田辺聖子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
たなべ せいこ
田辺 聖子
誕生 1928年3月27日
日本の旗 大阪府大阪市
死没 (2019-06-06) 2019年6月6日(91歳没)
日本の旗 兵庫県神戸市
職業 小説家
言語 日本語
国籍 日本の旗 日本
教育 得業士
最終学歴 旧制樟蔭女子専門学校
活動期間 1956年 - 2018年
ジャンル 恋愛小説歴史小説随筆評伝
代表作 『感傷旅行』(1964年)
姥ざかり』(1981年)
『ひねくれ一茶』(1993年)
『道頓堀の雨に別れて以来なり――川柳作家・岸本水府とその時代』(評伝、1998年)
主な受賞歴 大阪市民文芸賞(1956年)
芥川龍之介賞(1964年)
女流文学賞(1987年)
吉川英治文学賞(1993年)
菊池寛賞(1994年)
紫綬褒章(1995年)
泉鏡花文学賞(1998年)
読売文学賞(1999年)
蓮如賞(2003年)
朝日賞(2007年)
文化勲章(2008年)
デビュー作 『花狩』(1958年)
配偶者 川野純夫
テンプレートを表示

田辺 聖子 (たなべ せいこ、1928年3月27日 - 2019年6月6日[1])は、日本の小説家

大阪府大阪市生まれ。淀之水高等女学校を経て樟蔭女子専門学校(現大阪樟蔭女子大学国文科卒。恋愛小説などを中心に活動し、第50回芥川龍之介賞など数多くの文学賞を授与されている。文化勲章受章者。

略歴[編集]

1928年3月27日大阪府大阪市に生まれる。父方は広島県福山市の出身で祖父の代から写真館を経営していた[2]。大阪市内に生まれ、大阪の風俗文化に深く親しみながら育った事は後の作風に大きく影響を与えている。因みに北摂の新興都市については風俗文化が乏しいと評している。

幼少時は古典文学に親しみ、多くの少女小説を愛読した。戦時中は愛国心にあふれた軍国少女としての時代を過ごし、戦争で死ぬことを本望としていた。1943年『少女の友』の作文欄で川端康成の選により掲載された「さら」が最初の活字作品。敗戦後ではその反動と喪失感から複雑な思いを抱く中、古典文学の世界に癒しを見出した。大阪の金物問屋に就職で勤める傍ら文芸同人の『文芸首都』『大阪文学』に参加、『花狩』がラジオドラマに採用され放送作家となった時期もある。

1956年『虹』で大阪市民文芸賞を受賞し本格的な作家活動に入り、恋愛をテーマにした小説や大阪弁を用いた一種の方言文学の制作に取り組んだ。1964年に『感傷旅行』で第50回芥川賞に選出され、若手女流作家の寵児となる。以降は人気作家として多くの執筆依頼を受ける様になるが、純文学の賞である芥川賞の受賞者としての立場を枷に感じ、後年に「直木賞の方が欲しかった」と冗談含みで語っている。1987年の第97回直木賞から2004年第132回まで直木賞の選考委員を務めた。

次第に大衆小説へと軸足を移し、より身近な設定における恋愛小説や社会風刺的なエッセイなどを精力的に執筆する。また古典文学の流れから歴史小説にも活躍の場を広げ、同じ大阪出身の歴史小説家である司馬遼太郎とも親睦を結んでいる他、自身も江戸時代の俳諧師・小林一茶の生涯を描いた『ひねくれ一茶』で吉川英治文学賞を受賞している。小松左京筒井康隆ら関西SF作家たちとの交際も長く、『おせいさんの落語』は彼らも顔負けの奔放なイマジネーションを駆使した奇想小説集であり、連作短編集『お聖どん・アドベンチャー』の題は筒井のアイディアである。1995年紫綬褒章を受章する(67歳)。2000年文化功労者

2006年、エッセイなどをもとに朝の連続テレビ小説芋たこなんきん』(NHK大阪放送局制作)が作られた。 2007年、母校大阪樟蔭女子大学小阪キャンパス図書館内に田辺聖子文学館が開館。 長年の執筆活動を称えて、2008年文化勲章を授与された。 2009年には、著作をもとにした朗読劇「田辺聖子の世界」が公開され、3月30日と31日には銀座博品館劇場にて、同年の5月9日には兵庫県立芸術文化センターにて、いずれも萬田久子主演で上演された。

