早坂暁

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Camera-photo Upload.svg 画像提供依頼:顔写真の画像提供をお願いします。2022年10月
早坂 暁
誕生 富田 祥資(とみた よしすけ)
(1929-08-11) 1929年8月11日
愛媛県温泉郡北条町(現松山市
死没 (2017-12-16) 2017年12月16日(88歳没)
東京都
職業 小説家脚本家
言語 日本語
国籍 日本の旗 日本
教育 学士
最終学歴 日本大学芸術学部演劇学科
活動期間 - 2017年
ジャンル 脚本小説随筆戯曲演出
代表作天下御免
夢千代日記
花へんろ
ダウンタウン・ヒーローズ
『華日記・昭和生け花戦国史』
『公園通りの猫たち』
『戦艦大和日記』
必殺からくり人
主な受賞歴 ギャラクシー賞
芸術祭大賞
芸術最優秀賞
向田邦子賞
モンテカルロ国際テレビ祭脚本部門最優秀賞
NHK会長賞
芸術選奨
NHK放送文化賞
放送文化基金賞個人賞
新田次郎文学賞
講談社エッセイ賞
紫綬褒章
旭日小綬章
公式サイト

公式ウェブサイト

公式Twitter
テンプレートを表示

早坂 暁(はやさか あきら、1929年8月11日 - 2017年12月16日[1])は、日本脚本家小説家

本名、富田 祥資(とみた よしすけ)。

愛媛県温泉郡北条町(現松山市)生まれ。日本大学芸術学部演劇学科卒業。

人物・略歴[編集]

遍路道の商家で生まれ育ち、幼少の頃からお遍路さんに接した。旧制松山中学校(現在の愛媛県立松山東高等学校)を経て、海軍兵学校在学中に終戦被爆直後の広島の惨状を目撃している。旧制松山高等学校(現在の愛媛大学文理学部の構成母体)卒業後、東京大学医学部に合格するも、医業に疑問を持ち入学せず[2][3]日本大学芸術学部演劇学科に進学し同校卒業。

新聞社編集長を経て、いけばな評論家として活躍。やがてドキュメンタリー制作に転じ、日本テレビで制作・放送された『ノンフィクション劇場』の多くの作品に関わる。その後テレビドラマや映画の脚本、小説を手がけ、常に庶民の目線で独自の作風を築く。ドキュメンタリーや舞台戯曲、演出も手がけ、その総数は1000本以上ともいわれる。

代表作は『天下御免』『夢千代日記』『花へんろ[4]ダウンタウン・ヒーローズ』『華日記・昭和生け花戦国史』『公園通りの猫たち』『戦艦大和日記』など。必殺シリーズでは脚本をはじめ、オープニングナレーションも多数手掛けている。『必殺からくり人』の脚本は史実と虚・世相を織り交ぜながらの巧みなストーリとなっており、既存の必殺シリーズとは一線を画した内容で評価が高い。

生家が遍路みちに面した大きな商家で、幼少より遍路に接してきたこと、また、遍路に置き去りにされ、生家が引き取って「妹」として育った少女が、広島で原爆に遭い死亡したと思われる(8月5日に広島に行ったまま行方不明)ことなどから、遍路(四国八十八カ所)や原爆に関する作品や論評、活動も多く、胎内被爆者が主人公の『夢千代日記[5]や生家をモデルにした『花へんろ』につながっている。

また、いけばな評論家時代に中川幸夫草月流勅使河原蒼風など、戦後のいけばな界の人々と関わりを持ち「いけばな協会」の設立にも関わる。この経緯から小説「華日記・昭和生け花戦国史」が生まれる。

勉誠出版から『早坂暁コレクション』を刊行。初の単行本化となる長編小説『戦艦大和日記』や主なシナリオ作品を収録する。

2017年12月16日、都内の外出先で体調を崩し搬送、運ばれた東京都内の病院で同日14時、腹部大動脈瘤破裂のため死去。88歳没[6][7]

「これだけは未来のために書き残したい」として「春子の人形」の脚本執筆を開始したが未完成だったものを冨川元文が仕上げ、その第1稿が完成した2日後に早坂は急逝し『花へんろ 特別編 「春子の人形」』が、2018年夏に放送された[8][9][10]

