三浦祐太朗

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
三浦祐太朗
生誕 (1984-04-30) 1984年4月30日(33歳)
出身地 日本の旗 日本東京都
学歴 成城大学 法学部
ジャンル J-POP
ロック
職業 シンガーソングライター
俳優
担当楽器 ボーカル
ギター
活動期間 2008年 -
レーベル ユニバーサルJ(2012年 - 2013年)
TOWER RECORDS(2014年 - 2015年)
ユニバーサルミュージック(2017年 - )
事務所 株式会社ドリームゼロワン
公式サイト 三浦祐太朗オフィシャルサイト
著名使用楽器
ギブソン・J-200
マーティン・D-28 [1]
エピフォン・カジノ
YAMAHAFG-500

三浦 祐太朗(みうら ゆうたろう、1984年4月30日 - )は日本シンガーソングライター俳優ロックバンドPeaky SALT(活動休止中)のヴォーカリスト。東京都出身。A型。株式会社ドリームゼロワン所属。

父親は俳優三浦友和。母親は元歌手女優山口百恵。弟は俳優の三浦貴大。従弟は俳優・タレント絲木建太[2]

来歴[編集]

  • 中学時代の同級生でバンドを結成、Peaky SALTが誕生する。
  • 成城大学法学部卒業。
  • 2008年11月26日、Peaky SALTとして1stシングル「イトシセツナナミダ」でメジャーデビュー。
  • 2010年、バンドメンバーの脱退、さらにアーティストとしての方向性の違いにより活動休止(詳細はPeaky SALTの記事を参照)。
  • 2011年6月1日、三浦祐太朗名義でソロプロジェクト始動。
  • 2012年3月3日、松山千春の自叙伝を原作にした舞台『旅立ち〜足寄より〜』の主演オーディションで、応募総数823名の中から主演の松山千春役に選ばれる[3]。また同年8月1日には、松山千春のデビュー曲「旅立ち」のカバーでユニバーサルJからソロデビュー。
  • 2016年、ドラマ「ノンママ白書」でドラマに初出演。
  • ソロデビュー以来、全国のショッピングモールにてミニライブを数百回行なっている。
  • 2017年7月5日、母 山口百恵の名曲を歌ったカバーアルバム「I'm HOME」をリリース。
  • 現在、FM NACK5キラメキ ミュージック スター「キラスタ」」(毎週月曜日 - 木曜日 18:00 - 20:00)に水・木曜日のパーソナリティとして出演中。
  • 2017年11月9日時点で「I’m HOME」売上枚数7万枚を突破。
  • 2017年日本レコード大賞で「I’m HOME」企画賞受賞。

人物[編集]

  • バンドPeaky SALTでは「ユウ」の名でデビューし、両親のことはふせていた。しかしデビューして1ヶ月後に梨元勝氏にバレてしまい世間に知られてしまった。(梨本氏は母山口百恵が引退した後も、何年も自宅に押し掛けて取材を続けていた人物だった。)[4]
  • 小学生、中学生のときはサッカー部に所属。
  • 小学生のとき有志の合唱部に所属し、ボーイソプラノを務めていた。
  • 高校、大学では水球部とライフセービング部に所属していた。水球部ではキャプテンを務めていた。
  • 学生時代、スキーのコーチをしていたことがある。
  • 幼稚園の入園式の日に、自宅や幼稚園の前に200人を超える報道陣が殺到し、車を運転していた父三浦友和がドアを開けた際にカメラマンがドアの隙間からカメラを車内に差し込んで母山口百恵と祐太朗の姿を撮ろうとした。三浦友和はカメラマンを怒鳴り、山口百恵はそのカメラマンを平手打ちした。結局入園式には出られなかったが、大きく報道されたことにより世間からマスコミへの批判が集まり、その後の報道の在り方に一石を投じた事件となった。[5]
  • ラジオでの声の良さ、話しの上手さに定評がある。パーソナリティを務めるラジオ『キラメキ ミュージック スター「キラスタ」』では幅広い音楽の知識を生かし、毎回様々なジャンルの音楽を紹介している。
  • アニメが大好きで、『キラスタ』で木曜日は毎回テーマに沿ったアニメ主題歌をメドレーで流している。また、3か月ごとに「今期の嫁」と称してお気に入りのアニメの女性キャラクターを発表している。
  • 弟の三浦貴大とは仲が良く、学生時代は同じ水球部に所属し、バンドも一緒に組んでいたことがある。一緒にバンドを組んでいた当時は貴大がボーカル、祐太朗がベースを担当していた。[6]
  • お笑いコンビ三四郎小宮浩信とは、高校時代同じクラスだったことがある。[7]

