結城昌治

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

結城 昌治(ゆうき しょうじ、1927年2月5日 - 1996年1月24日)は日本小説家推理作家。本名、田村幸雄。都筑道夫の命名によるこの筆名は、本来「ゆうき・まさはる」と読ませたが、しょうじと誤読されることが多いため、そのまましょうじとなった。

まだ日本にハードボイルド小説というものが浸透していなかった時期にハードボイルドを書いたことから「ハードボイルド小説の先駆者」といわれる。生島治郎の筆名の名付親でもある。ユーモアミステリも多く、この分野においても天藤真を奮起させるなど、先覚の位置を占める。

経歴[編集]

1927年東京市品川区生まれ。1939年、戸越小学校卒業。旧制中学受験に失敗して1年浪人する。

1940年、高輪商業学校入学。1945年旧制高等学校受験に失敗。海軍特別幹部練習生を志願。高輪商業学校卒業後、1945年5月16日に武山海兵団入団。しかし身体再検査の結果、1945年5月23日に帰郷を命ぜられる。帰宅の晩に空襲で自宅が焼失したため、敗戦まで栃木県那須に疎開した。

1946年、早稲田専門学校法律科入学。1948年東京地方検察庁に事務官として就職。1948年、就職後1年足らずで肺結核となり、1949年2月7日、国立東京療養所に入院し、1951年まで療養生活を送る。その間、左右両側に胸郭成形手術を受け、左右6本ずつの肋骨を切除する。この入院期間中に知りあった福永武彦に薦められて推理小説を読み始めた。

1955年、勤めの傍らアテネフランセに通学。しばしば転職を試みて東和映画宣伝部や音楽著作権協会などを受けるもことごとく失敗。

1959年5月、から吐血し、翌月まで虎の門病院に入院。『エラリー・クイーンズ・ミステリ・マガジン』日本版の第1回短篇コンテストに応募した「寒中水泳」が入選し、7月、同誌に掲載される。日本人作家の作品が掲載されたのはこの短編が最初である。12月に処女作品集『ひげのある男たち』を早川書房から上梓。1960年1月、東京地方検察庁を退職して作家専業となり、推理小説を発表する。

1962年に早川書房の日本ミステリ・シリーズで、編集者の小泉太郎(生島治郎)の薦めにより、南ベトナムを舞台にしたスパイ小説『ゴメスの名はゴメス』を書き下し、直木賞候補となる。スパイ小説、一般ミステリの他、『死者におくる花束はない』『暗い落日』などのハードボイルド、『夜の終る時』などの警察小説、『白昼堂々』などのクライム・コメディなどを執筆する。『白昼堂々』では1966年に再度直木賞候補。日本推理作家協会設立当初は常任理事を務めた。

1970年、軍部の裏面を描いた『軍旗はためく下に』で直木賞を受賞、1972年深作欣二により映画化され高い評価を受けた。また時代小説『始末屋卯三郎暗闇草紙』、評伝『志ん生一代』などもあり、俳句も作り句集がある。

受賞歴[編集]

 ※何度かドラマ化されており、最近では2007年にTBS系で岸谷五朗主演でドラマ化されている。

著作[編集]