純文学(エッセイ)の同人誌である、随筆春秋の指導者を黎明期から務めていた。また、その随筆春秋が毎年主催する随筆春秋賞の審査員も、長年にわたって務めた。[11]

受賞・受勲[編集]

他、多数

渥美清との交流[編集]

大学時代に学生運動にかかわり公安当局からマークされ浅草に潜伏中、銭湯で渥美清と知り合い、何度もプライベート旅行に行くなど親友となった。渥美の死後発見された晩年の手帳の最後のページに「……家族で旅行に行こう。ギョウさん(早坂暁の暁を音読みしたもの)も一緒に……」と綴ってあった。

2006年に放送された「渥美清の肖像〜知られざる役者人生〜」によると、早坂は渥美が大変才能のある役者であるにもかかわらず、「寅さん」以外の役をほとんど演じられなかったことを危惧し、また渥美本人の希望もあって渥美主演の作品を数作企画・用意していた。クランクイン寸前の作品もあったが「寅さん」のイメージに縛られるなど、諸々の事情により実現しなかった。しかし、渥美には、初期のテレビドラマ「泣いてたまるか」や、「土曜ワイド劇場」の第1回作品の「田舎刑事」シリーズなどの脚本を書いており、いずれも「寅さん」ではない渥美の魅力が引き出された名作となっている。

1996年8月13日に松竹大船撮影所で開かれた「寅さんとのお別れの会」では弔辞を読んでいる。

その他[編集]

脚本の仕上がりが遅いことで有名である。しかしその脚本は完璧といわれ、たとえば吉永小百合は「『夢千代日記』のスタジオでみんなで原稿を待っていると、早坂さんの手書きの原稿がファクスで1枚ずつ送られてくるのですが、その内容は宝石のように素晴らしく輝いているのです」と話している。また、多くの制作陣が脚本の遅さに、「まいった、早坂さんにはひどいめにあった、と閉口するものの、気がつけばまた早坂さんに依頼してしまうんです。そして、芸術祭などの出品作品を見ると、その早坂さんの作品がずらっと並ぶのです」と証言している。

三谷幸喜が脚本家を目指したのは、早坂の『天下御免』・『天下堂々』に感動し、知人よりそれらの撮影台本を入手し、こういうものを書きたいと思ったのがきっかけで、いつかはああいう(『天下御免』・『天下堂々』のような)ものを書きたいと語っている。

早坂は役者の新たな一面を見つけ導き出す面にも優れており、中でも『花へんろ』で主演した桃井かおりは、この作品でそれまでのアンニュイなイメージとは全く違う慈悲深い母親役を見事に演じ、役者としての新境地を開いている。

2018.8.1NHKBS「早坂暁を探して~桃井かおりの暁さん遍路~」での桃井談によると、当時役者を辞めて八ヶ岳で生活していた桃井に、早坂から電話があり「白いごはんのような俳優になりなさい」と『花へんろ』の主役を打診されたことで本格的に復帰し、その後12年にわたって主役・静子を演じるという、役者にとってかけがえのない時間を過ごすことになる。

桃井は「誰よりも頼りにした脚本家だった。私、桃井かおりという役者の80%は早坂さんの作品でできている。暁さんは私の役者道にいつもいてくれて、必ず助けてくれる神様だった。暁さんが死んだら女優を辞めようと思っていた」と話している。 しかし、番組中で生前の早坂が「これはかおりにやらせたい」と言い残していた小説「私が殺したゴッホ」を呈示され、「いい感じに宿題残してくれる、生き延びられるようにしてくれる。まさに暁さんだ」と結んでいる。

新潮45」2001年2月号掲載の「戦艦大和日記」に『謀略〜かくして日米は戦争に突入した』の文章の一部を使用したとして、著者の橋本惠が2001年京都地裁に提訴したが、翌2002年に和解した。なお、橋本惠は早坂の親戚である。