ディスコグラフィ[編集]

シングル[編集]

タイトル 収録曲 発売日 規格品番 備考
1st 旅立ち
  1. 旅立ち [3:12] 【作詞作曲:松山千春/編曲:Ikoman,岡村美央】
  2. 季節の中で [3:15] 【作詞作曲:松山千春/編曲:Ikoman】
  3. 永遠の細胞 [4:50] 【作詞:三浦祐太朗/作曲:高木博音/編曲:Ikoman,岡村美央,高木博音】
  4. 旅立ち (instrumental) [3:05]
  5. 季節の中で (instrumental) [3:15]
  6. 永遠の細胞 (instrumental) [4:47]
2012年8月1日 UPCH-5759 松山千春の曲のカバー曲。カップリング曲には、父親の三浦友和が出演した江崎グリコ・アーモンドチョコレートのCMソングとしても使用された「季節の中で」のカバーとオリジナル曲「永遠の細胞」を収録[8]
オリコン最高50位
2nd THE WALK / wktk (ワクテカ) ラバーズ
  1. THE WALK
  2. wktk (ワクテカ) ラバーズ
  3. THE WALK (Instrumental Version)
  4. wktk (ワクテカ) ラバーズ (Instrumental Version)
2014年3月5日 TRJC-1028 両A面シングル。「THE WALK」は福屋ホールディングスCMソング[9]。「wktk (ワクテカ) ラバーズ」は三浦がパーソナリティーを務める、NHKラジオ第1放送『wktkラヂオ学園サンデー』公式ソング。同番組の企画でリスナーから歌詞を募集し、三浦がその中からピックアップして曲をつけたナンバーで、同番組で共演する福田彩乃近江陽一郎もボーカルを担当[10]
オリコン最高100位
3rd 星屑メリーゴーランド
  1. 星屑メリーゴーランド
  2. Powder Snow
2015年1月27日 TRJC-1039 オリコン最高46位

アルバム[編集]

タイトル 収録曲 発売日 規格品番 備考
1st DAISY CHAIN
  1. HELLO 〜rebirth〜
  2. THE WALK <KI 335 ver.>
  3. 不完全変態
  4. ALL I WANT
  5. イメージの雫
  6. wktk (ワクテカ) ラバーズ <Only Yu ver.>
  7. Nobody Knows
  8. Loving You
  9. グライダー
  10. ハッピーエンド
2014年4月30日 TRJC-1030 オリコン最高112位

ミニアルバム[編集]

タイトル 収録曲 発売日 規格品番 備考
1st AND YOU
  1. サナギ [5:40] 【作詞:三浦祐太朗/作曲:高木博音/編曲:Ikoman,YOKAN,Ippei Shimizu,Hirone Takagi】
  2. 月になって [4:48] 【作詞:三浦祐太朗/作曲:高木博音/編曲:Ikoman,Atsushi Harada,Hirone Takagi】
  3. 消えない虹 [4:19] 【作詞:三浦祐太朗/作曲:足土貴英/編曲:Ikoman,足土貴英】
  4. 季節の中で [3:14]
  5. Blossom [4:56] 【作詞:三浦祐太朗/作曲:高木博音/編曲:Ikoman,Hirone Takagi】
  6. 永遠の細胞 [4:49]
  7. 旅立ち [3:09]
2013年2月20日 UPCH-1915 オリコン最高138位

カバーアルバム(全曲山口百恵カバー)[編集]

タイトル 収録曲 発売日 規格品番 備考
2nd I'm HOME

全曲編曲:宮永治郎

1. さよならの向う側[05:22] 【作詞:阿木燿子/作曲:宇崎竜童】

2. 秋桜[03:37] 【作詞:さだまさし/作曲さだまさし】

3. 謝肉祭[04:09] 【作詞:阿木燿子/作曲:宇崎竜童】

4. イミテイション・ゴールド[03:52] 【作詞:阿木燿子/作曲:宇崎竜童】

5. 夢先案内人[04:44] 【作詞:阿木燿子/作曲:宇崎竜童】

6. プレイバックpart2[03:32] 【作詞:阿木燿子/作曲:宇崎竜童】

7. 曼珠沙華[04:56] 【作詞:阿木燿子/作曲:宇崎竜童】

8. いい日旅立ち[04:25] 【作詞:谷村新司/作曲:谷村新司】

2017年7月5日 TYCT-60105 オリコン週間7位

オリコンデイリー3位 オリコン登場回数18回 累計売上枚数7万枚

ミュージックビデオ[編集]

