木下恵介アワー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

木下恵介アワー』(きのしたけいすけアワー)は、1964年10月27日から1974年9月25日までTBS系列(関西地区は当時ABC)で放送されたテレビドラマの枠である。

開始当初は『木下恵介劇場』(きのしたけいすけげきじょう)のタイトルだったが、1967年4月18日開始の『女と刀』から『木下恵介アワー』と改題した。

放送時間(JST)は、1964年10月27日から1973年9月25日までは火曜21時00分 - 21時30分だったが、1973年10月3日から1974年9月25日までは水曜22時00分 - 22時30分となった。

概要[編集]

1964年に映画監督木下恵介が、博報堂とTBS(当時:東京放送)と共に木下恵介プロダクションを設立し、木下恵介プロダクションが制作するドラマ枠を誕生させた。その作品は、かつて木下が手がけた映画作品が多かった。また開始当初は1ヶ月間の短期作品だったが、1965年4月6日開始の『喜びも悲しみも幾歳月』からは、半年前後の作品が大半を占めた。更にその『喜びも…』からは木下との関わり合いから、松竹テレビ室が制作に協力するようになった。以降は木下が監修としての形でこのドラマ枠の制作に携った。

なお、継続中の1970年4月16日からは、TBSの木曜22時00分に『木下恵介・人間の歌シリーズ』(1時間ドラマ)が開始、週に2本の木下ものが放送されることとなった。

1973年10月3日からは水曜22時00分に移動したが、1974年9月25日終了の『わが子は他人』をもって10年の幕を降ろした。そして、引き続き木下恵介プロダクション制作の1時間ドラマ『華やかな荒野』を半年放送した後、腸捻転解消によって、この枠は毎日放送(MBS)制作枠となり、しばらくMBS制作ドラマを放送していた。

2010年9月29日から2011年7月29日までテレビ大阪の平日昼帯に再放送されていた。また2016年10月3日よりチバテレの平日13時枠にて再放送が行われている。

作品リスト[編集]

木下恵介劇場[編集]

木下恵介アワー[編集]

スポンサー[編集]

  • 『木下恵介劇場』時代は、大正製薬一社提供だった。
  • 『木下恵介アワー』に改題されてからは、日産自動車の一社提供となり、『日産火曜劇場』という冠が付いた(火曜時代末期は『日産火曜劇場』の冠が取れ、日産自動車とセイコーの二社提供となった)。
  • 水曜22時枠への移行を機に日産自動車とセイコーがスポンサーを降板。番組終了までの1年間は味の素他複数社の提供となった(なお、日産自動車とセイコーは引き続き同じ火曜21時枠のドラマ『あんたがたどこさ』の提供スポンサーとなっている)。

参考資料[編集]

  • キー局番組編成変遷表

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

TBS 火曜21時台前半枠
前番組 番組名 次番組
木下恵介劇場

日産火曜劇場・木下恵介アワー
(1964.10.27 - 1973.3.27)
TBS系 水曜22時台前半枠
水曜劇場
(21:30 - 22:25)
※30分繰上げ。当時は『娘はむすめ
お天気メモ
(22:25 - 22:30)
※30分繰上げ
木下恵介アワー
(1973.10.3 - 1974.9.25)
華やかな荒野
(22:00 - 22:55)