早坂及び遺族によると、早坂には弟子はいない。シナリオは教えて書けるものではないので、弟子は取らない。というのがその理由である。単なる知人が「早坂暁の弟子」「早坂暁に師事」「薫陶を受けた」などと名乗る場合があるので気を付けるように、と生前より注意を促していた。

一部に「早坂は自宅を持たず、荷物もトランク一つという生活であった」等の報道記述があるが、これらは全くの誤りである。 都内某ホテルを仕事場としていたが、自宅も存在し、いくつかの番組で自宅が公開され多くの私物や資料も存在している。たとえ話があたかも事実のように発信されたと思われる。 1988年7月2日の徹子の部屋に出演した俳優の内藤武敏は早坂と原保美の三人でハートブレイククラブなる会を結成した旨を語っている。これは、三人がみな心筋梗塞を患っていたことに由来する。

人気作品[編集]

早坂は自身のドラマ作品の中で最も評価が高いのは『夢千代日記』だと思っていたが、アンケートによると1位が『花へんろ』、2位が『天下御免』で、3位が『夢千代日記』だと知らされたとエッセイに書いている。

作品リスト[編集]

テレビドラマ[編集]

他、多数

テレビアニメ[編集]

映画[編集]

作詞[編集]

著書[編集]

  • 『こんな男でよかったら』新樹瞳志編著 日本テレビ放送網 1973
  • 『赤サギ』日本放送出版協会 1978
  • 『事件シリーズ 海辺の家族』大和書房 1982
  • 『事件シリーズ 月の景色』大和書房 1982
  • 『事件シリーズ ドクター・ストップ』大和書房 1982
  • 『事件シリーズ わが歌は花いちもんめ』大和書房 1982
  • 『熱帯夜』大和書房 1983
  • 『夢千代日記』大和書房 1983 のち新潮文庫、新風舎文庫 のち勉誠出版
  • 『事件シリーズ 断崖の眺め 』大和書房 1984
  • 空海』大和書房 1984
  • 『新・夢千代日記』大和書房 1984 のち新潮文庫 のち勉誠出版
  • 『天国の駅 天国の駅はたった独りでしか乗れない』大和書房 1984
  • 夢千代日記・夢心中』大和書房 1985
  • ダウンタウン・ヒーローズ新潮社 1986 のち文庫 のち勉誠出版
  • 天下御免』其の1-2 大和書房 1986 のち勉誠出版
  • 『花へんろ 風の昭和日記』大和書房 1986
  • 『天下御免 完結篇』大和書房 1987 のち勉誠出版
  • 『日本ルイ十六世伝』新潮社 1987 のち文庫
  • 円空への旅』NHKドラマ制作班共著 日本放送出版協会 1988
  • 『女からの眺め』大貫哲義編著 日本テレビ放送網 1988 火曜サスペンス劇場特選ノベルズ
  • 『公園通りの猫たち』講談社 1989 のち文庫 のち勉誠出版
  • 『山頭火 何でこんなに淋しい風ふく』日本放送出版協会 1989
  • 『天下御免 番外篇』大西信行共著 大和書房 1989
  • 『華日記 昭和生け花戦国史』新潮社 1989 のち小学館文庫 のち勉誠出版
  • 『四季物語』PHP研究所 1990
  • 『びいどろで候 長崎屋夢日記』全3巻 日本放送出版協会 1990
  • 『恐ろしい時代の幕あけ ドラマと人間』岩波ブックレット 1991
  • 『東京パラダイス』新潮社 1992 のち小学館文庫 のち勉誠出版
  • 『日本の名随筆 別巻 21 巡礼』(編)作品社 1992
  • 『眠られぬ夜に 生から死への15章』佼成出版社 1992
  • 『夢の景色』文化出版局 1992
  • 『遍路国往還記』朝日新聞社 1994 のち文庫
  • 『優しい来訪者』日本放送出版協会 1994
  • 『わがこころの良寛』春秋社 1994
  • 『首人形 放哉の島』河出書房新社 1995
  • 『嫁ぐ猫 公園通りの猫たち、それから』ネスコ 1996 のち勉誠出版
  • 『夏少女・きけ、わだつみの声』春秋社 1996
  • 『よだかの星 わが子よ、賢治』河出書房新社 1996
  • 『花へんろ風信帖』新潮社 1998
  • 『テレビがやって来た!』日本放送出版協会 2000
  • 『恐ろしや源氏物語』恒文社21 2001
  • 『花へんろ 風の巻』文藝春秋 2004
  • 『へんろ曼荼羅』創風社出版 2005
  • 早坂暁コレクション勉誠出版 2006-刊行中
  • 『君は歩いて行くらん 中川幸夫狂伝』求龍堂 2010
  • 『円空の旅』佼成出版社 2012
  • 『戦艦大和日記』勉誠出版 第1~5巻刊行 第6巻未完
  • 『仰臥漫録 附・早坂暁「子規とその妹・正岡律」』正岡子規共著 幻戯書房 2017(正岡子規の日記『仰臥漫録』と早坂の長編解説の合本)
  • 『この世の景色』みずき書林 2019