監督 曲名
福原弘之 消えない虹
不明 星屑メリーゴーランド」「THE WALK

出演[編集]

ラジオ[編集]

舞台[編集]

テレビ[編集]

  • 笑っていいとも」(フジテレビ、2012年7月19日)
  • 「ありがとッ!」(tvk、2012年8月24日)
  • 「ガリゲル」(読売テレビ、2013年2月12日)
  • MUSIC FAIR」(フジテレビ、13年3月16日、2013年3月23日)
  • 「ONRYU(音流)」(テレビ東京、2013年4月19日)
  • 「ありがとッ!」(tvk、2014年3月7日)
  • 「PATi・PATi」(CS放送 MUSIC ON! TV、2014年4月17日)
  • UTAGE!」(TBS、2014年6月2日 - 2015年9月29日)―準レギュラー
  • スタジオパークからこんにちは」(NHK、2014年6月17日)
  • 「音楽の日」(TBS、2014年8月2日)
  • 「UTAGE秋の祭典!あの大ヒット曲を歌い踊る宴の2時間SP!」(TBS、2014年9月19日)
  • 「徹子の部屋」(テレビ朝日、2014年11月25日)
  • 「ノンストップ!特別版2015年も独自に先取りSP」(フジテレビ、2014年12月29日)
  • 「ライブB♪」(TBS、2015年1月27日)
  • 「UTAGE!春の祭典 あの大ヒット曲を歌い踊る宴の2時間SP!」(TBS、2015年3月31日)
  • 「ぼくらはマンガで強くなった〜SPORTS×MANGA」(NHK BS1、2015年8月9日)
  • 「UTAGE秋の祭典!」(TBS、2015年9月29日)
  • 「UTAGE!夏の祭典2時間スペシャル」(TBS、2016年6月28日)
  • 「スタイルプラス」(東海テレビ、2016年8月14日)
  • ドラマ「ノンママ白書」(フジテレビ、2016年8月16日〜2016年9月24日)―まこっちゃん役
  • 「UTAGE!秋の祭典2時間スペシャル」(TBS、2016年10月4日)
  • 「ど夜中フェス!!」(フジテレビ、2016年10月7日)
  • 「MUSIC FAIR」(フジテレビ、2017年5月6日 )
  • 「地球劇場~100年後の君に聴かせたい歌~」(BS日テレ、2017年6月10日)
  • 「第2回明石家紅白!」(NHK総合、2017年6月26日)
  • 「THE MUSIC DAY 願いが叶う夏」(日本テレビ、2017年7月1日)
  • 「生放送!BSジャパン 歌い継ぎたい昭和音楽祭」(BSジャパン、2017年7月7日)
  • 「うたコン」(NHK総合、2017年7月4日)
  • 「音楽の日」(TBS、2017年7月15日)
  • 「とくダネ!」(フジテレビ、2017年8月18日)
  • 「24時間テレビ40 告白 ~勇気を出して伝えよう~」(日本テレビ、2017年8月27日)
  • 「MUSIC STATION ウルトラFES 2017」(テレビ朝日系、2017年9月18日)
  • 「UTAGE!まだまだ夏は終わらないぞスペシャル」(TBS、2017年9月14日)

CM[編集]

  • 「ハタラクユニクロ」WEBムービー (挿入歌、2016年9月-)

ライブ[編集]

