好色一代男

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

好色一代男』(こうしょくいちだいおとこ)は、江戸時代前期の文芸作品。井原西鶴の処女作であり、浮世草子の嚆矢とされる。1682年天和2年)、大坂の荒砥屋可心から大本8巻8冊で刊行された[1]

概要[編集]

享楽的な上方の大町人に生まれた浮世之介、略して世之介が、7歳にして恋を知り、幾多の恋愛経験を経て、浮世の好色を尽くしたと、60歳におよんで女護ヶ島に舟出するまでの54年間の生涯を描いた一代記で、『源氏物語』や『色道大鏡』の構成および主人公の設定に影響を受けている。当時、仏教思想や儒教道徳から罪悪視されていた愛欲を、町人らしい生きた思想や感情で肯定的に描いた画期的作品と位置づけられる[2]中嶋隆は、『好色一代男』が随所で古典をパロディ化している点に注目し、「主人公・世之介の好色遍歴は、俗世界を活動舞台にしていても、好色世界(俗)に堂上世界(雅)が重ね合わされて、そこに俳諧的笑いが生じる」と述べ、本作品を俳文と位置づけている[3]

構成[編集]

世之介の7歳から60歳に至る54年間を、1年1章ずつの形で表した計54章で成立する。版下は水田西吟、挿絵は西鶴筆とされる。各巻7章(8巻のみ5章)、各章本文2丁半、挿絵半丁という整った形式を持っている[1]

あらすじ[編集]

あらすじは『新版近世文学研究事典』に拠る[1]

巻1

裕福な町人と高名な遊女の間に生まれた世之介は、7歳で侍女に戯れかけ、8歳で年上の従姉に恋文を送り、9歳には女の行水をのぞき見し、10歳で美少年を口説く。11歳で伏見の遊里で見出した浪人の娘を親元へ帰し、12歳で風呂屋の湯女、13歳で茶屋女と契る。

巻2

14歳で仁王堂の飛子と戯れ、15歳で京都の後家と契り、子どもができると逃げる。(この子どもが『諸艶大鑑』の世伝となる。)16歳で人妻に恋慕して手傷を負い、17歳で木辻の遊里に遊ぶ。18歳、若狭・若松に馴染み、うどん屋を開くが落魄。19歳、色好みを理由に勘当されて出家するが、長続きせず、20歳で大坂に戻って裏長屋の娘と結婚する。

巻3

21歳で謡うたいとなって富豪楽阿弥に拾われ、22歳で九州に下り、23歳で大坂の蓮葉女にうつつを抜かす。24歳で大原の女と契り、25歳で佐渡に向かう途中の寺泊の遊女に戯れる。26歳で坂田へ出て、27歳で塩竃へ行き、舞姫を口説くが、その夫に片小鬢を剃られる。

巻4

28歳、信州追分で咎められて入牢。隣の牢の女と恋仲となる。29歳、女を連れて逃げる途中、女の親族と争って失神。女は死亡。30歳、かつての念友の家に泊まるが、女達の怨念に苦しめられる。31歳で奥女中の慰み相手となり、32歳で京都に上って色遊びを楽しみ、33歳で島原に行くが太鼓女郎にまで振られる。34歳、泉州佐野で船遊びの途中で遭難。父の死によって大々尽となる。

巻5

35歳、吉野太夫を妻とする。36歳で大津芝居を見学し、37歳で室津の遊女に心惹かれ、38歳で滝井山三郎と僧侶との恋を取り持ち、39歳で堺袋町、40歳で安芸宮島の遊里を見学。41歳、旧友と楽しみのない一夜を過ごす。

巻6

42歳、三笠と馴染む。43歳、夕霧と忍ぶ。44歳、藤波の一途な思いを知る。45歳には遊女の裏面を知り、46歳には初音の座配に感心し、47歳には吉田にやり込められる。48歳、2人の男を鮮やかにもてなす野秋に感心する。

巻7

49歳、高橋を愛し、50歳には京都中の末社を集めて豪遊。51歳、料簡の悪い遊女を懲らしめ、52歳で高尾太夫と忍び、53歳で和州と親しくなり、54歳で吾妻と契る。55歳の菊の節句には新町・島原と遊ぶ。

巻8

56歳、岩清水への厄神参りの夜宮に趣向を凝らし、57歳、小柴に逢う仕立物屋十蔵に同道、58歳で新町から島原へ移った吉崎の水揚を引受け、59歳には丸山で豪遊。60歳、ついに女護ヶ島へ船出する。

外国語訳[編集]

  • 1959年にRichard Laneが論文Saikaku and Boccaccio の中に断片訳を掲載[4]
  • 1964年にKengi Hamada がThe life of an amorous manのタイトルでTuttleより刊(全訳ではない)[4]

映画[編集]

好色一代男
監督 増村保造
脚本 白坂依志夫
原案 鈴木炤成
原作 井原西鶴
製作 永田雅一
出演者 市川雷蔵
若尾文子
中村玉緒
音楽 塚原哲夫
撮影 村井博
編集 菅沼完二
製作会社 大映株式会社
配給 大映
公開 日本の旗 1961年3月21日
上映時間 92分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

本作品から翻案した映画『好色一代男』がある。昭和36年3月21日公開。製作は大映東京。カラー。

製作[編集]

出演[編集]

関連作品[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c 岡本勝・雲英末雄編 『新版近世文学研究事典』 おうふう、2006年6月、42-45頁。 
  2. ^ 大久保忠国・興津要・小池正胤編 『西鶴作品編』 おうふう、1969年4月、17頁。 
  3. ^ 中嶋隆編 『21世紀日本文学ガイドブック4 井原西鶴』 ひつじ書房、2012年5月、2-45頁。 
  4. ^ a b 井原西鶴作品の外国語訳について天野敬太郎、関西大学国文学会、国文学, 第41号, 1967.03
  5. ^ “少年社中「贋作・好色一代男」がマンガ化、矢崎広&毛利亘宏のインタビューも”. ステージナタリー. (2016年9月27日). http://natalie.mu/stage/news/203301 2016年9月29日閲覧。 

外部リンク[編集]