船越英二

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ふなこし えいじ
船越 英二
船越 英二
1960年『流転の王妃』より
本名 船越 榮二郎
ふなこし えいじろう
生年月日 (1923-03-17) 1923年3月17日
没年月日 (2007-03-17) 2007年3月17日(84歳没)
出生地 日本の旗 日本東京府東京市四谷区新宿[1](現・東京都新宿区
死没地 日本の旗 日本静岡県
職業 俳優
ジャンル 映画
活動期間 1947年 - 2001年
活動内容 1947年:『第二の抱擁』でデビュー
1989年:紫綬褒章受章
1995年:勲四等旭日小綬章受章
2001年:引退
配偶者 長谷川裕見子
著名な家族 三島謙(兄)
船越英一郎(長男)
平野洋子(長女)
主な作品
テレビドラマ
時間ですよ
雲のじゅうたん
熱中時代
キッド
映画
安宅家の人々
野火
黒い十人の女
私は二歳
白い巨塔
男はつらいよ 寅次郎相合い傘
 
受賞
キネマ旬報ベスト・テン
主演男優賞
1959年『野火』
毎日映画コンクール
男優主演賞
1959年『野火』
テンプレートを表示

船越 英二(ふなこし えいじ、1923年大正12年〉3月17日 - 2007年平成19年〉3月17日)は、日本俳優東京都出身。専修大学経済学部卒業。

俳優の三島謙は兄(本名・船越榮太郎)、女優長谷川裕見子は妻、長男に俳優の船越英一郎がいる。本名・船越 榮二郎(ふなこし えいじろう)。

来歴・人物[編集]

新宿で生地問屋「船越商店」を開いた呉服商・船越栄一の次男として誕生し、四谷第五小学校から帝京中学校に入学する。当初は美術学校か写真学校への進学を希望するが、父の勧めで1941年(昭和16年)には専修大学経済学部に入学し1944年(昭和19年)に学徒出陣で繰り上げ卒業する。香川県三豊郡豊浜町(現・観音寺市)の陸軍船舶学校に入り、翌年の8月に見習士官として終戦を迎えた後、父の勧めで地元新宿に写真屋を開いた。

1947年(昭和22年)、船越の兄の友人が冷やかし半分で大映第2期ニューフェイス募集に応募書類を送り、見事合格する。同年3月、船越は大映東京撮影所演技研究所に通い、4月には大映と専属契約を結ぶと『第二の抱擁』で折原啓子の恋人役としてデビューする。船越だけは進んで俳優になったわけではなかったが、地元の新宿商店街に後援会まで発足したため引っ込みがつかなくなったまま俳優業に臨み、当時を知る映画関係者によると船越はあまり印象に残らない俳優だったという。役柄も真面目青年しか与えられなかったが1952年(昭和27年)には『安宅家の人々』や『秘密』での演技が好評を呼んだ。

それ以降も船越は二枚目俳優として大映のプログラムピクチャーに出演し、もっぱら主演女優の引き立て役が多かったが1956年(昭和31年)に『日本橋』、『四十八歳の抵抗』、翌年の『満員電車』、『夜の蝶』で演技派俳優として開花し、それまでの単なる二枚目俳優から飄逸ひょういつさと人間的なたくましさを併せ持つ性格俳優となった。中でも1959年(昭和34年)の大岡昇平原作、市川崑監督の『野火』に主演した際には、極限状況における敗残兵を演じきり、演技は絶賛を経て各映画賞を総なめにした。船越もその後、大映に欠かせないスターとして美男のルックスと個性を活かしたさまざまな作品で役柄をこなす手堅い演技派として活躍し、菅原謙次根上淳ら同年代の大映現代劇の男優たちよりも息の長い活躍を見せた。

船越は「和製マルチェロ・マストロヤンニ」とも謳われ、1971年(昭和46年)の大映倒産まで映画で活躍した。その後は学園ドラマ・現代劇・時代劇を問わず活躍し、いずれにも代表作を残した。

私生活では1958年(昭和33年)10月10日に女優の長谷川裕見子と結婚、1960年(昭和35年)には長男の英一郎が誕生した。1965年(昭和40年)からは神奈川県足柄下郡湯河原町に会員制旅館を創業し、娘とともに経営にあたっていた。

