この子の七つのお祝いに

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
この子の七つのお祝いに
監督 増村保造
脚本 松木ひろし
増村保造
原作 斎藤澪
製作 角川春樹
出演者 岩下志麻
岸田今日子
根津甚八
杉浦直樹
撮影 小林節雄
編集 中静達治
製作会社 松竹
角川春樹事務所
配給 松竹
公開 日本の旗 1982年10月9日
上映時間 111分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

この子の七つのお祝いに』(このこのななつのおいわいに)は、1982年10月9日公開の日本映画で、原作は斎藤澪。第一回横溝正史ミステリ大賞を受賞した同名小説の映画化作品である。

あらすじ[ソースを編集]

昭和25年頃、東京都大森の古い木造アパートで真弓と娘の麻矢が2人きりで住んでいた。真弓は麻矢に「お父さんは私達を捨てた悪い人。恨みなさい、憎みなさい。大きくなったら必ず仕返しをしなさい。絶対に許しては駄目。」と毎日毎晩教え込み、虐待していた。そして麻矢が7歳の正月、真弓は彼女に晴れ着を着させて手首と頚動脈を切って自殺した。

それから約35年後[1]、ある日の夜に東京の住宅街で池畑良子が残忍な手口で殺された。初め警察は、殺害方法や被害者の派手な男性関係から、犯人は男とみられたが、その後、現場に残されていたケーキから、そのケーキを売っていた店に聞き込みをしたところ、死亡推定時刻直前にサングラスをかけた女がケーキを買っていたことがわかり、犯人は女と断定された。

一方、元新聞記者のフリーライター・母田耕一は池畑良子から秦一毅や妻・「青蛾」麗子についての秘密を教えてもらう約束をしていたが、その前に殺害されたので秦と青蛾が事件に関係していると睨んで調べ始める。そして、母田は調べを進めては自身が新聞記者だった頃の後輩・須藤洋史の行きつけのバーで須藤と事件について情報交換をした。その後、母田は秦の過去を調べていく内、その秘密が会津にあることを突き止めて会津に向かうものの帰京してすぐに殺されてしまう。警察は手首を切っての自殺だと断定するが、須藤は取材ノートから会津の件が消えていることで他殺だと気づく。また母田は須藤がまだ駆け出しの頃、取材の"いろは"を教えてくれた恩人だったため、危険を覚悟の上で母田の遺志を継いで事件の捜査を始め、会津で犯人に関する事実を知った矢先に青蛾惨殺の報を受ける。

その頃、漸く父・高橋佳哉を見つけ出した麻矢は復讐すべく子供の頃に住んでいた木造アパートに呼び出し、同行した須藤の前で高橋が父親であり母と自身を捨てたのだと語る。実は、母田は事件の真相を会津で知るが、愛するがゆえにゆき子に敢えて殺されたのだった。しかし、そこで麻矢にとって思いがけない事実を知り愕然となる。真弓と高橋との間に生まれた娘・麻矢は生まれてふた月と経たない頃、ネズミに顔中を齧られ喉を喰いちぎられて死亡しており、ショックのあまり精神を病んだ真弓は日に日に異常な言動が目立つようになり身の危険すら感じた高橋が生き別れの妻・みやこと再会したのを機に彼女の元に去り、正常な思考や判断が完全に出来ない狂人と化した真弓は2人の間に生を受けた娘・きえを盗み出して復讐の道具に仕立て上げたのだった。それこそが麻矢として育った彼女だった。最初は高橋の話を否定するゆき子だったが、調査の過程で「本当の麻矢」が死亡していたことを知った須藤にアルバムと犯行現場の彼女の手型を鑑定するよう勧められ、自身が「麻矢」ではないことを悟ったゆき子は事実に耐え切れずに精神が崩壊してしまう。

キャスト[ソースを編集]

主なキャスト[ソースを編集]