2019年6月6日、総胆管結石による胆管炎のため、神戸市内の病院で死去。91歳没[1]

人物[編集]

  • 私生活では長年独身であったが、文学仲間の川野彰子への追悼文を寄せたことが縁でその夫で神戸で医師をしていた川野純夫と知り合う。1966年に後妻として川野と結婚し、2002年に死別するまで36年間連れ添った。
    • 田辺のエッセイに登場し親しまれた「カモカのおっちゃん」は、当初は完全な架空の人物という設定だったが、イラストを担当した高橋孟が川野をモデルとして描いたことから、川野という扱いになっていった[3]
  • 1976年伊丹市へ引越し、1995年には阪神・淡路大震災を経験。後に震災時の経験をまとめた著書『ナンギやけれど…わたしの震災記』を発表する。
  • 無類のスヌーピーグッズ愛好家。
  • 自身年来の宝塚歌劇ファンでもあり、自著『隼別王子の叛乱』『新源氏物語』『舞え舞え蝸牛 新・落窪物語』などの作品が宝塚で舞台化された実績もある[5]
  • 必殺シリーズ」のファンとしても有名で、劇場版パンフレットにエッセイを寄せたり、『必殺仕事人III』においてはその方向性に苦言を呈し、それを聞いたプロデューサーが番組内容を修正することがあった。

受賞など[編集]

文学賞[編集]

栄典[編集]

名誉市民[編集]

  • 2009年 伊丹市名誉市民

主な作品[編集]

小説[編集]

