お台場合衆国

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
お台場合衆国
United States of Odaiba
お台場合衆国メイン会場となるフジテレビ本社屋(FCGビル)周辺(2011年)
お台場合衆国メイン会場となるフジテレビ本社屋(FCGビル)周辺(2011年)
イベントの種類 一般イベント
開催時期 毎年7月中旬 - 8月31日
初回開催 2009年7月18日 - 8月31日
会場 フジテレビ本社屋
主催 フジテレビジョン
後援 フジネットワーク27社
企画制作 フジテレビジョン
プロデューサー 参照
最寄駅 ゆりかもめ台場駅
りんかい線東京テレポート駅
公式サイト
「合衆国サンサンアイランド」全景(2011年)

お台場合衆国(おだいばがっしゅうこく、United States of Odaiba)は、東京都港区台場フジテレビジョン本社屋にて2009年から2013年に夏に開催されたフジテレビ主催の参加型イベント

概要[編集]

1998年夏のP-kiesワンダーランドと2003年以降の『お台場冒険王』において、大規模なアトラクション展示を行っていた特設会場(東京都港湾局が所有する臨海副都心青海Q区画)の暫定借地利用契約終了に伴い2008年度で閉幕となった『冒険王』の後継にあたる。

イベントでは会場内それぞれを国家に見立て、フジテレビ本社屋を「フジテレビランド」、東京臨海副都心青海P区画を「オダイバランド」(2011年 ‐ 2013年は「合衆国サンサンアイランド」)と称し、フジテレビの人気番組のブースなどのほか番組の公開生放送・収録、「めざましLIVE」等のステージイベント、グッズ販売などを行っている。

その後、2014年は『お台場新大陸』、さらに2015年は『お台場夢大陸 〜ドリームメガナツマツリ〜』と改題・リニューアルを繰り返し、2016年から現在の『お台場みんなの夢大陸』へとつながっていく。

開催時間[編集]

通常は10:00 - 18:00であるが、例年8月第1土曜日から“お盆休み”とされる8月中旬までの10日間前後と8月中旬 - 下旬の土日のみ「アーリーオープン」となり、開催時間は9:00 - 18:00となる。

入場料金[編集]

2009年
  • お台場合衆国1DAYパスポート : 一般1,500円 / 小中学生1,300円
チケットBOXにて販売
(プール入場券つきは、ベイサイドプールでのみ販売)
  • お台場合衆国1DAYパスポート付きプール入場券 : 一般2,500円 / 小中学生2,000円
ベイサイドプールチケットBOXにて販売
(1DAYパスポート購入済みの場合はパスポートの日付にかかわらず、期間中何度でも一般:1,000円 小中学生:700円の差額分でプール入場券の購入が可能)
2010年以降
  • お台場合衆国1DAYパスポート : 一般1,500円 / 小中学生1,300円(団体:一般 1,400円 / 小中学生1,240円 )
    • 2013年では、一般1,700円となった。
チケットBOXにて販売

開催日程[編集]

回/年 イベント正式名 開催期間 総入場者数
第1回/2009年 めざせ!お台場合衆国2009〜フジがやらなきゃだれがやる!〜 7月18日 - 8月31日(45日) 425万5267人
第2回/2010年 お台場合衆国2010〜笑うBayには福きたる!!〜 7月17日 - 8月31日(46日) 408万5213人
第3回/2011年 お台場合衆国2011〜ぼくらがNIPPON応援団!〜 7月16日 - 8月31日(47日) 419万6029人
第4回/2012年 お台場合衆国!2012〜ここから始まるNIPPON応援団!〜 7月14日 - 9月2日(51日) 454万1400人[1]
第5回/2013年 お台場合衆国2013~楽しくなければお台場じゃない!冒険しなけりゃ夏じゃない!〜 7月13日 - 9月1日(51日) 487万5199人[2]

イメージキャラクター[編集]

回/年 イメージキャラクター 関連番組
第1回/2009年 レッドシアターズ 爆笑レッドシアター
第2回/2010年 まる子ファミリー ちびまる子ちゃん
第3回/2011年 めちゃイケメンバー めちゃ×2イケてるッ!
第4回/2012年 ピカリ隊 ピカルの定理
第5回/2013年 AKB48[3] AKB映像センター

テーマソング(国歌)[編集]

