーヤーである。
  • シタールを買うためにインド放浪し、特訓の末、多数のレコーディングにも参加。
  • 日本テレビ系「歌スタ!!」の「ウタイビトハンター」としての最終プレゼンの戦績は、2勝4敗。
  • 趣味は登山
  • 特技はルービックキューブ
  • 愛猫家。
  • ペンネームとして「月夜野さゆり」がある。

作品[編集]

ソロアルバム[編集]

  • 「宇宙船の中のミュージックショー」(2001年)

サウンドプロデュース・編曲[編集]

作品提供[編集]

CM音楽[編集]

舞台音楽[編集]

  • 劇団ダンダンブエノ 瓶出し公演「持ち上げる人」(脚本:林邦應&ダンダンブエノ、演出:林邦應・近藤芳正、新宿シアタートップス、2001年1月24日~31日)
  • 碧川るり子シャンソンミュージカル「イカロスの翼」(脚本:碧川るり子、演出:松本美彦、草月ホール、2003年7月)
  • 碧川るり子シャンソンミュージカル「オリンピア」(脚本:碧川るり子、演出:松本美彦、草月ホール、2004年7月)
  • 碧川るり子シャンソンミュージカル「ラ・メール(原作/小中陽太郎「ラメール母」)」(脚本:碧川るり子、演出:松本美彦、草月ホール、2005年7月)
  • 碧川るり子シャンソンミュージカル「エリザベート・21世紀への手紙」(脚本:碧川るり子、演出:松本美彦、草月ホール、2006年7月)
  • 研修医魂(けんだま)」(脚本・演出:岡本貴也、ル・テアトル銀座、2007年1月16~21日)
  • 碧川るり子シャンソンミュージカル「プレヴェールにささぐ」(脚本:碧川るり子、演出:松本美彦、草月ホール、2007年7月)
  • 「アダルトな女たち」(ワハハ本舗 セクシー寄席)(赤坂レッドシアター、2007年8月1日~5日)
  • スイッチを押すとき」2007年10月公演 新国立劇場小劇場(新国立劇場 小劇場、2007年10月24日~11月4日)
  • ロストデイズ」(脚本:米山和仁・千葉美鈴、演出:毛利亘宏、赤坂レッドシアター、2008年5月9日~25日)
  • 碧川るり子シャンソンミュージカル「上海夜想曲」(脚本:碧川るり子、演出:松本美彦、草月ホール、2008年7月4日)
  • 「台風14号 もんしろ」(脚本・演出:岡本貴也、東京芸術劇場小ホール1、2008年7月18日~27日、心斎橋そごう劇場、2008年7月31日~8月3日)
  • 江頭美智留劇団 旗揚げ公演 クロックガールズ「結婚の条件」(脚本・演出:江頭美智留、スペース107、2008年9月3日~8日)
  • 「スーザンを探して」(脚本・演出:G2、2009年1月6日〜2009年3月5日、シアタークリエ)
  • 碧川るり子シャンソンミュージカル「不思議なシャンソンの国の彼女」(脚本:碧川るり子、演出:松本美彦、草月ホール、2009年7月3日)
  • 碧川るり子シャンソンミュージカル「イーハトーヴ2010」(脚本:碧川るり子、演出:松本美彦、草月ホール、2010年7月2日)
  • セカンド・シティ(原宿クロコダイル、2014年6月16日、6月18日、6月23日、6月30日)
  • 碧川るり子シャンソンミュージカル「太陽のレシピ」(脚本:碧川るり子、演出:松本美彦、草月ホール、2014年7月4日)
  • セカンド・シティPalazzo Ducale Azabu、2014年12月1日〜12月14日)

映画音楽[編集]

  • 『DAZE』(浅井健監督、1995年)
  • 『セルロイド・プラネット』(近藤勇一監督、1998年)
  • 『さゞなみ』(長尾直樹監督、2002年)
  • 『寄り添う二人』主演・根本正勝、やまだまいこ (原田光規監督、2008年)
  • 『ストロボ』(浅井健監督、2014年)

その他[編集]

  • 埼玉県小川町伝統工芸館・館内VTR音楽(1990)
  • 茨城県北茨城市新しい童謡・作曲(2008)

キーボードサポート歴(ツアー、レコーディング)[編集]

テレビCM (本人出演)[編集]

テレビCM (ナレーション)[編集]

テレビ[編集]

ラジオ[編集]

  • 鎌田雅人のなるはやでよろしく 隔週水曜日18:30頃~(FMひたち

使用機材[編集]

シンセサイザー
  • ROLAND FANTOM G8
  • ROLAND VP550
  • YAMAHA MOTIF XS6
  • YAMAHA MOTIF 7
  • KAWAI MP9000
  • Ensoniq TS12
  • Ensoniq VFX
  • YAMAHA DX7
  • KORG MS2000
  • KORG TRINITY
オルガン
  • HAMMOND PORTA-B
  • HAMMOND XK3
アコーディオン
  • PAURO SOPLANI
鍵盤ハーモニカ
  • SUZUKI PRO-37 V2

賞と罰[編集]

  • 日本音楽振興財団笹川作曲賞 吹奏楽曲部門第二位(1992年)
  • ミスターワトソン作曲賞 グランプリ(1993年)
  • 第42回日本レコード大賞 優秀作品作曲賞(2001年)
  • スピード違反3回、駐車違反1回

関連項目[編集]

関連人物[編集]

出典・注釈[編集]

  1. ^ 鎌田雅人. “逗子録音所の鎌田雅人のブログ ポールモールを燃やす。”. アメーバブログ. 2010年11月1日閲覧。

外部リンク[編集]