あしたからの恋

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
あしたからの恋
ジャンル テレビドラマ
脚本 楠田芳子
出演者 進藤英太郎
山岡久乃
林隆三
尾崎奈々 ほか
製作
制作 TBS
放送
放送国・地域 日本の旗 日本
放送期間 1970年4月21日 - 11月24日
放送時間 火曜21:00 - 21:30
放送枠 木下恵介アワー
放送分 30分
回数 32
テンプレートを表示

あしたからの恋』(あしたからのこい)は、TBS系列の「木下恵介アワー」(当時:日産自動車一社提供)の第7弾で、進藤英太郎主演の頑固親父ものの1本として1970年に放送されたテレビドラマである。

放送データ[編集]

  • 放送期間:1970年4月21日 - 11月24日
  • 放送日時:毎週火曜日 21:00-21:30
  • 放送回数:全32回
  • 放送形態:フィルムカラー作品

概要[編集]

主演は、この「木下恵介アワー」で放送された『おやじ太鼓』で頑固親父を演じた進藤英太郎、妻役には、のちに『渡る世間は鬼ばかり』、『肝っ玉かあさん』、『ありがとう』『女と味噌汁』などホームドラマでは欠かせない女優・山岡久乃が演じた。長男は林隆三、長女は尾崎奈々、次女にこの番組収録終盤に『おくさまは18歳』の主演に抜擢されたため出演できなくなり、実質第29回以降は降板し、最終回も声のみの出演となった岡崎友紀が務めた。この3人兄妹の恋模様を進藤、山岡が扮する両親が心配しながら見つめていくというものだが、進藤、山岡の2人が出演していない回が3回あり、メインは尾崎奈々と林隆三である。全話に出演しているのは、大出俊、小阪一也の2人のみで、主題歌を小坂一也が歌っている。第30回と第32回にゲスト出演したトワ・エ・モワの生演奏がじっくりと聴けるのも見所の一つである。

あらすじ[編集]

東京の下町にある和菓子屋・菊久月の頑固主人の谷口福松には、おっとり気質の愛妻・常子と、26歳の長男を筆頭に3人の子どもたちがいる。それに通いの職人・正三とともに店を切り盛りしている。長男の修一は1年前に福助と店の運営方針で喧嘩して和菓子職人をやめ、同じ商店街でラーメン屋を開店して店に住み込んでいた。ある日、菊久月の看板娘である長女・和枝に一目ぼれした男性の友人だという、研修医の野口直也が店にやってきた。強引な態度の直也の姿勢に勝気な和枝は、あった途端に喧嘩するが、母親の常子は直也を気に入るのだった。直也はたまたま入ったラーメン屋で和枝の兄である修一とも親しくなる。修一は店員に辞められたため、予備校生の妹である次女・桃子に手伝いをさせていたが、直也の紹介で弟である勉をアルバイトとして雇うことになる。和枝と直也は、直也の友人の自殺騒動がきっかけで、付き合うようになる。あえば喧嘩ばかりしている2人だが、やがて結婚を意識するようになる。修一も、同級生で幼馴染の菊久月の隣の文房具屋の長女・トシ子と、恋人未満友人以上の関係でいた。紆余曲折する兄や姉の恋愛関係を尻目に、桃子は勉とちゃっかり付き合いだしていた。

キャスト[編集]

  • 菊久月店主・谷口福松:進藤英太郎 (第5回、第6回、第29回未出演)
  • 谷口常子:山岡久乃(第5回、第6回、第29回未出演)
  • 谷口修一:林隆三(第28回未出演)
  • 谷口和枝:尾崎奈々 (第14話未出演)
  • 谷口桃子:岡崎友紀(第12回、第15回、第27回、第29回~第31回未出演、第32回は電話の声のみの出演)
  • 菊久月職人・井沢正三:小坂一也
  • 中川トシ子:磯村みどり
  • 中川文子(トシ子の妹):東山明美
  • 中川ます(トシ子と文子の母):山田桂子
  • 野口直也:大出俊
  • 野口勉:あおい輝彦
  • 野口正弘(直也と勉の父):野々村潔
  • 石井キク(野口家の住み込み家政婦):市川寿美礼
  • トメ子(修一のラーメン屋の元アルバイト):丘ゆり子
  • 三浦葉子(直也の見合い候補):范文雀
  • 前田新子(正三の見合い候補):岸ユキ
  • 鈴木桂一(直也の友人):甲田健右
  • 青木美子(修一の見合相手):佐藤曜子

スタッフ[編集]

主題歌[編集]

「あしたからの恋」
作詩・作曲:木下忠司 / 唄:小坂一也

外部リンク[編集]

TBS 木下恵介アワー(火曜夜9時)
前番組 番組名 次番組
兄弟
(1969.10.21 - 1970.4.14)
あしたからの恋
(1970.4.21 - 1970.11.24)
二人の世界
(1970.12.1 - 1971.5.25)