  • 『ひげのある男たち』早川書房、1959 のち講談社文庫、徳間文庫、創元推理文庫
  • 『長い長い眠り』光文社カッパ・ノベルス、1960 のち中公文庫、創元推理文庫
  • 『隠花植物』桃源社、1961 のち角川文庫
  • 『天上縊死』早川書房 1961
  • 『仲のいい死体』光文社カッパ・ノベルス、1961 のち角川文庫、創元推理文庫
  • 『罠の中』新潮社、1961 のち集英社文庫
  • 『まむしの家』光風社 1962
  • 『ゴメスの名はゴメス』早川書房、1962 のち角川文庫、中公文庫、光文社文庫
  • 『死者に送る花束はない』東都書房、1962 のち講談社文庫
  • 『葬式紳士』角川小説新書 1962 のち文庫
  • 『犯罪墓地』東都書房 1962
  • 『没落』桃源社 1962
  • 『死体置場は空の下』文藝春秋新社(ポケット文春)1963 のち講談社文庫
  • 『噂の女』角川小説新書 1963 のち集英社文庫
  • 『あるフィルムの背景』講談社、1963 のち角川文庫
  • 夜の終る時』中央公論社、1963 のち角川文庫、中公文庫
  • 『牝猫』アサヒ芸能出版(平和新書)1963
  • 『幻影の絆』角川小説新書 1964
  • 『美しい囮』学習研究社(ガッケン・ブックス)1964
  • 『風変りな夜』中央公論社、1964 のち文庫
  • 『夜は死の匂い』集英社(コンパクト・ブックス)1965 のち文庫
  • 『穽』光文社(カッパ・ノベルス)1965 「裏切りの明日」中公文庫
  • 『暗い落日』文藝春秋新社(ポケット文春)1965 のち角川文庫、講談社文庫、中公文庫
  • 『白昼堂々』朝日新聞社 1966 のち角川文庫、光文社文庫(1977年にNHKでドラマ化されたが、放映直前に問題が生じてお蔵入りした)
  • 『死の報酬』徳間書店、1966 のち講談社文庫
  • 結城昌治推理シリーズ』全6巻 講談社 1966-1967
  • 『公園には誰もいない』読売新聞社、1967 のち講談社文庫
  • 『夜が揺れた』東京文芸社 1968
  • 『残酷な夕日』日本文華社(文華新書)1968
  • 『夜の追跡者』講談社、1968 のち角川文庫
  • 『春の悲歌』集英社(コンパクト・ブックス)1969 のち文庫
  • 『狙った女』日本文華社(文華新書)1969
  • 『すべてを賭けて』東京文芸社 1969 「目撃者」角川文庫
  • 『炎の終り』文藝春秋(ポケット文春)1969 のち角川文庫、講談社文庫
  • 『軍旗はためく下に』中央公論社 1970 のち文庫
  • 『夜に追われて』文藝春秋 1970
  • 『童話の時代』中央公論社、1970 のち角川文庫
  • 『死んだ夜明けに』講談社 1970 のち文庫
  • 『憎悪の鎖』報知新聞社 1970
  • 不良少年』中央公論社 1971 のち文庫(1980年映画化されたが、興業収入は伸び悩んだ)
  • 『幻の殺意』角川文庫、1971
  • 『魚たちと眠れ』文藝春秋、1972 のち角川文庫、光文社文庫
  • 『影の歳月』講談社、1972 「偽名」新潮文庫
  • 『虫たちの墓』講談社、1972 のち文庫
  • 『斬に処す 甲州遊侠伝』徳間書店、1972 のち角川文庫、小学館文庫
  • 『ものぐさ太郎の恋と冒険』新潮少年文庫、1973
  • 『見知らぬ自分』朝日新聞社、1973 のち中公文庫
  • 『死者たちの夜』朝日新聞社、1973 のち角川文庫
  • 『殺意の軌跡』中央公論社、1973 のち文庫
  • 結城昌治作品集』全7巻 朝日新聞社 1973-1974
  • 『喪中につき』角川書店、1975
  • 『裏切りの明日』中公文庫、1975 のち光文社文庫(1975年TBS金曜ドラマで放送、1990年工藤栄一の監督でオリジナルビデオ化された)
  • 『赤い霧』中央公論社、1975 のち文庫
  • 『刑事』青樹社、1975(うち「ヤクザな妹」が野村芳太郎により『昭和枯れすすき』として映画化)のち集英社文庫
  • 女 青樹社、1976
  • 『始末屋卯三郎暗闇草紙』徳間書店 1976 のち文庫
  • 『志ん生一代』朝日新聞社、1977 のち文庫、中公文庫、学陽書房人物文庫
  • 『結城昌治ショート・ショート全集』六興出版 1978 「泥棒」集英社文庫
  • 『昨日の花』朝日新聞社、1978
  • 『噛む女』中央公論社、1978 のち文庫
  • 仕立屋銀次隠し台帳』講談社 1978 のち中公文庫
  • 『夜』青樹社、1978
  • 『犯罪者たちの夜(紺野弁護士シリーズ)』青樹社 1979 のち角川文庫
  • 『遠い旋律』中央公論社、1979 のち文庫
  • 『真夜中の男』実業之日本社 1979 のち講談社文庫、光文社文庫
  • 『歳月 結城昌治句集』未来工房 1979
  • 『死者と栄光への挽歌』文藝春秋 1980 のち文庫
  • 結城昌治長篇推理小説選集』全8巻、東京文芸社、1980-1981
  • 『温情判事』角川文庫、1981
  • 『犯行以後』角川文庫、1981
  • 『影の殺意』角川文庫、1981
  • 『風の報酬』角川文庫、1981
  • 『逆流 オフィス・ラブ殺人事件』角川書店 1981 のち文庫
  • 『世界でいちばん優秀なスパイ』大和書房 1982 のち集英社文庫
  • 『魔性の香り』集英社 1982 のち文庫
  • 『花ことばは沈黙』集英社 1983 のち文庫
  • 『振られた刑事』文春文庫 1983
  • 『終着駅』中央公論社 1984 のち文庫、講談社文芸文庫
  • 『ぼく、イヌじゃないよ』河出書房新社(メルヘンの森)1985
  • 『俳句つれづれ草 昭和私史ノート』朝日新聞社 1985 のち文庫
  • 『明日の風』朝日新聞社 1986
  • 『エリ子、十六歳の夏』新潮社 1988 のち文庫
  • 森の石松が殺された夜』徳間文庫 1988
  • 『怖い話と短い話』中央公論社 1988 のち文庫
  • 『俳句は下手でかまわない』朝日新聞社 1989 のち文庫
  • 『修羅の匂い』文藝春秋 1990 のち文庫
  • 『エンドレス』中央公論社 1991
  • 『余色 結城昌治句集』未来工房 1993
  • 『決着』新潮社 1993
  • 『指揮者』中公文庫、1994
  • 『出来事』中央公論社、1994 のち文庫
  • 『泥棒たちの昼休み』新潮社、1996 のち講談社文庫
  • 『死もまた愉し』講談社、1998 のち文庫