ラーメン刑事「龍」の殺人推理

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ラーメン刑事「龍」の殺人推理
ジャンル 刑事ドラマ
放送時間 放送時間の変遷を参照
放送期間 2000年10月21日 - 2005年3月19日(5回)
放送国 日本の旗 日本
制作局 朝日放送
監督 合月勇
南部英夫
脚本 友澤晃一
成瀬活雄
プロデューサー 野木小四郎(大映テレビ
辰野悦央(ABC)
福永喜夫(ABC)
出演者 神田正輝
大桃美代子
細木美和
国分佐智子
音声 ステレオ放送
字幕 文字多重放送
オープニング 歴代オープニングを参照
エンディング 歴代エンディングテーマを参照
外部リンク 土曜ワイド劇場
テンプレートを表示

ラーメン刑事「龍」の殺人推理』(らーめんけいじりゅうのさつじんすいり)は、2000年から2005年までテレビ朝日系の2時間ドラマ土曜ワイド劇場」で放送された刑事ドラマシリーズ。全5回。制作はABC大映テレビ。主演は神田正輝

概要[編集]

ラーメン刑事の異名をとる龍鉄平が、赴任する先々で名物ラーメンを鍵として事件を解決していく。

第4作までのオーソドックスな作風に対して、第5作は取り調べ中の容疑者に鉄平が作ったラーメンを差し入れると直ちに自白を始めるという場面があるなど、コメディ・ギャグ色の強い作品となっている。

登場人物[編集]

主人公と相棒[編集]

龍鉄平
演 - 神田正輝
経歴:喜多方警察署(第1作) → 旭川中央警察署(第2作) → 博多北警察署(第3作) → 札幌中央南警察署(第4作) → 香川県警高松北警察署(第5作)
「ラーメン刑事」の異名をとる刑事。階級は警視正。
桃木モモ
演 - 大桃美代子[1](第1作 - 第3作)
経歴:喜多方警察署(第1作) → 旭川中央警察署(第2作) → 博多北警察署(第3作)
鉄平の相棒刑事。
水内かりん
演 - 細木美和(第4作)
札幌中央南警察署捜査一課での相棒刑事。
成田真希
演 - 国分佐智子[2](第5作)
香川県警高松北警察署の婦警。無類のうどん好き。

喜多方警察署 → 旭川中央警察署[編集]

宮田五郎
演 - ガッツ石松(第1作・第2作)
係長。第2作で警部補に昇進。
須貝義一
演 - 菅原加織(第1作・第2作)
刑事。
坂上六兵衛
演 - 三角八朗(第1作・第2作)
課長。

ゲスト[編集]

第1作「会津喜多方、殺意の女 ヤマンバ刑事とSLばんえつ号に乗っていた美女の秘密」(2000年)
第2作「北海道旭川氷点下41度の完全犯罪!雪の結晶は天からの証言者」(2001年)
第3作「博多〜唐津〜呼子港、殺意の銃口!壊された黒田武士人形と博多献上帯の謎」(2002年)
第4作「愛と憎しみの支笏湖 小樽から札幌へ 凍りついた女の情念」(2003年)
  • 七海(龍鉄平が以前取調べた女) - 森川由加里
  • 北宮礼(札幌中央南警察署 捜査一課長) - 坂上忍
  • 高橋聡(沙織の二番目の夫・ラーメンチェーン店「味の時計台」主人) - 塩屋俊
  • 藤原一也(フジワラ精肉店 社長) - 新藤栄作
  • 宮本琴絵(宮本と沙織の娘) - 森本更紗[5]
  • 小笠原優介(沙織の三番目の夫・定山渓ホテル 従業員) - 秋本正博
  • 宮本(沙織の一番目の夫・故人) - 犬箸哲郎
  • 宮本沙織(琴絵の実母・定山渓ホテル 仲居) - 三原じゅん子
  • 高橋玲奈(琴絵の養母・聡の現妻・沙織の親友) - 杉田かおる
  • 松前二郎(札幌中央南警察署捜査一課 巡査長) - ガッツ石松
第5作「ラーメン刑事VSさぬきうどん 美人婦警は敵か味方か?龍鉄平最大の危機!ラーメン評論家殺人事件!」(2005年)

スタッフ[編集]

放送日程[編集]

話数 放送日 サブタイトル 脚本 監督 視聴率
1 2000年10月21日 会津喜多方、殺意の女 ヤマンバ刑事とSLばんえつ号に乗っていた美女の秘密 友澤晃一 合月勇 14.7%
2 2001年11月17日 北海道旭川氷点下41度の完全犯罪!雪の結晶は天からの証言者 15.0%
3 2002年09月21日 博多〜唐津〜呼子港、殺意の銃口!壊された黒田武士人形と博多献上帯の謎 13.3%
4 2003年09月20日 愛と憎しみの支笏湖 小樽から札幌へ 凍りついた女の情念 14.6%
5 2005年03月19日 ラーメン刑事VSさぬきうどん
美人婦警は敵か味方か?龍鉄平最大の危機!ラーメン評論家殺人事件![8]
成瀬活雄 南部英夫 10.8%

備考[編集]

  • 第5作で龍が所属した高松北警察署の中のシーンは全て地元のANN系列瀬戸内海放送の高松本社で撮影された。
  • 第5作の大阪での講演会のシーンで使われた会議場は大阪の施設ではなく香川県民ホールである(外観や内装ともに)。この他、尾道のラーメン屋などすべて香川県内で撮影されている。

脚注[編集]

  1. ^ モノクロームの少女 - 大桃美代子 オフィシャルブログ 2008年10月1日
  2. ^ Drama - 国分佐智子|Sachiko Kokubu official home page
  3. ^ プロフィール - メロウリップス(アーカイブ)
  4. ^ プロフィール - オスカー電子カタログ
  5. ^ プロフィール - サンミュージック大阪(アーカイブ)
  6. ^ プロフィール - AIR AGENCY
  7. ^ プロフィール - エヌ・エー・シー(アーカイブ)
  8. ^ 「しゃぶしゃぶ殺人事件」「関サバをゲットせよ」どんな事件? と気なるサスペンス劇場の変なタイトル15選”. マイナビスチューデント (2015年6月13日). 2016年3月30日閲覧。

外部リンク[編集]