  • 『花狩』東都書房 1958年 のち中公文庫
  • 『感傷旅行(センチメンタル・ジャーニィ)』文藝春秋新社 1964年 のち春陽文庫、角川文庫、ポプラ文庫
  • 『私の大阪八景』文藝春秋新社 1965年 のち角川文庫、岩波現代文庫
  • 『わが敵』徳間書店 1967年
  • 『甘い関係』三一書房 1968年 のち文春文庫
  • 『鬼たちの声』文藝春秋 1968年 のち文庫
  • 『女の食卓』春陽文庫 1968年 のち講談社文庫
  • 『猫も杓子も』ポケット文春 1969年 のち文庫
  • 女の日時計』読売新聞社 1970年 のち角川文庫
  • 『ここだけの女の話』新潮社 1970年 のち文庫
  • 『浮舟寺』毎日新聞社 1971年 のち角川文庫
  • 『貞女の日記』中央公論社 1971年 のち文庫
  • 『もと夫婦』講談社 1971年 のち文庫
  • 『あかん男』読売新聞社 1971年 のち角川文庫
  • 窓を開けますか?』新潮社 1972年 のち文庫
  • 『求婚旅行』サンケイ新聞社出版局 1973年-1974年 のち文春文庫
  • 『すべってころんで』朝日新聞社 1973年 のち中公文庫
  • 『おせいさんの落語』筑摩書房 1974年 のち角川文庫、ちくま文庫
  • 『言い寄る』文藝春秋 1974年 のち文庫、講談社文庫
  • 『中年の眼にも涙』文藝春秋 1974年 のち文庫
  • 『無常ソング - 小説・冠婚葬祭』講談社 1974年 のち文庫
  • 『夜あけのさよなら』新潮社 1974年 のち文庫
  • 『花婿読本』番町書房 1974年
  • 『ほとけの心は妻ごころ』実業之日本社 1974年 のち角川文庫
  • 『うたかた』講談社 1975年 のち文庫
  • 『夕ごはんたべた?』新潮社 1975年 のち文庫
  • 『愛の風見鶏』大和出版販売 1975年 のち集英社文庫
  • 『休暇は終った』新潮社 1976年 のち文庫
  • 『朝ごはんぬき?』実業之日本社 1976年 のち新潮文庫
  • 『妾宅・本宅 - 小説・人生相談』講談社 1976年 のち文庫
  • 『私的生活』講談社、1976年 のち文庫
  • 『秋のわかれ』ポプラ社文庫 1977年 のち角川文庫
  • 隼別王子の叛乱』中央公論社 1977年 のち文庫
  • 『浜辺先生町を行く』文藝春秋 1977年 のち文庫
  • 『お聖どん・アドベンチャー』徳間書店 1977年 のち集英社文庫
  • 『鬼の女房』角川書店 1977年 のち文庫
  • 『世間知らず』講談社 1977年 のち文庫
  • 『まごつき一家』ポプラ社文庫 1977年 のち角川文庫
  • 『人間ぎらい』新潮社 1978年 のち文庫
  • 『三十すぎのぼたん雪』実業之日本社 1978年 のち新潮文庫
  • 『愛の幻滅』光文社 1978年 のち講談社文庫
  • 『中年ちゃらんぽらん』講談社 1978年 のち文庫
  • 『孤独な夜のココア』新潮社 1978年 のち文庫
  • 『愛してよろしいですか?』集英社 1979年 のち文庫
  • 『男の城』講談社 1979年 のち文庫
  • 『魚は水に女は家に』新潮社 1979年 のち角川文庫
  • 『スヌー物語 - 浜辺先生ぶーらぶら』文藝春秋 1979年 のち文庫
  • 『日毎の美女 - 新・醜女の日記』講談社 1979年 のち文庫
  • 『蝶花嬉遊図』講談社 1980年 のち文庫、ちくま文庫
  • 『オムライスはお好き?』光文社 1980年 のち集英社文庫
  • 姥ざかり』新潮社 1981年 のち文庫
  • 『おんな商売』講談社 1981年 のち文庫
  • 『しんこ細工の猿や雉』(田辺聖子長篇全集 18)文藝春秋、1981年 のち文庫(自伝小説)
  • 『お目にかかれて満足です』中央公論社 1982年 のち集英社文庫
  • 『苺をつぶしながら - 新・私的生活 -』講談社 1982年 のち文庫
  • 『風をください』集英社 1982年 のち文庫
  • 『返事はあした』集英社 1983年 のち文庫
  • 『ダンスと空想』文藝春秋 1984年 のち文庫
  • 『姥ときめき』新潮社 1984年 のち文庫
  • 『恋にあっぷあっぷ』光文社 1984年 のち集英社文庫
  • 『はじめに慈悲ありき』文藝春秋 1984 のち文庫
  • 『宮本武蔵をくどく法』講談社 1985年 のち文庫
  • ジョゼと虎と魚たち』角川書店 1985年 のち文庫
  • 『ベッドの思惑』実業之日本社 1985年 のち集英社文庫
  • 『どんぐりのリボン』講談社 1986年 のち文庫
  • 『嫌妻権』光文社 1986年 のち文庫、ちくま文庫
  • 『春情蛸の足』講談社 1987年 のち文庫、ちくま文庫
  • 『姥うかれ』新潮社 1987年 のち文庫
  • 『私本・いそっぷ物語 - おせいさんのイソップ噺』
  • 『九時まで待って』集英社 1988年 のち文庫
  • 『不機嫌な恋人』角川書店 1988年 のち文庫
  • 『ブス愚痴録』文藝春秋 1989年 のち文庫
  • 『うつつを抜かして - オトナの関係 -』文藝春秋 1989年 のち文庫
  • 『不倫は家庭の常備薬』講談社 1989年 のち文庫
  • 『結婚ぎらい』光文社 1989年 のち文庫
  • 『薔薇の雨』中央公論社 1989年 のち文庫、新潮文庫
  • 『どこ吹く風 - 男と女の新フレンド事情 -』実業之日本社 1989年 のち集英社文庫
  • 『夢のように日は過ぎて』新潮社 1990年 のち文庫
  • 『お気に入りの孤独』集英社 1991年 のち文庫
  • 『よかった、会えて ユーモア小説集』実業之日本社 1992年 のち集英社文庫
  • 『おかあさん疲れたよ』講談社 1992年 のち文庫
  • 『金魚のうろこ』集英社 1992年 のち文庫
  • 『ひねくれ一茶』講談社 1992年 のち文庫
  • 『姥勝手』新潮社 1993年 のち文庫
  • 『愛のレンタル』文藝春秋 1993年 のち文庫
  • 『週末の鬱金香(チューリップ)』中央公論社 1994年 のち文庫
  • 『夢渦巻』集英社 1994年 のち文庫
  • 『王朝懶夢譚』文藝春秋 1995年 のち文庫
  • 『ずぼら』光文社 1995年 のち文庫
  • 『薄荷草の恋』講談社 1995年 のち文庫
  • 『鏡をみてはいけません』集英社 1996年 のち文庫
  • 『お聖さんの短篇 男と女』角川書店 1997年
  • 『恋する罪びと』PHP研究所 2000年 のち文庫
  • 『小町・中町浮世をゆく』実業之日本社 2000年 のちちくま文庫
  • 『ほどらいの恋 お聖さんの短篇』角川文庫 2000年

