村井國夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
村井国夫から転送)
移動先: 案内検索
むらい くにお
村井 國夫
別名義 村井 国夫
生年月日 (1944-09-20) 1944年9月20日(73歳)
出生地 日本の旗 日本天津市生まれ・佐賀県佐賀市育ち)
身長 176cm
血液型 A型
職業 俳優声優
活動期間 1966年 -
配偶者 音無美紀子
事務所 キューブ
主な作品
テレビドラマ
真田太平記
浅見光彦シリーズ』<TBS版>
受賞
第47回文化庁芸術祭賞
第32回菊田一夫演劇賞
第19回読売演劇大賞優秀男優賞

村井 國夫(むらい くにお、1944年9月20日[1][2] - )は、日本俳優[3]声優[4]。生まれは中国天津市[2]佐賀県佐賀市出身[1][2]。身長176cm、血液型はA型[1]。所属事務所はキューブ[1]。それまでの村井国夫から村井國夫に改名(表記を旧字体に変更)した。

来歴・経歴[編集]

佐賀高等学校(現・佐賀県立佐賀西高等学校)卒業[2]。俳優座養成所第15期生出身(同期生は地井武男夏八木勲前田吟林隆三小野武彦竜崎勝など)[2]

声優としては、特にハリソン・フォード吹き替えの担当が多く、ほぼ持ち役となっている(定番のインディアナ・ジョーンズ役をはじめ、アトラクションの声も担当)。2000年代以降を境に長らくフォードを担当する機会は少なくなっていたものの、2015年の『エクスペンダブルズ3 ワールドミッション』では、スタローンらスターたちの吹き替えがフィックス声優陣でキャスティングされた中で、村井もハリソン・フォードの声を約10年ぶりに担当した[5]

受賞歴[編集]

人物[編集]

私生活では1度結婚・離婚を経て、現在の妻は地井の紹介で知り合った女優の音無美紀子[2]。村井と音無の間には男女1人ずつ子がある[2]。娘の村井麻友美も女優として活動しており[2]、息子の村井健太郎も俳優として活動を始めている[9]

芸能界有数の艶福家としても知られ、若かりし頃から週刊誌にたびたび不倫疑惑が報じられている[10]。2008年には短期間で2度記事になっている(この時は2度とも「役者としての悩みを相談していた」「自分でまいた種なんだが、本当にまずいんだよ」と狼狽しながら否定)[10]。現夫人の音無と交際を始めたとき、村井は既婚者であり、そのことを知った地井武男(音無の幼馴染であり、村井たっての要望で2人を引き合わせた)は「あれほど彼女には手を出すなと釘を刺したのに」と激怒し、一時絶縁状態に陥った。なお、音無は交際途中まで村井が既婚者であることを知らなかったという[11][12]

出演作品(俳優)[編集]

テレビドラマ[編集]

映画[編集]

舞台[編集]

ラジオ[編集]

  • アメリカン・サウンド・シーン(1981年6月2日 - 1983年5月31日、FM東京
  • CDエクスプレス(1985年9月2日 - 1987年3月25日、FM東京)
  • 地井武男音楽旅行(2012年3月25日 - 4月29日、文化放送) - 地井の代役を担当

バラエティ[編集]

紀行番組[編集]

  • 朝だ!生です旅サラダ(2000年8月19日、ABCテレビ)
  • 村井国夫・音無美紀子 発見!健康フランス旅(2003年11月22日、テレビ朝日)
  • 土曜スペシャル 冬の日本列島 ローカル線で行くふれあい縦断旅(2006年12月、テレビ東京)
  • 旅の香り(テレビ朝日) - 家族で出演
  • いい旅・夢気分(テレビ東京)
  • 両親に贈りたい旅 (BS朝日) - 音無美紀子との二人旅
    • ハノイからホーチミンへ ベトナム縦断!絶景いやし紀行(2015年9月27日・2016年1月1日・2016年1月24日)※長女の村井麻友美がナレーションを担当する、新バージョン
    • オーストラリアの世界遺産と大人気観光スポットを巡る(2016年4月24日)※村井麻友美がナレーションを担当
  • 夫婦再旅スペシャル2組のおしどり夫婦が行く京都・白川郷 悠久の歴史を巡る再旅!(2017年1月12日、BS日テレ) - 音無美紀子との二人旅

CM[編集]

出演作品(声優)[編集]

吹き替え[編集]

俳優[編集]

