絶唱 (1975年の映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
絶唱
監督 西河克己
脚本 西河克己
原作 大江賢次
製作 堀威夫
笹井英男
出演者 山口百恵
三浦友和
辰巳柳太郎
吉田義夫
菅井きん
大坂志郎
初井言榮
花沢徳衛
木内みどり
大和田伸也
音楽 高田弘
主題歌 山口百恵「山鳩
撮影 萩原憲司
編集 鈴木晄
配給 東宝
公開 日本の旗 1975年12月20日
上映時間 96分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
配給収入 9億1800万円[1][2][3]
テンプレートを表示

絶唱』(ぜっしょう)は、1975年12月20日に公開された日本映画。配給は東宝。原作は大江賢次同名作品。山口百恵文芸作品第三弾。公開時の惹句は、「許して下さい 今日までの私を…あなたに捧げた短い命 哀しい運命の山鳩は 遠く遥かな蒼空へ 涙も枯れて飛んでゆく……最高のコンビで綴る美しく哀しい文芸ロマン!」である[4]。1976年度の興行成績ベストテンで第5位となった[2][3]

あらすじ[編集]

昭和17年、山陰の大地主で「山園田」と呼ばれる園田家の跡継ぎ・順吉は父親が勧めた見合いを断り、山番の娘で奉公人の小雪と結婚すると言い出し、父親と口論になる。いたたまれない小雪は実家に戻るが、順吉は小雪を迎えに行き、小雪も順吉の愛を受け入れる。二人は駆け落ちし、鳥取砂丘のある小さな町で、順吉の友人たちの支援を受けて暮らし始める。だが順吉にも友人たちにも召集令状が届き出征する。順吉と小雪は毎日午後三時、それぞれの地で「吉野木挽き歌」を歌う約束をする。小雪は働きながら順吉の帰りを待つが、肺を患う。終戦を迎え、昭和21年、順吉の父親が死去。村八分にされていた小雪の母親は小雪の元へ急ぐ。小雪は病気が悪化し、友人たちの看病を受けていた。小雪はうつろな意識の中で砂丘を超える順吉の足跡を聞く。ようやく復員した順吉の胸で小雪は息を引き取る。順吉は小雪の結婚式と葬式を同時にやりたいと考え、小雪に花嫁衣裳を着せ、花嫁行列を作って園田家に帰宅。死んだ花嫁と順吉の婚礼が挙げられ、列席者はみな涙を流すのであった。

キャスト[編集]

主題歌[編集]

  • 山口百恵 『山鳩』(レコード盤とは異なるアレンジで、作中のクレジットでは『山鳩の歌』と表記されている)

スタッフ[編集]

同時上映[編集]

裸足のブルージン

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 全回史 2003, pp. 214-215
  2. ^ a b 「昭和51年」(80回史 2007, pp. 232-239)
  3. ^ a b 「1976年」(85回史 2012, pp. 334-342)
  4. ^ 「山口百恵――絶唱」(なつかし2 1990, p. 141)

参考文献[編集]

  • 日高靖一ポスター提供・監修 『なつかしの日本映画ポスターコレクション PART2』(永久保存版) 近代映画社、1990年2月。ISBN 978-4764816404 
  • 『キネマ旬報ベスト・テン全史 1946-2002』 キネマ旬報社キネマ旬報ムック〉、2003年4月。ISBN 978-4873765952 
  • 『キネマ旬報ベスト・テン80回全史 1924-2006』 キネマ旬報社〈キネマ旬報ムック〉、2007年7月。ISBN 978-4873766560 
  • 『キネマ旬報ベスト・テン85回全史 1924-2011』 キネマ旬報社〈キネマ旬報ムック〉、2012年5月。ISBN 978-4873767550 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]