随筆[編集]

  • 『女の目くじら』実業之日本社 1972年 のち角川文庫
  • 『女の長風呂』文藝春秋 1973年 のち文庫
  • 『言うたらなんやけど』筑摩書房 1973年 のち角川文庫
  • 『女が愛に生きるとき』講談社 1973年 のち文庫
  • 『続・女の長風呂』文藝春秋 1974年 のち文庫
  • 『イブのおくれ毛』文藝春秋 1975年 のち文庫
  • 『籠にりんご テーブルにお茶…』主婦の友社 1975年 のち角川文庫
  • 『ラーメン煮えたもご存じない』新潮社 1977年 のち文庫
  • 『ああカモカのおっちゃん』文藝春秋 1977年 のち文庫
  • 『男はころり女はごろり』青春出版社 1977年 のち文春文庫
  • 『おセイさんのほろ酔い対談』講談社 1977年 のち文庫
  • 『人物日本の女性史』(共著)集英社、1977年『炎の女たち わたしの日本女性史』集英社文庫 1984年
  • 『欲しがりません勝つまでは 私の終戦まで』ポプラ社(のびのび人生論) 1977年 のち新潮文庫、ポプラ文庫
  • 『大阪弁ちゃらんぽらん』筑摩書房 1978年 のち中公文庫
  • 『カモカのおっちゃん興味しんしん』文藝春秋 1978年-1979年 「カモカ・シリーズ」文庫
  • 『芋たこ長電話』文藝春秋 1980年 のち文庫
  • 『おせいカモカの対談集』海竜社 1981年 のち新潮文庫
  • 『女の居酒屋』文藝春秋 1981年 のち文庫
  • 『歳月切符』筑摩書房 1982年 のち集英社文庫
  • 『苦味を少々 399のアフォリズム』文化出版局 1982年 のち集英社文庫
  • 『いっしょにお茶を』角川書店 1983年 のち文庫
  • 『女の口髭』文藝春秋 1983年 のち文庫
  • 『夢の菓子をたべて - わが愛の宝塚』講談社 1983年 のち文庫
  • 『おせいさんの団子鼻』講談社 1984年 のち文庫
  • 『女の幕ノ内弁当』文藝春秋 1984年 のち文庫
  • 『大阪弁おもしろ草子』講談社現代新書 1985年
  • 『女の中年かるた』文藝春秋 1985年 のち文庫
  • 『死なないで』筑摩書房 1985年 のち文庫
  • 『川柳でんでん太鼓』講談社 1985年 のち文庫
  • 『星を撒く』角川書店 1986年 のち文庫
  • 『浪花ままごと』文藝春秋 1986年 のち文庫
  • 『ほのかに白粉の匂い - 新・女が愛に生きるとき』講談社 1986年 のち文庫
  • 『猫なで日記 私の創作ノート』集英社 1987年 のち文庫
  • 『女のとおせんぼ』文藝春秋 1987年 のち文庫
  • 『ぼちぼち草子』岩波書店 1988年 のち講談社文庫
  • 『性分でんねん』筑摩書房 1989年 のち文庫
  • 『天窓に雀のあしあと』中央公論社 1990年 のち文庫
  • 『乗り換えの多い旅』暮しの手帖社 1992年 のち集英社文庫
  • 『ほととぎすを待ちながら - 好きな本とのめぐりあい -』中央公論社 1992年 のち文庫
  • 『ウキウキした気分』大和書房 1994年 のちハルキ文庫
  • 『かるく一杯』筑摩書房 1995年 のち文庫
  • 『ベスト・オブ・女の長風呂』全3 文藝春秋 1995年
  • 『手のなかの虹 私の身辺愛玩』文化出版局 1996年
  • 『ナンギやけれど… わたしの震災記』集英社 1996年 のち文庫
  • 『楽天少女通ります 私の履歴書』日本経済新聞社 1998年 のちハルキ文庫
  • 『セピア色の映画館』文化出版局 1999年 のち集英社文庫
  • 『楽老抄 ゆめのしずく』集英社 1999年 のち文庫
  • 『iめぇ〜る』世界文化社 2002年
  • 『人生の甘美なしたたり』角川文庫 2002年
  • 『夢の櫂こぎどんぶらこ』集英社 2002年 のち文庫
  • 『女のおっさん箴言集』PHP研究所 2003年 のち文庫
  • 『人生は、だましだまし』角川書店 2003年 のち文庫
  • 『なにわの夕なぎ』朝日新聞社 2003年 のち文庫
  • 『残花亭日歴』角川書店 2004年 のち文庫
  • 『田辺写真館が見た"昭和"』文藝春秋 2005年 のち文庫
  • 『おせい&カモカの昭和愛惜』文春新書 2006年
  • 『ひよこのひとりごと 残るたのしみ』中央公論新社 2006年 のち文庫
  • 『まいにち薔薇いろ 田辺聖子A to Z』『田辺聖子全集』編集室編 集英社 2006年
  • 『楽老抄 2(あめんぼに夕立)』集英社 2007年 のち文庫
  • 『愛を謳う』集英社文庫(エッセイ集)2008年
  • 『田辺聖子の人生あまから川柳』 2008年 集英社新書
  • 『楽老抄 3(ふわふわ玉人生)』集英社 2008年 のち文庫
  • 『上機嫌な言葉366日』海竜社 2009年
  • 『楽老抄 4 (そのときはそのとき)』集英社 2009年
  • 『老いてこそ上機嫌』海竜社 2010年
  • 『一生、女の子』講談社 2011年
  • 『上機嫌の才能』海竜社 2011年
  • 『われにやさしき人多かりき わたしの文学人生』集英社 2011年