ハリソン・フォード
ジェラール・ドパルデュー
  • 巌窟王〜モンテ・クリスト伯(1998年) - エドモン・ダンテス/モンテクリスト伯 役※NHK版 DVD収録
  • バルザック〜情熱の生涯
  • レ・ミゼラブル - ジャン・バルジャン 役
  • ナポレオン - ナポレオン・ボナパルト 役

洋画[編集]

海外ドラマ[編集]

海外アニメ[編集]

劇場アニメ[編集]

ゲーム[編集]

ナレーション[編集]

  • イタリアは歌う オペラの旅(2004年7月22日、BS-i
  • 希望の都 パルマ物語(2003年11月3日、日本テレビ)
  • 穂高よ永遠なれ〜北穂高小屋物語〜(2003年4月29日、TBS)
  • 人間ドキュメント「ともに詠みともに生きて」〜 青森・めおと歌人の60年〜(1999年9月15日、NHK総合)朗読:村井国夫・音無美紀子
  • エジプト、ピラミッドの真実
  • ツタンカーメン 隠された真実

ラジオドラマ[編集]

アトラクション[編集]

その他[編集]

著書[編集]

  • 妻の乳房 -「乳がん」と歩いた二人の十六年(・2004年5月・光文社ISBN 433497449X ※妻・音無美紀子との共著

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d 村井國夫”. キューブ. 2017年5月15日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g h 村井国夫 - 略歴・フィルモグラフィー”. KINENOTE. キネマ旬報社. 2017年5月15日閲覧。
  3. ^ 村井國夫”. 日本タレント名鑑. VIPタイムズ社. 2017年5月15日閲覧。
  4. ^ 『日本音声製作者名鑑2007』 小学館2007年3月25日、106頁。ISBN 978-4-09-526302-1
  5. ^ “ささきいさお、「このメンバーの吹替え版は貴重!」 『エクスペ3』“最強”日本語吹替え版お披露目”. シネマカフェ (イード). (2015年3月5日). http://www.cinemacafe.net/article/2015/03/05/29846.html 2017年5月15日閲覧。 
  6. ^ 昭和61年度(第41回)~平成7年度(第50回) (PDF)”. 文化庁芸術祭賞受賞一覧. 文化庁. 2017年5月15日閲覧。
  7. ^ 第32回(2006年度)”. 菊田一夫演劇賞. 映画演劇文化協会. 2017年5月15日閲覧。
  8. ^ 読売演劇大賞 第19回(2012年)受賞結果”. 読売演劇大賞. 読売新聞社. 2017年5月15日閲覧。
  9. ^ 婦人公論 2008年3月22日号 42-45頁
  10. ^ a b 女性自身 2008年9月16日発売2369号 村井国夫記事
  11. ^ 週刊現代 2015年7月11日号 156-159頁
  12. ^ 週刊朝日 2015年4月17日号 222- 225頁
  13. ^ “中井貴一、刺青姿披露!ユースケ・サンタマリア&ピエール瀧と悪に染まる「きんぴか」”. シネマカフェ (株式会社イード). (2015年11月28日). http://www.cinemacafe.net/article/2015/11/28/36026.html 2015年11月30日閲覧。 
  14. ^ 映画「東京喰種」あんていくに集った喰種に村井國夫、浜野謙太、佐々木希ら”. コミックナタリー. 株式会社ナターシャ (2017年5月9日). 2017年5月9日閲覧。
  15. ^ TOYOTA CROWN CM COLLECTION 1963-2010 (ライナーノーツ). エイベックス・マーケティング. (1981年) [DVD 2011年]. AQB1-50612/B. 
  16. ^ エアフォース・ワン”. 日曜洋画劇場. 2016年9月6日閲覧。
  17. ^ 「エクスペンダブルズ3 ワールドミッション」、『DVD&ブルーレイでーた』2015年3月号、KADOKAWA2015年2月20日、 40-41頁。
  18. ^ 『美女と野獣』「プレミアム吹替版」キャスト総勢11名発表!主役のベル&野獣役は、昆夏美さん、山崎育三郎さんに決定!”. Disney.JP (2017年1月31日). 2017年2月3日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2017年2月1日閲覧。
  19. ^ 瀧本美織が悪の手先となったネロに!『天才バカヴォン』豪華声優陣が発表”. シネマトゥデイ (2015年4月3日). 2015年4月3日閲覧。

外部リンク[編集]