名前 公演日 会場
レックスマニア 〜Voice vol2〜 2012年5月17日 SHIBUYA REX
レックスマニア 〜夏休み〜 2012年8月16日 SHIBUYA REX
三浦祐太朗 初ワンマンライブ2012『THE WALK』 2012年10月13日 草月ホール
レックスマニア 〜SHIBUYA REX 1st Anniversary Live〜 2012年11月14日 SHIBUYA REX
三浦祐太朗 クリスマスライブ『SNOWFLAKES 2012』 2012年12月22日 Mt.RAINIER HALL SHIBUYA PLEASURE PLEASURE
イケメン’ズ × 三浦祐太朗 2012年12月30日 SHIBUYA REX
三浦祐太朗ワンマンライブ「BLOSSOM」 2013年5月12日 OSAKA MUSE
2013年5月18日 原宿アストロホール
「旅立ち」からの・・・再会ライブ 〜宇田川町より〜 2013年6月29日 SHIBUYA WWW
真夏の歌実 2013年7月27日 SHIBUYA REX
2013年7月30日 松山サロンシティ
2013年7月31日 高松 DIME
2013年8月1日 高知 X-pt.
NEXT GENERATION 2013年8月3日 名古屋 ell. FITS ALL
2013年8月17日 CRAZYMAMA KINGDOM
2013年8月23日 ナミキジャンクション
SOUND JACK 2013年8月24日 京都FANJ
SHIBUYA DESEO PRESENTS “ACOUSTIC SYNDROME” 2013年10月9日 SHIBUYA DESEO
2013年10月12日 SHIBUYA DESEO
青の音楽会 2013年12月7日 渋谷 Duo Music Exchange
New days 〜 X’mas Special 2013 〜 2013年12月21日 SHIBUYA LOOP annex
New days〜 三浦祐太朗 × UNIST 〜 2014年1月13日 代官山LOOP
大阪ワンマンライブ 2014年2月22日 大阪 Soap Opera Classics
“FORCE BEAT MATCH vol,2″ 2014年2月26日 浜松FORCE
“SAKAE BEAT MATCH” 2014年2月27日 名古屋HeartLand STUDIO
Frank!! 〜 三浦祐太朗 × JONTE 〜 2014年2月28日 代官山LOOP
三浦祐太朗ワンマンライブ「rainy daisy」 2014年6月14日 代官山LOOP
三浦祐太朗「DAISY EAST」 2014年7月12日 代官山LOOP
いかりライクスホール リニューアル記念 「三浦祐太朗 アコースティックライブ」 2014年9月26日 いかりライクスホール
三浦祐太朗「DAISY WEST」 2014年9月27日 梅田 Zeela
青の音楽会 vol.2 2014年11月8日 Mt.RAINIER HALL SHIBUYA PLEASURE PLEASURE
三浦祐太朗 3rd.single”星屑メリーゴーランド” Release Tour 2015年2月7日 神戸SLOPE
2015年2月14日 名古屋HeartLand STUDIO
2015年2月28日 Shibuya eggman
OTODAMA 空フェス 2015 〜夏、直前の祭〜『空響』 2015年5月9日 H.L.N.A SKYGARDEN 野外ステージ
三浦祐太朗「31 愛 スクリーム」 2015年5月16日 渋谷 TAKE OFF 7
三浦祐太朗 「ONE AND ALL」 2015年6月27日 原宿アストロホール
高知 BAY5 SQUARE BOX【VOICE COIL】 2015年7月12日 BAY5 SQUARE BOX
音霊 OTODAMA SEA STUDIO 2015」ZILCONIA presents コネコレロック〜海水浴スペシャル〜 supported by 君だけLIVE 2015年8月1日 音霊 OTODAMA SEA STUDIO
三浦祐太朗4都市ツアー「真夏の謝音祭 2015」 2015年8月8日 阿倍野ROCKTOWN
2015年8月9日 名古屋HeartLand STUDIO
2015年8月22日 仙台FLYING SON
2015年8月23日 渋谷Star lounge
ikari presents 三浦祐太朗 アコースティック・ワンマンライブ 2015年11月21日 いかりライクスホール
青の音楽会 vol.3 2015年11月29日 東京キネマ倶楽部
うたいぞめ 2016年1月16日 SHIBUYA WWW
新宿RUIDO K4 10th Anniversary スペシャルツーマンライブ 2016年2月20日 新宿RUIDO K4
EASTER EGG 2016 2016年3月5日 Shibuya eggman
Birthday Live 2016 2016年4月30日 Mt.RAINIER HALL SHIBUYA PLEASURE PLEASURE

出演イベント[編集]

脚注・出典[編集]

  1. ^ 松山千春役として舞台に立ったときに松山千春本人から贈られたもの
  2. ^ 伯母・三浦弘子(三浦友和の姉)の実子。
  3. ^ ORICON STYLE (2012年3月3日). ““平成の松山千春”に友和&百恵長男・三浦祐太朗 自叙伝舞台の千春役で俳優デビュー”. 2012年3月3日閲覧。
  4. ^ 2017年7月5日 FM NACK5「GOGOMONZ」
  5. ^ 三浦友和 著『被写体』
  6. ^ 2017年9月26日 FM NACK5「坂本美雨 ディア・フレンズ」
  7. ^ 2017年11月4日 読売テレビ「ガリゲル」
  8. ^ 出典先の記事には「両親が共演したCM」との記述があるが、誤り(ORICON STYLE (2012年4月20日). “百恵さん長男・三浦祐太朗がソロデビュー 松山千春の「旅立ち」をカバー”. 2012年4月20日閲覧。)。
  9. ^ 同社のCMには、父・三浦友和が出演。
  10. ^ TOWER RECORDS ONLINE (2014年2月5日). “三浦祐太朗がタワーのレーベルに移籍! 第1弾シングル発売”. 2012年6月17日閲覧。

外部リンク[編集]