大学予科

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

日本における大学予科(だいがくよか)とは、大学令1918年公布、1919年4月1日施行)または各帝国大学官制に基づいて設置され、1955年(昭和30年)まで存在した高等教育機関である。

教育内容は現在の大学教養課程に相当する。特定の旧制大学に附属し、専門教育を行う大学本科、すなわち学部に進学する前段階としての予備教育を行う機関であった。基本的に旧制高等学校と同じ教育が行われたが、学部の設置状況に合わせて、文科・理科のどちらかのみを置くことも可能だった。官立大学公立大学の予科は3年制であったが、私立大学予科は、政府の認可基準の問題などから2年制を採る場合もあり、後期になって3年制と2年制の2部を併置する予科も多く登場した。

しかし、第二次世界大戦の激化に伴う繰上げ卒業と学徒出陣に沿って行われた修業年限の短縮と、終戦後の修業年限の復旧を経て、戦前より2年制だった予科も1年延長され、最終的に全ての大学予科は3年制に統一された。大学予科は学制改革によって、新制大学の教養部や学部、あるいは附属の新制高等学校に改組されて廃止された。3年制大学予科の入学資格は旧制高等学校(3年制)と同じく旧制中学校4年修了程度であるのに対し、2年制大学予科は旧制中学校卒業程度であった(中学卒業後、第2学年に編入可能な3年制予科もあった)。

旧制高等学校と大学予科との違い[編集]

東京帝大をはじめとする帝国大学(大学予科を持つ北海道京城台北帝大を除く)や旧六医科大学などは大学予科を持たず、予科を持たないこれらの大学へ進学するには原則として旧制高等学校を卒業しなければならなかった。旧制高等学校から私立大学や公立大学への進学も可能であったが、学制改革の混乱期を除き、敢えてそれらの大学へ進学することは極めて例外的であった。なぜなら旧制高等学校卒業者は志望する学部学科を選ばなければ帝国大学に無試験(進学は基本的に成績順)で入学できたからである。これらの理由から旧制高等学校に進学するか大学予科に進学するかによって、その後の進路選択の幅に大きな差が生じることになった。第二次高等学校令(大正七年勅令第三百八十九号)が1919年4月1日に施行されると、高等学校の大学予科は高等科(文科・理科)に改称された。

一覧[編集]

第一次高等学校令(明治27年勅令第75号)等により設置されたもの[編集]

旧制高等学校大学予科(3年制)[編集]

  • 第一・二・四・五・山口の5校では、1894年(明治27年)、前身の高等中学校本科(2年制)を改組し、大学予科(3年制)を設置した。第三高等中学校本科は廃止された。
第一高等学校大学予科(東京大学教養学部
第二高等学校大学予科(東北大学教養部)
第四高等学校大学予科(金沢大学法文学部、理学部、教養部)
第五高等学校大学予科(熊本大学法文学部、理学部)
山口高等学校大学予科(山口大学経済学部)
第三高等学校大学予科(京都大学教養部)
  • 1897年(明治30年)4月当初専門学部だけで出発した第三高等学校にも大学予科を設置
第六高等学校大学予科(岡山大学 法文学部、理学部、教養部)
  • 1900年(明治33年)4月大学予科設置
第七高等学校造士館大学予科(鹿児島大学文理学部)
  • 1901年(明治34年)大学予科設置
第八高等学校大学予科(名古屋大学教養部)
  • 1908年(明治41年)4月文部省令第14号により大学予科設置

各設置大学官制により設置されたもの[編集]

帝国大学予科(3年制)[編集]

大学名 - 学科(文科もしくは理科)(備考)
北海道帝国大学予科 - 理科(北海道大学旧教養部、恵迪寮
  • 東北帝国大学官制(明治43年勅令第447号)第十二条により設置
  • 北海道帝国大学官制(大正7年勅令第44号)第十一条により設置
京城帝国大学予科 - 文科・理科(廃止)※1924年度 - 1934年度は2年制
  • 京城帝国大学官制(大正13年勅令第103号)第四条により設置
台北帝国大学予科 - 文科・理科(廃止)
  • 台北帝国大学官制(昭和16年勅令第388号)第十六条ノ二により設置

