船山馨

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
船山馨生誕地。札幌市中央区大通西8丁目

船山 馨(ふなやま かおる、1914年3月31日 - 1981年8月5日)は、日本の小説家

来歴[編集]

北海道札幌市生まれ[1]。実父の小林甚三郎は余市町の出身で、馨の出生当時は東北帝国大学農科大学(現・北海道大学農学部)の学生であった(後に北海道拓殖銀行などに勤務)[2]。母方の実家の意向で、馨は母方の船山姓を名乗り、実父とも生後間もなく離別した[2]。なお、馨によると甚三郎はクリスチャンで、トルストイなどの文学愛好者でもあったという[2]。養父は新聞記者・森笛川。札幌二中(現北海道札幌西高等学校)に在学中、組合教会に通った。1932年、早稲田高等学院に入学するも、1学期で退学。1934年に明治大学予科に入学し、1937年に商学部の1年のときに退学する。1937年に北海タイムス(のちに北海道新聞に統合)の社会部学芸記者となる。1939年にふたたび上京し、四社連合に勤める。1940年、寒川光太郎椎名麟三野口富士男佐々木翠らの『創作』(のち『新創作』)の同人に加わり、「私の絵本」を執筆。「私の絵本」は、『文芸』の第2回同人雑誌推薦作候補となった。同年、青年芸術派を結成、『青年芸術派叢書』の1巻として長編小説『衣裳』を書き下ろし出版する。さらには第13回、14回と2回続けて作品が芥川賞候補となるなど早くも文壇でも一目置かれる存在へとなっていく。この間、1944年に佐々木翠(本名・坂本春子)と結婚している。

戦後は文芸雑誌「序曲」の同人となり、『笛』『半獣神』『魔術師』など実存主義的傾向の強い作品を発表し、椎名・野間宏埴谷雄高らとともに第一次戦後派の一人と目されるが、1948年にヒロポン中毒となり、やがて執筆活動に支障をきたすまでの状態となり、文壇からは半ば見放された状態となる。ヒロポン依存から回復後は推理小説や時代小説を手がけるなど執筆ジャンルの幅を広げていくも、長らく汚名返上出来ずに雌伏の時を過ごす。1967年に地方紙に連載した歴史ロマン『石狩平野』がベストセラーとなり、小説新潮賞を受賞し、文壇の表舞台へも復活を果たした。その後も『お登勢』『見知らぬ橋』『蘆火野』『放浪家族』、遺作となった『茜いろの坂』まで、新聞小説を主に置きながら精力的に作品を発表し、また多くの作品がテレビドラマ・舞台化されるなど、中間小説の大家として活躍し、国民ロマンの巨匠の異名を取った。

1981年8月5日、心不全のため東京都新宿区中井の自宅で死去[3]。享年67。おしどり夫婦として知られた妻の春子も同日の夜に狭心症のため急死したことも、船山の死と共に報じられ話題となった。戒名は寂照院天真談応居士。墓は東京都中野区上高田の竜興禅寺にある。

2014年5月10日、兵庫県洲本市江国寺で、『お登勢』の題材となった庚午事変及び平運丸遭難事件の犠牲者の追悼行事が行われた[4][5]。また同年は、『お登勢』の原作者である船山の生誕100年にも当たることから、その記念行事も併せて行われた[4][5]

受賞・候補歴[編集]

  • 1940年 「私の絵本」で第2回同人雑誌推薦作候補となる
  • 1941年 「北国物語」で第14回芥川賞候補作となる
  • 1942年 「三月堂」で第15回芥川賞候補作となる
  • 1946年 「笛」「塔」で第5回野間文芸賞奨励賞を受賞する
  • 1967年 「石狩平野」で第14回小説新潮賞を受賞する
  • 1980年 「茜いろの坂」で第15回吉川英治文学賞を受賞する

著作[編集]

