小坂一也

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
小坂 一也
出生名 小坂 一也
生誕 (1935-05-30) 1935年5月30日
出身地 日本の旗 日本愛知県名古屋市
死没 (1997-11-01) 1997年11月1日(62歳没)
学歴 成城学園中退
ジャンル カントリー
歌謡曲
ロカビリー
職業 歌手俳優
担当楽器 ボーカルギター
活動期間 1952年 - 1997年
レーベル コロムビアレコード
事務所 グランパパプロダクション
共同作業者 ワゴン・マスターズ
エルヴィス・プレスリーロックンロール

小坂 一也(こさか かずや、1935年5月30日[1] - 1997年11月1日)は、日本歌手俳優。本名は同じ[1]グランパパプロダクションに所属していた[1]

来歴[編集]

愛知県名古屋市に生まれ東京[1]で育つ。小学校から高校まで成城学園[1]で学ぶ。衆議院議員羽田孜とは同級生で親交が深かった。高校時代からバンド活動を始め、進駐軍のキャンプ場などで演奏して回る。

歌手として[編集]

1952年ワゴン・マスターズにボーカルとして参加。高校中退後の1954年コロムビアレコードから「ワゴン・マスター」でデビューし、カントリーミュージックアイドル的な存在として人気を博す。他に「青春サイクリング」などのヒット曲がある。また、1956年からはいち早くエルヴィス・プレスリーのカバーにも力を入れており、「元祖和製プレスリー」とも呼ばれるなど日本で最も早くロックンロールを発表した一人でもある。『NHK紅白歌合戦』にも3回連続出場した(詳細は#NHK紅白歌合戦出場歴参照)が、初年度が「ハートブレイク・ホテル」であり、当時としては異例の「NHKでロックンロールを歌った」歌手でもある。

俳優として[編集]

1957年映画デビュー、東宝松竹の映画に出演した。当初は劇中の歌手の一人という形での出演であったが、俳優としての素質を認められ、1958年に松竹と契約した。同年の木下惠介監督の『この天の虹』での演技で注目され、以降の木下作品にも出演する。現代的な若者らしい若々しい演技で多くの映画に出演し、やがて松竹映画には欠かせない俳優となっていった。

その他[編集]

その後もテレビドラマ・映画に存在感のある演技派として着実に出演を続けた。私生活では1974年1月、長年の同棲相手だった女優十朱幸代と挙式する(未入籍で事実婚)が、同年中に破局している。1977年に一般人と再婚。

1990年に少年期の回想記『メイド・イン・オキュパイド・ジャパン』を河出書房新社で刊行した。

晩年も闘病生活の中で俳優・歌手として活動したが、1997年11月に食道ガンのため死去。62歳没。

ディスコグラフィー[編集]

シングル[編集]

