斎藤洋介

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
斉藤洋介から転送)
ナビゲーションに移動 検索に移動
さいとう ようすけ
斎藤 洋介
本名 斉藤 洋介
生年月日 (1951-07-11) 1951年7月11日
没年月日 (2020-09-19) 2020年9月19日(69歳没)
出生地 日本の旗 日本愛知県名古屋市
死没地 日本の旗 日本東京都
身長 170cm
血液型 A型
職業 俳優
ジャンル テレビドラマ映画
活動期間 1976年 - 2020年
活動内容 1979年:『男たちの旅路
1980年:『1年B組新八先生
1994年:『人間・失格〜たとえばぼくが死んだら
1994年:『家なき子
1998年:『聖者の行進
配偶者 既婚
著名な家族 斉藤悠(次男)
事務所 アクトレインクラブ
主な作品
テレビドラマ
男たちの旅路
1年B組新八先生
2年B組仙八先生
人間・失格〜たとえばぼくが死んだら
聖者の行進
女検事・霞夕子』<鷲尾いさ子版>

映画
ヒポクラテスたち
家なき子

バラエティー番組
SMAP×SMAP
テンプレートを表示

斎藤 洋介(さいとう ようすけ、1951年昭和26年〉7月11日 - 2020年令和2年〉9月19日[1]) は、日本俳優才賀京子事務所を経てアクトレインクラブ所属。

愛知県名古屋市出身。名古屋学院高等学校(現名古屋高等学校)、明治大学卒業。息子は斉藤悠。また、孫もいる。左利きである。

来歴・人物[編集]

面長が特徴で、しばしば「モアイ[2]」と評される。小学生時代のあだ名は「台湾バナナ[3]」。高校時代は応援部に、明治大学時代は落語研究会にそれぞれ所属。大学の落語研究会で三宅裕司と出会う。卒業後、劇団SETを立ち上げて名付け親となるが、1979年頃に退団する。

テレビドラマ初出演は『男たちの旅路』第4部の「車輪の一歩」(1979年)。身体障害者というテーマを真正面から扱ったことで評価が高く、たびたび再放送されている[4]。このドラマでは車椅子の青年役を演じ、初出演ながら「ポルノ映画を見るために周囲の人に介助してもらう」「両親に『トルコ風呂に行きたい』と告白する」など難しい役どころながら重厚な演技を見せ、古尾谷雅人らとともに注目を集める。これ以降はドラマの重要な脇役として活躍し、善人から悪人までさまざまなキャラクターを演じる。

初レギュラーは『1年B組新八先生』の美術教師・田中洋介役。生徒と敵対するが徐々に打ち解けていく新任教師を好演し、広く知られることとなる(翌年の『2年B組仙八先生』でも同役で出演)。

1994年、『人間・失格〜たとえばぼくが死んだら』と『家なき子』に出演し、それぞれ迫真のいじめ役で注目される(それ以前には1989年の東芝日曜劇場『教室』でも生徒をいじめる担任教師役を演じていた)。その一方、『聖者の行進』では人の良い心優しい人物を演じ、いじめ役とは逆の役柄を演じきった。悪役を演じることが増えても、私生活では家族想いな父親であり、暴力を振るったり虐待したりするシーンになると、「こういうことは絶対にやってはいけない」と自らの演技を通して教育し続けていた。

バラエティ番組『SMAP×SMAP』には初期の頃から準レギュラー出演しており、コントや企画物でたびたび出演した。

2011年4月から2014年3月までは、NHKの小中学生向けバラエティ番組『大天才てれびくん』内で放送されていたドラマに 大天才てれびくんの舞台となった テレビ局の会長役として出演。司会を務める出川哲朗鈴木あきえや、当時てれび戦士として出演していた鎮西寿々歌岡田結実らとも共演している。また、ドラマ内では研究所主任担当のふかわりょうが提案した企画[5]を必ず却下するのがお決まりであった。

映画『ヒポクラテスたち』で共演した古尾谷や内藤剛志とは親交が深く、特に2003年3月に古尾谷が自殺した際の葬儀・通夜・告別式では号泣した。

2020年7月に咽頭がんが見つかり、切除手術を経て放射線治療を受けるなど闘病生活に入っていたが、同年9月19日、都内の自宅で夕食後に体調不良を訴え、緊急搬送中に心肺停止となり、69歳で死去[6][7][8]

出演[編集]

テレビドラマ[編集]

NHK[編集]

日本テレビ[編集]

TBS[編集]

フジテレビ[編集]

テレビ朝日[編集]

テレビ東京[編集]

WOWOW[編集]

その他[編集]

映画[編集]

Vシネマ[編集]

  • 赤塚不二夫のビデオ・ナンバーワン「こんなのはじめて 帰ってきたかぐや姫」(1983年)
  • ナンチャッテブル (1984年)
  • 2人のマジカル・ナイト(1991年)
  • ビジネスマン必勝講座 ヤクザに学ぶ交渉術(2007年)第3話「捨て身で飛び込め!」 - R組 R組長
  • 大阪やくざ戦争 誤爆の代償(2007年) - 山賀組系坂戸組幹部 フルイチ
  • 喧嘩の極意1 - 6(2008年 - 2010年)全6作 - 極東工業高校(キワコウ)校長
  • DRAGON BLACK(2015年)

舞台[編集]

バラエティ[編集]

他多数

CM[編集]

出典[編集]

  1. ^ “名脇役の斎藤洋介さんが死去 69歳、人知れずがんで闘病”. sanspo. (2020年9月20日). https://news.yahoo.co.jp/articles/f3b51990c012e65269fac3938c78c4a75bfe03e9 2020年9月20日閲覧。 
  2. ^ チリ、初の観光親善大使に斉藤洋介さん、加賀美セイラさんを任命 トラベルビジョン 2013年9月11日
  3. ^ 「有吉反省会」2015年3月22日(日)放送内容 | テレビ紹介情報 価格.com
  4. ^ 野町かずみ (2017年7月26日). “「人に迷惑かけていい」40年前のドラマにいま、共感”. NHK NEWS WEB. NHK. 2017年7月16日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2018年4月20日閲覧。
  5. ^ 一例を挙げると、着ると脱げなくなる熊の着ぐるみ・ボールペン型落とし穴(ボールペンをノックすると床に穴が開いて人が落下する)・刺された人が出川哲朗に変身する蚊(これにより、鎮西寿々歌を含む多くのてれび戦士やテレビ局スタッフの顔が出川になっており、また斉藤と鈴木あきえは、声のみ出川に変わった)がある。
  6. ^ “名脇役の斎藤洋介さんが死去 69歳、人知れずがんで闘病”. SANSPO.COM (産業経済新聞社). (2020年9月20日). https://www.sanspo.com/geino/news/20200920/geo20092003000004-n1.html 2020年9月20日閲覧。 
  7. ^ “斎藤洋介さん死去 亡くなる前日には来年の仕事の話もしていた”. デイリースポーツ (神戸新聞社). (2020年9月20日). https://www.daily.co.jp/gossip/2020/09/20/0013712363.shtml 2020年9月20日閲覧。 
  8. ^ 斎藤洋介さん急逝 体調急変、救急搬送も 所属事務所「急なことで、実感わかない」 - Sponichi Annex 2020年9月20日
  9. ^ ベトナムの風に吹かれて;作品情報 - 映画.com”. 映画.com. 2015年7月9日閲覧。

外部リンク[編集]