大学令(大正7年勅令第388号)第十二条により設置されたもの[編集]

官立大学予科(3年制)[編集]

大学名 - 学科(文科もしくは理科)(備考)
東京商科大学予科 - 文科(1950年廃止)
神戸経済大学予科 - 文科(神戸大学文理学部・教養部の御影分校に改組)
旅順工科大学予科 - 理科(終戦時のソ連軍による接収を受けて廃止)
神宮皇學館大學予科 - 文科(GHQによる神道指令により廃止)
東京医科歯科大学予科 - 理科(千葉大学に包括され、同大学文理学部に改組)
  • 第二次世界大戦の終結後、1946年から1947年にかけて、連合国軍最高司令官総司令部(GHQ)は、医学歯学教育を大学教育に一本化する方針を打ち出し、旧制医学専門学校および旧制歯科医学専門学校をA級校とB級校に判別し、A級校は旧制大学に昇格させ、B級校は戦後特設高校に転換するとした。終戦後に旧制大学に昇格した医科大学(A級校)の多くは、旧制高等学校卒業者獲得が困難と判断されたため、旧大学令に基づく3年制の大学予科を設置した(例えば東京医科歯科大学予科など)。
  • 1949年、学制改革による新制切り替えにより、医学部・歯学部の入学資格は「大学2年修了者で特定の要件(科目および単位が規定された)を満たす者」となった。また、そのころ医学部・歯学部の入学資格を新制短大卒業者に変更する議論があり、方向が定まらなかったので、「大学2年修了」という条件を満たすため戦後昇格した官公私立医科大学予科の多くは1949年から「入学資格を新制高等学校卒業程度とする二年制の旧大学令に基づく教育機関で、修了者は新制大学の医学部・歯学部に入学する」という変則状態で1955年まで存続した。1955年、新制に切り替わり、医学部・歯学部進学課程となった。
  • 東京医科歯科大学予科は、1950年千葉大学に包括された。これについて千葉大学は「1950年学芸学部が文理学部と教育学部に改組」とし、東京医科歯科大学は「千葉大学では東京医歯大予科を核として文理学部が開設され、東京医歯大の医学部40名、歯学部60名の教育(進学課程)をも受け持つことになった」としている。1955年東京医科歯科大学が千葉大学文理学部に医学部と歯学部の進学課程を設置し、1958年東京医科歯科大学に進学課程(国府台分校)が設置されるまで、これを千葉大に置いた。
  • 新制神戸大学は神戸経済大学予科と姫路高等学校を包括したため、統合移転するまで教養部の教育は御影分校と姫路分校とに分かれて行われた。文理学部は御影分校にあった。また1953年まで数学科が教育学部の赤塚山校舎にあった。
  • 東京工業大学には予備部(3年制、理科のみ)が設けられ、外国人留学生向けの予備教育を行った。同大学は大学予科を持たず、主として高等工業学校卒業者が入学した。

公立大学予科(3年制)[編集]

第二次世界大戦終結前の設置
大学名 - 学科(文科もしくは理科)(備考)
大阪府立大阪医科大学予科 - 理科(1931年発展的廃止、教員は隣接地に1926年新設の大阪府立浪速高等学校へ)
京都府立医科大学予科 - 理科(1951年廃止)
愛知医科大学予科 - 理科(1933年官立移管後廃止)
県立熊本医科大学予科 - 理科(官立移管後1935年廃止)
大阪商科大学予科 - 文科(1950年廃止)
第二次世界大戦終結後の医学専門学校改組
  • 以下の全ての大学予科は理科のみを置いた。
和歌山県立医科大学予科(1951年廃止):1950年和歌山県立理科短期大学に発展改組される。
奈良県立医科大学予科(1951年廃止)
広島県立医科大学予科(1951年廃止)
兵庫県立医科大学予科(1951年廃止)
山口県立医科大学予科(1951年廃止)
横浜医科大学予科(1951年廃止)
大阪市立医科大学予科(1951年廃止)
名古屋女子医科大学予科(1951年廃止)
岐阜県立医科大学予科(1951年廃止)
県立鹿児島医科大学予科(1951年廃止)
三重県立医科大学予科(1951年廃止)
福島県立医科大学予科(1951年廃止)