倉田ゆき子
演 - 岩下志麻
バー「往来(ゆき)」のママ。一連の事件の犯人。亡き母・真弓に父親に復讐するよう吹き込まれ実行していた。しかし、実は真弓の元を去った高橋と再会した妻との間に生を受けるも、真弓に誘拐されたという思いも寄らない秘密があった。
須藤洋史
演 - 根津甚八
新聞記者。母田の死に疑問を抱き、彼の足取りを追って真相に辿り着く。母田をジャーナリストとして尊敬している。途中から柏原の雑誌社で記者として働き始める。ゆき子に惚れていて店によく通っているが、素っ気ない態度に嘆いている。
母田耕一(おもだこういち)
演 - 杉浦直樹
須藤の先輩で、政財界の闇を暴こうとするルポライター。政界を操る謎の占い師・青蛾と池畑殺しの取材活動に須藤を誘う。数年前から発作的に体中の関節に激しい痛みが起こるという持病に悩まされる。謎の殺人事件を追うが、会津から戻った直後に殺される。
真弓
演 - 岸田今日子
麻矢の母。自身と幼い麻矢を捨てた夫に激しい憎悪の念を抱く。毎晩麻矢に夫への憎しみを語り、大人になったら探しだして復讐するように言い聞かせる。暗く陰気な性格の女性。病弱で晩年はほぼ床に伏した生活を送り、麻矢が7つになった正月に自殺する。
青蛾(せいが)
演 - 辺見マリ
秦一毅の内縁の妻で占い師。古屋源七の大勢いた妾の子。麻矢(きえ)の友人であるため、彼女の生い立ちと父親に対する恨みを理解して父親捜しを協力していた。しかし、それでも復讐を思い留まらせようと説得して心は届かずに殺されてしまう。
秦一毅(はたいっき)
演 - 村井国夫
次期総裁候補、礒崎大蔵大臣の秘書。秘書であるが青蛾の占いの力を借りて、裏で磯崎を操っている存在。作中では青蛾と数人のお手伝いやペットの犬と豪邸で暮らす。元々はキャリア官僚で、大物政治家の娘と結婚して出世を目論んでいたが結婚に失敗している。
高橋佳哉
演 - 芦田伸介
ホテル王。終戦直後、偽名「高橋道夫」を名乗り真弓と偽装夫婦になるも娘・麻矢を設けて幸福だった。しかし、ふた月と経たずに娘を失い夫婦生活は破綻してしまう。生き別れの妻・みやことやり直そうとするが、2人目の娘・きえを真弓に誘拐されてしまう。1年後に悲しみのあまり妻は他界してしまう。

その他のキャスト[ソースを編集]

池畑良子
演 - 畑中葉子
秦一毅の屋敷の元家政婦。青蛾が探している男の手形を盗んで、母田から高い取材費をせしめようとする。手形占いの裏事情をばらそうとしたため、麻矢に殺される。
渋沢刑事
演 - 室田日出男
池畑殺しの事件を捜査する刑事。池畑事件の現場の洋服ダンスについた手形などから、犯人は女だと推理する。
阿久津刑事
演 - 小林稔侍
渋沢の部下で共に事件を追う。生前池畑は、複数の男たちと体の関係を持ち、殺された動機は痴情のもつれと推理する。
柏原
演 - 神山繁
母田が勤める月刊雑誌社の編集長。池畑殺しの取材を続ける母田に、深入りしすぎて殺されるなと釘を刺す。
古屋源七
演 - 名古屋章
青蛾(麗子)の実父。バー「ヌーボー」のオーナー。昔自身に複数の妾がいたことは棚に上げて、麗子について「ホステスだった母親に似て尻の軽い女」などと評する。
結城昌代
演 - 中原ひとみ
会津で漆工房を営む女性。嘗て真弓と同じ木造アパートで生活していたことがあり、遺された麻矢を引き取って育てた。父親への復讐を願う麻矢の身を案じる。
飯島
演 - 戸浦六宏
食品会社の社長。過去に一毅が一時大蔵省の職員の仕事を離れた後にこの会社で重役として勤めていた。取材に訪れた母田に当時の一毅の人となりを話す。
生松(おいまつ)
演 - 坂上二郎
高橋の過去を知る人物。高橋が真弓と麻矢を捨てた最低の男だと思い込んでいた須藤に、本当の麻矢はネズミに殺されたことを教えて思い込みによる誤解を解いた人物。

関連商品[ソースを編集]

  • VHS
    • 発売日:1985年6月21日
    • 時間:111分
    • 発売元:松竹
  • DVD
    • 発売日:2011年11月23日
    • 時間:111分
    • 発売元:SHOCHIKU Co.,Ltd.
    • 『あの頃映画 松竹DVDコレクション』の第1弾としてDVD化
  • Blu-ray
    • 発売日:2015年8月5日
    • 時間:111分
    • 発売元:松竹
    • 『あの頃映画 the BEST 松竹ブルーレイ・コレクション』としてBlu-ray化

スタッフ[ソースを編集]

関連項目[ソースを編集]

脚注[ソースを編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 劇中、東北新幹線の上野-大宮間がまだ開業前であることから昭和57年-昭和60年と推定される。

関連項目[ソースを編集]

外部リンク[ソースを編集]