古典翻訳・翻案[編集]

  • 舞え舞え蝸牛 新・落窪物語』文藝春秋 1977年 のち文庫
  • 新源氏物語』新潮社 1978年-1979年 のち文庫
  • 『絵草紙源氏物語』岡田嘉夫絵 角川書店 1979年 のち文庫
  • 『おちくぼ姫 落窪物語』岡田嘉夫絵 平凡社名作文庫 1979年 のち角川文庫
  • 『私本・源氏物語』実業之日本社 1980年 のち文春文庫
  • 『竹取物語・伊勢物語』学習研究社・日本の古典ノベルス 1982年 のち集英社文庫
  • 『春のめざめは紫の巻 新・私本源氏』実業之日本社 1983年 のち集英社文庫
  • 『むかし・あけぼの 小説枕草子』角川書店 1983年 のち文庫
  • 『田辺聖子の小倉百人一首』岡田嘉夫絵 角川書店 1986年 のち文庫
  • 『田辺聖子の古事記』集英社・わたしの古典 1986年 のち文庫
  • 『恋のからたち垣の巻 異本源氏物語』実業之日本社 1987年 のち集英社文庫
  • 『ときがたりデカメロン』講談社文庫、1987年
  • 『霧ふかき宇治の恋 新源氏物語』新潮社1990年 のち文庫
  • 『今昔物語絵双紙』岡田嘉夫絵 角川書店 1990年 のち文庫「今昔まんだら」
  • 『源氏たまゆら』岡田嘉夫絵 講談社 1991年
  • 『うたかた絵双紙 古典まんだら』岡田嘉夫絵 文化出版局 1993年
  • とりかえばや物語』(1993年、講談社、少年少女古典文学館 8)(21世紀版 少年少女古典文学館、2009年)のち文春文庫

古典随筆[編集]