コロムビア(小坂一也とワゴン・マスターズ)
  • ワゴン・マスター/モンタナの月(1954年)
  • デビイ・クロケットの唄/カウ・ライジャ(1955年 JL-149)
  • ジングル・ベルズ(1955年 JL-159、B面は旗照夫ダーク・ダックスの「ホワイト・クリスマス」)
  • テキサスの黄色いバラ/荒野の呼声(1955年 JL-161)
  • ヘイ・ミスター・バンジョー/沙漠に帰る男(1955年)
  • キャットル・コール/魔法の谷間(1956年 JL-165)
  • シックスティーン・トンズ/モンタナの夜(1956年 JL-170)
  • ハートブレイク・ホテル(1956年 JL-177、B面は旗照夫の「捜索者の唄」)
  • モンタナの月/デビー・クロケットの唄(1956年 SB-5)
  • ハートブレイク・ホテル(1956年 SB-6、B面は旗照夫の「サヨナラの唄」)
  • サンタクロースがやって来る(1956年 SB-8)
  • アイウォントユー・アイニードユー・アイラヴユー/風来坊の唄(1956年 SB-10)
  • 冷くしないで/雨に歩けば(1957年 SB-13)
  • 君を求めて/さすらいの旅人(1957年 SB-14)
  • 優しく愛して/ジャイアンツ(1957年 SB-15)
  • ブルースを唄おう/ブルーベリィ・ヒル(1957年 SB-17)
  • モンタナの夜/荒野の呼び声(1957年 SB-21)
  • ラブ・ミー/幽霊の町(1957年 SB-23)
  • ヤング・ラブ/ドント・フォービッド・ミー(1957年 SB-24)
  • ウイチタの保安官/ライダース・イン・ザ・スカイ(1957年 SB-25)
  • 北風さん/バタフライ(1957年 SB-27)
  • ホワイト・スポーツ・コート/アイル・ビー・ホーム(1957年 SB-29)
  • ロンサム・カウボーイ/ホワイ・ベビー・ホワイ(1957年 SB-30)
  • オール・シュック・アップ/ママ・ギター(1957年 SB-33)
  • 監獄ロック/テディ・ベア(1958年 SB-37)
コロムビア(小坂一也)
  • 青春サイクリング(1958年 SA-79、B面は藤田進湯川きよ美の「愛のそよ風」)
  • キャンプたのしや(1958年 A-3050 SA-104、B面はコロムビア・ローズの「山びこさんごきげんさん」)
  • 夢のアリゾナ/待ちぼうけの喫茶店(1958年 SA-129)
  • にれの木陰で(1959年 SA-193、若山彰の「惜春鳥」B面曲)
  • 俺の恋人/青春のドライブウェイ(1959年 SA-211)
  • ローハイド/連邦保安官(1960年 SA-382)
  • ワルツィング・マチルダ(映画『渚にて』主題歌)/五つの銅貨(映画『五つの銅貨』主題歌)(1960年 SA-376)
  • 君を送った帰り道/夜の雨には想い出がある(1960年 SA-389)
  • 遥かなるアラモ(映画『アラモ』主題歌)/アラモの歌(1960年 SA-506)
  • 無敵のライフルマン(1961年 SA-552。テレビ西部劇『ライフルマン』主題歌。B面は守屋浩の「われらのライフルマン」)
グリーン・シティ
  • 悲しきディスクジョッキー/黒いリムジン(W-1009)
ポリドール
  • 私の孤独/愛よいそげ(DR-1747)
フォーライフ
  • 春になれば/ポケットびんの人生がいい(1977年 FLS-14)
  • 出逢っちまったね/急ぎ旅(1977年 FLS-1009)
クラウン
  • 恋するエルバイラ/デイビー・クロケットの唄(1981年 ASP-3)
  • 目覚めればLADY(フジテレビ系列『夢追い旅行』主題歌)/夢追い旅行(『夢追い旅行』挿入歌)(1984年 CWA-228)

4曲入りEP[編集]

  • ウエスタンヒット曲集(BB-23)
  • ウエスタンヒット曲集 第2集(BB-28)
  • ウエスタンヒット曲集 第3集(BB-30)
  • ジングルベル(1957年 AA-81、小坂と旗照夫のコンピレーションEP)

LP[編集]

  • 唄う幌馬車(1958年7月、AL-105)
  • ウェスタン・ムード(1959年、AL-145)

CD[編集]

日本コロムビア
  • コロムビア音得盤 小坂一也(2003年5月21日)
  • 優しく愛して(2009年12月21日、オンデマンドCD
  • ワゴン・マスター(2010年2月3日)
  • 微笑みの作り方(2010年2月22日、オンデマンドCD)
  • 徳光和夫 とくモリ!歌謡サタデーPresents「決定盤 青春の小坂一也全集」(2010年11月17日、徳光和夫監修による珠玉の50曲をCD2枚組に収録)

NHK紅白歌合戦出場歴[編集]

出演[編集]

映画[編集]

テレビドラマ[編集]

バラエティ番組[編集]

CM[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e 日本タレント名鑑'82』 VIPタイムズ社、1981年、77頁。

外部リンク[編集]