私立大学予科[編集]

3年制[編集]
第二次世界大戦終結前の設置
大学名 - 学科(文科もしくは理科)(備考)
大谷大学予科 - 文科
関西大学予科 - 文科
慶應義塾大学予科 - 文科・理科
興亜工業大学予科 - 理科(現:千葉工業大学
駒澤大学予科 - 文科
戦後、代替校として駒澤大学高等学校が設立
大正大学予科 - 文科
東京慈恵会医科大学予科 - 理科(1921年度 - 1928年度は2年制)
戦後、代替校として慈恵高等学校が設立されるが、設置者の方針転換によって1954年に廃止された。
東洋大学予科 - 文科
日本医科大学予科 - 理科(1926年度 - 1933年度は2年制)
藤原工業大学予科 - 理科(1944年廃合、現:慶應義塾大学理工学部
満洲医科大学予科 - 理科(現:中国医科大学
龍谷大学予科 - 文科
立教大学予科 - 文科
立正大学予科 - 文科
第二次世界大戦終結後の設置
大学名 - 学科(文科もしくは理科)(備考)
愛知大学予科 - 文科
霞ヶ浦農科大学予科 - 理科(1949年茨城県に移管され茨城県立農科大学に改組、現:茨城大学農学部
玉川大学予科 - 文科・理科
東海大学予科 - 文科・理科
第二次世界大戦終結後の医学専門学校改組
  • 以下の全ての大学予科は理科のみを置いた。
岩手医科大学予科
順天堂医科大学予科(現:順天堂大学)
昭和医科大学予科(現:昭和大学)
東京医科大学予科
東京女子医科大学予科
東邦医科大学予科(現:東邦大学)
大阪医科大学予科
大阪女子医科大学予科(現:関西医科大学)
久留米医科大学予科(現:久留米大学)
東京歯科大学予科
日本歯科大学予科
大阪歯科大学予科
2年制[編集]
大学名 - 学科(文科もしくは理科)(備考)
國學院大學予科 - 文科(1946年度から3年制に移行)
戦後、代替校として國學院高等学校が設立
上智大学予科 - 文科(1942年度から3年制に移行)
東京農業大学予科 - 理科(1946年度から3年制に移行)
戦後、代替校として東京農業大学第一高等学校が設立
関西学院大学予科 - 文科(1946年度から3年制に移行)
東亜同文書院大学予科 - 文科(1945年廃止)
高野山大学予科 - 文科(1946年度から3年制に移行)
大阪理工科大学予科 - 理科(1946年度から3年制に移行、現:近畿大学
3年制・2年制両設[編集]
大学名 - 学科(文科もしくは理科)(備考)
専修大学予科 - 文科
第一部(3年制)・第二部(2年制)
拓殖大学予科 - 文科
第一部(2年制)・第二部(3年制) → 紅陵大学予科
戦後、代替校として紅陵高等学校(現:拓殖大学第一高等学校)が設立
中央大学予科 - 文科
第一予科(3年制)・第二予科(2年制)
同志社大学予科 - 文科
一部(3年制)・二部(2年制)
日本大学予科 - 文科・理科
第一部・世田谷・三島予科(それぞれ2年制)・第二部(3年制)
法政大学予科 - 文科
第一部(3年制)・第二部(2年制)
明治大学予科 - 文科
一種(3年制)・二種(2年制)
立命館大学予科 - 文科
第一部(3年制)・第二部(2年制)
早稲田大学附属早稲田高等学院
第一部(3年制) → 第一早稲田高等学院 - 文科・理科
第二部(2年制) → 第二早稲田高等学院 - 文科(1942年度から3年制に移行)
戦後、代替校として早稲田大学高等学院が設立

注釈[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]