曲名 アーティスト名
2009年 風になりたい レッドシアターズ
2010年 Roll Over The Rainbow Superfly
2011年 LOVE & PEACH ゆず
2012年 MASARU 桑田佳祐
2013年 恋するフォーチュンクッキー AKB48

内容[編集]

2009年[編集]

フジテレビ開局50周年記念イベントの一環として『めざせ!お台場合衆国2009 〜フジがやらなきゃだれがやる!〜』と題して7月18日から8月31日までの45日間に渡って開催された。


2010年[編集]

お台場合衆国2010〜笑うBayには福きたる!!〜』( - わらうベイにはふくきたる!!)と題して7月17日から8月31日までの46日間に渡って開催された。


2011年[編集]

3月11日に発生した東北地方太平洋沖地震東日本大震災)および東京電力福島第一原子力発電所での事故による電力事情悪化の影響により一度は開催が危ぶまれたものの、『お台場合衆国2011〜ぼくらがNIPPON応援団!〜』( - ぼくらがニッポンおうえんだん!)と題して7月16日から8月31日までの47日間に渡って開催された。また、売上の一部は東日本大震災の被災地へと寄付された。


2012年[編集]

お台場合衆国!2012〜ここから始まるNIPPON応援団!〜』と題し、2012年7月14日から9月2日の51日間に渡って開催された。


2013年[編集]

サテライト会場[編集]

ほか

親善大使[編集]

広報チーム[編集]

エグゼクティブプロデューサー(団長)[編集]

オフィシャルスタッフウェア[編集]

2009年
黄緑ピンク(女性専用)の3種類のTシャツを着用。
2010年
「LAUGH!!LAUGH&LAUGH!!」ロゴ入りの黄色黄緑ピンク水色の10種類のTシャツを着用。
2011年
「NEW EAST」ロゴと方位磁針北東(=東北)を指すイメージのようなイラスト入りのレモン色のTシャツを着用。
2012年
「2012 NEXT OF STAGE」のイラスト入りの赤、青、黄色、黄緑、紫、ピンクの6種類のTシャツを着用。

その他[編集]

  • 2010年度は来場者用に合衆国巡回バス「お台場Fantaバス」が運行された。また、合衆国エリア内限定ワンセグ放送として「ラフ・ステーション」が実験的に放送された。
  • 2011年度に25階球体展望室「はちたま」で上映されていた『クイズ!ヘキサゴンII天体映像パレード〜サーターアンダギーの宇宙大冒険〜』については、会期中の8月23日に『クイズ!ヘキサゴンII』の司会で、上映映像にも出演していた島田紳助が芸能活動引退を発表したため、紳助の引退発表翌日の8月24日から上映を中止した[7]が、27日より紳助の出演部分をカットし、別映像に差し替えた上で上映を再開した[8]
  • 2011年度の入場券収入の一部および会期中開催されたフリーマーケットの売上金、チャリティーオークション落札金、一部商品の売上金等の全額は、日本ユニセフ協会を通じ東日本大震災の被災者に支援金として送られる。

ギャラリー[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ とれたてフジテレビ(2012年9月4日)
  2. ^ http://sankei.jp.msn.com/entertainments/news/130903/ent13090311030008-n1.htm 9月16日まで延長した「居酒屋えぐざいるPARK」の分を含む。51日間の実質来場者数はおよそ420万人。
  3. ^ とれたてフジテレビ(2013年6月11日)
  4. ^ 明治グループの企業再編により2011年4月より社名変更(明治製菓→Meiji Seikaファルマ)のため、明治製菓としての参加はこの年で最後となった。
  5. ^ 決戦投票の結果『ダイバーシティ東京』に決定した。リリース:“平成24年春、東京臨海副都心地区に開業「(仮称)青海Q街区計画」施設名称を「ダイバーシティ東京」に決定”. 三井不動産株式会社. (2011年8月29日). http://www.mitsuifudosan.co.jp/corporate/news/2011/0829/index.html 2011年9月9日閲覧。 
  6. ^ 同じ年に行われたFNS27時間テレビGP兼任。
  7. ^ “番組差し替え、テレビ各局対応に追われる 紳助さん引退”. 朝日新聞(東京夕刊). (2011年8月24日). オリジナル2012年7月17日時点によるアーカイブ。. http://archive.is/ml9J 
  8. ^ “紳助さん出演部分カットしイベント上映再開 フジテレビ”. 朝日新聞. (2011年8月27日). オリジナル2012年7月18日時点によるアーカイブ。. http://archive.is/h2OZ 

外部リンク[編集]