演じた俳優[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 脚本家 早坂暁さんが死去 「夢千代日記」など手がける”. NHKニュース (2017年12月16日). 2017年12月16日閲覧。
  2. ^ NHK-BS2『父への旅 作家・早坂暁』1997年8月21日放送中での本人談
  3. ^ 早稲田大学 土屋礼子ゼミジャーナル 『シリーズ放送人インタビュー2011 <第10回>早坂暁氏
  4. ^ 番組エピソード 早坂暁と「NHKドラマ」 NHKアーカイブス
  5. ^ 番組エピソード ドラマ人間模様『夢千代日記』NHK名作選(動画・静止画)-NHKアーカイブス
  6. ^ 作家・脚本家の早坂暁さん死去 代表作「夢千代日記」”. 朝日新聞デジタル (2017年12月17日). 2019年12月15日閲覧。
  7. ^ 脚本家、作家の早坂暁さん死去 88歳、ドラマ「夢千代日記」 - スポーツニッポン 2017年12月16日
  8. ^ “脚本家・早坂暁さん、最後の企画をドラマ化 来年度、BSプレミアムで放送”. ORICON NEWS (oricon ME). (2017年12月26日). https://www.oricon.co.jp/news/2103101/full/ 2018年3月20日閲覧。 
  9. ^ “早坂暁さん最後の作品、『花へんろ』特別編 坂東龍汰、芦田愛菜、田中裕子が出演”. ORICON NEWS (oricon ME). (2018年3月16日). https://www.oricon.co.jp/news/2107704/full/ 2018年3月20日閲覧。 
  10. ^ “故早坂暁さんの実体験を基に 花へんろ特別編・ドラマ「春子の人形」8月4日放送”. 愛媛新聞ONLINE. (2018年7月26日). https://www.ehime-np.co.jp/article/news201807260050 2018年8月6日閲覧。 
  11. ^ https://zuishun-episode.amebaownd.com/posts/23046942 左記は、(一社)随筆春秋が運営する「随筆春秋資料室」HPの「随筆春秋の沿革」である。ここに、当該人物と随筆春秋との経緯などが記されている。
  12. ^ ドラマ 幻化 - NHK名作選(動画・静止画) NHKアーカイブス
  13. ^ 番組エピソード 文豪の世界への誘い 〜大作家の作品のドラマ化〜 -NHKアーカイブス
  14. ^ 金曜時代劇 天下御免 NHK名作選(動画・静止画) -NHKアーカイブス
  15. ^ 番組エピソード 歴史&時代小説をドラマ化!『連続時代劇特集』 -NHKアーカイブス
  16. ^ ドラマ 幾山河は越えたれど-昭和のこころ・古賀政男”. NHK. 2021年4月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年4月26日閲覧。
  17. ^ テレビドラマデータベース
  18. ^ NHKスペシャルドラマ ドラマ 失われし時を求めて-ヒロシマの夢- - NHK名作選(動画・静止画) NHKアーカイブス
  19. ^ 土曜ドラマ 刑事 NHK名作選(動画・静止画)-NHKアーカイブス
  20. ^ スペシャルドラマ『渥美清のああ、青春日記』”. BSフジ. 2020年6月20日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]