  • 衣裳 通文閣、1941
  • 「北国物語」豊国社、1941 のち角川文庫 
  • 「裾野」皇民社、1943
  • 「除夜の扇」皇民社、1943
  • 「稚情歌」創美社、1946
  • 「愛の孤独」共立書房、1947
  • 「笛」文化書院、1947
  • 「蘆荻」講談社、1947
  • 「風と虹の物語」世界社、1947
  • 「少女小説 白鳥は悲しからずや」偕成社、1947 
  • 「少女小説 花よ命あらば」偕成社、1948
  • 魔の時間 新太陽社、1948 
  • 喪失の季節 実業之日本社、1948 
  • 「忘却の河」高島屋出版部、1948
  • 「無韻の韻」中央公論社、1948
  • 半獣神 中央公論社、1948 
  • 「落日の手記」文潮社、1948
  • 「魔術師」文化書院、1948
  • 「贋物語」ボリゴン書房、1948
  • 「雨季」銀座出版社、1948
  • 「夜の雅歌」河出書房、1949
  • 吹雪に暮れて ポプラ社、1949 
  • 谷間の白百合 妙義出版社、1949 
  • 美しき争い 偕成社、1949 
  • わが歌に翼ありせば 偕成社、1949 
  • 人間復活 実業之日本社、1949 
  • 幸福な世界の乙女たち 妙義出版社、1950 
  • 「母の小径」ポプラ社、1953
  • 涙の十字星 ポプラ社 1953
  • 仮装行列 小説朝日社 1953
  • 風に咲く花 ポプラ社 1954
  • 虹立つ丘 偕成社 1954
  • 青春の奇蹟 明日への時間 河出新書 1956
  • 人生問答 東方社 1956
  • 「炎の氷河」講談社、1957
  • 駄々ッ子社長 和同出版社 1957
  • 悪徳 角川小説新書、1957 
  • 野望 光風社 1958 のち河出文庫 
  • 火の壁 和同出版社 1958
  • 「背徳のよろこび」和同出版社、1959
  • 「お嬢さん社長 駄々っ子社長続篇」和同出版社、1959
  • 若い傾斜 光風社、1959 
  • 黒い氷河 光風社、1960 
  • 「夜の傾斜」河出書房新社、1961 のち文庫 
  • 「その影を砕け」河出書房新社、1963
  • 「海の壁・兜町殺人事件」河出書房新社、1963 「海の壁」文庫 
  • 「落日の門」河出書房新社、1964 のち文庫 
  • 天下大変 青樹社、1964 
  • 天保秘剣録 青樹社 1964
  • 炎の氷河 青樹社 1964
  • 罠と牙 東都書房 1965
  • 石狩平野 河出書房 1967-68 のち新潮文庫、角川文庫   
  • 幕末の暗殺者 現代書房 1967 のち角川文庫 
  • 「お登勢」毎日新聞社、1969 のち角川文庫、講談社文庫  
  • 殺人旅行 広済堂出版 1969
  • 「ペテルブルグ夜話」廣済堂、1970
  • 「放浪家族」河出書房新社、1970 のち集英社文庫 
  • 「見知らぬ橋」講談社、1971 のち角川文庫、講談社文庫   
  • 「螺旋階段」双葉社、1972
  • 続お登勢 毎日新聞社、1973 のち角川文庫  
  • 「蘆火野」朝日新聞社、1973 のち角川文庫(函館市のレストラン五島軒が舞台)[6]
  • 「刺客の娘」角川書店、1974
  • 「幕末の刃影」河出書房新社、1975
  • 破獄者 角川文庫、1975 
  • 船山馨小説全集」(全12巻)河出書房新社、1975-76 
  1. 北国物語
  2. 黄昏人間
  3. 落日の門
  4. 夜の傾斜
  5. 石狩平野
  6. 続 石狩平野
  7. 放浪家族
  8. お登勢
  9. 続 お登勢 
  10. 蘆火野
  11. 見知らぬ橋 
  • 「旅の手帖」青娥書房、1976
  • 「花と濤」河出書房新社、1976 のち角川文庫 
  • 「花すすき」河出書房新社、1977
  • 「みみずく散歩」構想社、1978
  • 「風の中の翅のように」講談社、1978
  • 「茜いろの坂」新潮社、1980 のち文庫 
  • 「幕末の女たち」河出文庫、1981
  • 「幕末剣士伝」河出文庫、1981

映像化作品[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 川西政明による。ほか『日本近代文学大事典第3巻』(野口冨士男執筆)など。ただし戸籍謄本には「新潟県岩船郡館腰村出生」とある(川西著による)。
  2. ^ a b c 川西政明『孤客 船山馨の人と文学』、1982年、16-19ページ。
  3. ^ 岩井寛『作家の臨終・墓碑事典』(東京堂出版、1997年)288頁
  4. ^ a b 神戸新聞』2014年5月9日、「庚午事変や稲田家臣らの歴史伝承へ 洲本」
  5. ^ a b 毎日新聞』2014年5月11日兵庫版、「追悼式:庚午事変・平運丸遭難の犠牲者追悼 敵味方、恩しゅう超えて 123人の冥福祈る--洲本・招魂碑 /兵庫」
  6. ^ 半澤孝平 (2017年3月16日). “五島軒が築いた「食」語る 函館文化会が公開講座、若山社長が講師”. 函館新聞. https://digital.hakoshin.jp/life/culture/18329 2017年10月14日閲覧。 

関連書籍[編集]

関連項目[編集]