放浪家族

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

放浪家族ほうろうかぞく)は、毎日放送(MBS)・テレパックが制作し、TBS系列で放送されたスタジオドラマ1975年7月2日~12月24日の水曜よる10時ドラマ枠(テレビスター劇場)で放送された55分番組(全26回)。

概要[編集]

人間が、生きているという実感を持つ瞬間は、なんとすばらしいことでしょう。その実感を何よりも感じるのは、女性にとっては愛であり、男性にとっては仕事なのかもしれない。 このドラマでは、愛を求め、人間の真実を求めて、心のさすらいを続ける堀田家の珠子や父一郎を主軸に、さまざまな立場の人間たちの生き方が浮き彫りにされる。華麗な愛の物語と企業という厳しい現実の中でうごめく人間の葛藤が交錯して、今までにない重厚な人間ドラマが描写される。 見どころとなるモーメントは、男の女の愛、男の野望、男同士の友情、嫁と姑の確執、妻と夫との葛藤、家族という人間集団、企業のからくりなど。舞台は東京新井薬師にある堀田家、都内の三崎精糖、京都北白川の井汲家を中心に展開していく。[1]

男と女の真実の愛、嫁と姑の確執、男の野望をテーマに、現代社会に蠢く人間たちの葛藤を描く社会派ドラマ。京都の井汲家に嫁いできた珠子(香山美子)は、女手ひとつで育てられた夫(津川雅彦)の優柔不断さと姑(乙羽信子)の執拗ないじめに疲れ果てていた。だが、そんな絶望の日々の中、珠子は会社乗っ取りの野望に燃える河瀬という男に出会い恋に落ちていく…。[2]

テレビドラマでは、井汲克彦役男優による複数の女優とのラブシーン(井汲珠子、河内遼子、沖津真名子)が話題になった。

キャスト[編集]

原作[編集]

スタッフ[編集]

ネット局[編集]

MBS・毎日放送を制作局として、北海道放送青森テレビ、岩手放送(現・IBC岩手放送)、東北放送福島テレビ、東京放送(現・TBSテレビ)、新潟放送信越放送テレビ山梨北陸放送静岡放送、中部日本放送(現・CBCテレビ)、山陽放送中国放送山陰放送テレビ高知RKB毎日放送大分放送宮崎放送長崎放送熊本放送南日本放送琉球放送。 (JNN系列全国24局ネット。)

注記[編集]

  1. ^ 毎日テレビ番組広報資料(1975年)。
  2. ^ ホームドラマチャンネル広報資料(2007年)。

関連項目[編集]


毎日放送(MBS) 水曜22時台
前番組 番組名 次番組
放浪家族