人はそれをスキャンダルという

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

人はそれをスキャンダルという』(ひとは - )は1978年11月21日から1979年4月17日までTBS系列で放映された、山口百恵主演のテレビドラマである。大映テレビ制作、全22回、21話(第11回は、山口が入院のため製作が追いつかず、ドラマ前半の総集編を放映)。

人はそれをスキャンダルという
ジャンル テレビドラマ
放送時間 火曜 21:00 - 21:55(55分)
放送期間 1978年11月21日 - 1979年4月17日(22回)
放送国 日本の旗 日本
制作局 TBS / 大映テレビ
監督 大林宣彦
原作 ロマン・ローラン
脚本 佐々木守
プロデューサー 野添和子
春日千春
川口武夫
山本典助
出演者 山口百恵
永島敏行
三國連太郎
オープニング 山口百恵「スキャンダル -愛の日々-」
テンプレートを表示

概説[編集]

当時、赤いシリーズで人気を博していた山口百恵を起用したシリアスドラマであり、山口はここでも不幸に見舞われるヒロインを演じている。また大林宣彦恩地日出夫須川栄三江崎実生による大物監督が演出を担当していた。特に大林は、第12話まで放送されたオープニングタイトル映像の演出も担当している[1]。オープニングは、第13話からは廣岡正勅作のタイトルアニメーションに変更された。

内容[編集]

山口百恵&永島敏行のコンビで贈るシリアスドラマ。原作はフランスの作家、ロマン・ローランの「魅せられたる魂」。世間知らずのお嬢さんから、激しい恋、そして出産、未婚の母など、激しい人生の変転の中で少しずつ強くなるヒロインを通して、“自立していく女”をテーマに展開される。山口百恵が演じるのは裕福な家庭に生まれた一人娘・小野寺信子。父の急死以来、異母妹の出現など波瀾万丈の人生を歩むことになる。

スタッフ[編集]

監督
大林宣彦
恩地日出夫
須川栄三
江崎実生
山本邦彦
下村尭二
岡本弘
富本壮吉
脚本
佐々木守
泊里仁美
塩田千種
今井詔二
長野洋
その他スタッフ

キャスト[編集]

主題歌[編集]

サブタイトル[編集]

回数 話数 放送日 サブタイトル 脚本 監督
1 1 1978年11月21日 (サブタイトル無し) 泊里仁美、佐々木守 大林宣彦
2 2 11月28日 (サブタイトル無し) 塩田千種、佐々木守 恩地日出夫
3 3 12月5日 (サブタイトル無し) 泊里仁美、佐々木守 須川栄三
4 4 12月12日 婚前同居 塩田千種、佐々木守 恩地日出夫
5 5 12月19日 激情 長野洋 須川栄三
6 6 12月26日 夫婦とは? 今井詔二 江崎実生
7 7 1979年1月2日 婚前の一夜 泊里仁美、今井詔二 下村尭二
8 8 1月9日 妊娠 長野洋 恩地日出夫
9 9 1月16日 出産 今井詔二
10 10 1月23日 母子草 岡本弘
11 総集編 1月30日 母になるまで
12 11 2月6日 わが子は何処に? 長野洋 恩地日出夫
13 12 2月13日 わが子3才の春 佐々木守 岡本弘
14 13 2月20日 子別れ船 富本壮吉
15 14 2月27日 この幼い命 恩地日出夫
16 15 3月6日 母なりき女なりき 富本壮吉
17 16 3月13日 夕風のさよなら
18 17 3月20日 幼いさすらい 岡本弘
19 18 3月27日 ママの愛あなたのパパ 今井詔二 富本壮吉
20 19 4月3日 義母ふたり・・・ 佐々木守 山本邦彦
21 20 4月10日 今日を限りの春 富本壮吉
22 21 4月17日 線路はつづく・・・

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 「人はそれをスキャンダルという オリジナルサウンドトラック」(G-matics、2014年11月5日発売)封入ブックレットより。

外部リンク[編集]

TBS 火曜21時台ドラマ
前番組 番組名 次番組
人はそれをスキャンダルという