  • 『文車日記 私の古典散歩』新潮社 1974年 のち文庫
  • 『小町盛衰抄 歴史散歩私記』文藝春秋 1975年 のち文庫
  • 『古川柳おちぼひろい』講談社 1976年 のち文庫
  • 『源氏紙風船』新潮社 1981年 のち文庫
  • 『田辺聖子と読む蜻蛉日記』創元社 1988年 「蜻蛉日記をご一緒に」講談社文庫
  • 『おくのほそ道 古典の旅』講談社 1989年 のち文庫「「おくのほそ道」を旅しよう」
  • 『『源氏物語』の男たち ミスター・ゲンジの生活と意見』岩波書店 1990年 のち講談社文庫、岩波現代文庫
  • 東海道中膝栗毛 古典の旅』講談社 1990年 のち文庫
  • 『『源氏物語』男の世界』岩波書店 1991年 のち講談社文庫
  • 『花はらはら人ちりぢり 私の古典摘み草』長谷川青澄画 角川書店 1993年 のち文庫
  • 『古典の文箱』世界文化社 1999年
  • 『田辺聖子の源氏がたり』新潮社 2000年 のち文庫
  • 武玉川・とくとく清水 古川柳の世界』岩波新書 2002年
  • 『姥ざかり花の旅笠 小田宅子の「東路日記」』集英社 2001年 のち文庫
  • 『田辺聖子の古典まんだら』新潮社 2011年
  • 『続・田辺聖子の古典まんだら (一葉、晶子、芙美子)』新潮社 2013年

評伝[編集]

  • 『千すじの黒髪 - わが愛の与謝野晶子』文藝春秋 1972年 のち文庫
  • 『花衣ぬぐやまつわる…-わが愛の杉田久女』集英社 1987年 のち文庫
  • 『道頓堀の雨に別れて以来なり 川柳作家・岸本水府とその時代』中央公論社 1998年 のち文庫
  • 『ゆめはるか吉屋信子 秋灯机の上の幾山河』朝日新聞社 1999年 のち文庫
  • 『一葉の恋』世界文化社 2004年

紀行[編集]

  • 『ヨーロッパ横丁たべあるき』日本交通公社出版事業局 1979年 のち文春文庫
  • 『ほっこりぽくぽく上方さんぽ』文藝春秋 1999年 のち文庫

共編著[編集]

  • 『男の結び目』佐藤愛子共著 大和書房、1975年 のち集英社文庫
  • 『おんながつづるおんなのくらし』全7巻 中山あい子共編 筑摩書房 1979年-1980年
  • 『花源氏物語』相馬大共著 浅野喜市写真 光村推古書院 1980年
  • 『お聖千夏の往復書簡』中山千夏共著 話の特集、1980年 のち集英社文庫
  • 『ヒトみな神の主食 食の文化誌講義』石毛直道対談 朝日出版社 Lecture books 1981年
  • 『花まんだら京都』相馬大共著 浅野喜市写真 光村推古書院 1984年
  • 『古典の森へ 田辺聖子の誘う』工藤直子共著 集英社 1988年 のち文庫
  • 『乾杯!女と男 聖子・新子の幸福論』時実新子共著 PHP研究所 1997年
  • 『源氏・拾花春秋 源氏物語をいける』桑原仙溪共著 文英堂 1998年 のち文春文庫
  • 『小説一途 ふたりの「源氏物語」』瀬戸内寂聴共著 角川学芸出版 2010年

作品集[編集]

  • 『田辺聖子長篇全集』全18巻 文藝春秋 1981年-1982年
  • 『田辺聖子珠玉短篇集』全6巻 角川書店 1993年
  • 『田辺聖子全集』全24巻 集英社 2004年-2006年

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 作家の田辺聖子さん死去 91歳 文化勲章受章,朝日新聞デジタル,2019年6月10日
  2. ^ 『私の父、私の母』中央公論社、1994年、113-120頁
  3. ^ 「[時代を開いた女性たち]田辺聖子さん(2) 『おっちゃん』」読売新聞2001年10月3日朝刊17頁
  4. ^ ことば蔵 あす開館/伊丹市の新図書館朝日新聞、2012年6月30日)
  5. ^ 隼別王子の叛乱』:1978年8月月組公演;阿古健/脚本・演出、『舞え舞え蝸牛』:1979年11月花組公演;阿古健/脚本・演出、『新源氏物語』:1981年1月月組公演(初演)、1989年5月月組公演(再演);柴田侑宏/脚本・演出、2015年10月花組公演(再演);柴田侑宏/脚本・大野拓史/演出

関連項目[編集]

外部リンク[編集]