1989年(平成元年)には紫綬褒章1995年(平成7年)には勲四等旭日小綬章を受章した。2001年(平成13年)のフジテレビ系テレビドラマ『旗本退屈男』への出演を最後に俳優業から引退、その後は旅館に近い自宅で妻や娘夫婦と共に余生を過ごしていた。しかし2007年(平成19年)3月15日に自宅で突然倒れ、船越もすぐに静岡県内の病院へ搬送されるとその時点では意識もわずかにあったものの、16日夜に容態が急変したため3月17日午後10時57分、船越は脳梗塞のため死去した。84歳没。生没同日であった。船越の息子でもある英一郎は、主演映画の撮影現場から駆けつける途中で父の最期を看取ることは叶わなかった。

一方、息子の英一郎と女優の松居一代の結婚には猛反対で、特に松居とは殆ど口も聞かないほどの不仲だったという(後に英一郎と松居は離婚する。)。ちなみに、船越は亡くなる直前まで結婚に猛反対したともいわれている。

受章・受賞歴[編集]

出演[編集]

映画[編集]

*太字の題名はキネマ旬報ベストテンにランクインした作品

  • 第二の抱擁 (1947年)
  • いつの日か花咲かん (1947年)
  • 美しき豹(女の家)(1948年)
  • 三面鏡の恐怖(1948年)
  • 死美人事件(1948年)
  • 幽霊塔(1948年)
  • 愛染草(1949年)
  • 母燈台(1949年)
  • 大都会の丑満時(1949年)
  • どぶろくの辰(監督:田坂具隆。1949年)
  • 私は狙われている(1950年)
  • 暴力の街(監督:山本薩夫。1950年。※DVD発売)
  • 霧の夜の恐怖(1951年)
  • 毒蛇島綺談 女王蜂(1952年)
  • 安宅家の人々(1952年。※DVD発売)
  • 巣鴨の母(1952年。※DVD発売)
  • 秘密(1952年)
  • 母山彦(1952年)
  • 彼女の特ダネ 総理大臣と女カメラマン(1952年)
  • 新婚のろけ節(1953年)
  • 現代処女(1953年)
  • トコ春じゃもの(1953年)
  • 歌う女剣劇(1953年)
  • 胡椒息子(1953年)
  • 新・江ノ島悲歌(えのしまエレジー)(1953年)
  • あにいもうと(監督:成瀬巳喜男。1953年。※DVD発売)
  • 続続・十代の性典(1953年)
  • 紅椿(1953年)
  • 母の湖(1953年)
  • 十代の誘惑(1953年)
  • 五ツ木の子守唄(1954年)
  • 或る女(監督:豊田四郎。1954年)
  • 金色夜叉(1954年。初のカラー映画出演)
  • 心の日月(1954年)
  • 愛染かつら(1954年)
  • こんな別嬪見たことない(1954年)
  • こんな美男子見たことない(1954年)
  • こんなアベック見たことない(1954年)
  • こんな奥様見たことない(1954年)
  • 荒城の月(1954年)
  • 月よりの使者(1954年)
  • 春琴物語(1954年)
  • 春の渦巻(1954年)
  • こういう具合にしやしゃんせ 恋の野球拳(1955年)
  • 螢の光(1955年)
  • 泣き笑い地獄極楽(1955年)
  • 幸福を配達する娘(1955年)
  • 薔薇いくたびか(1955年)
  • 東京暴力団(1955年)
  • 母笛子笛(1955年)
  • 哀しき富士の白雪よ(1955年)
  • 新女性問答(1955年)
  • 七人の兄いもうと(1955年)
  • 五十円横町(1955年)
  • 珠はくだけず(1955年)
  • 花嫁のため息(1956年)
  • 虹いくたび(1956年)
  • 東京犯罪地図(1956年)
  • 浅草の灯(1956年)
  • 現金の寝ごと(1956年)
  • 日本橋(監督:市川崑。1956年。※DVD発売)
  • 人情馬鹿(1956年)
  • 火花(1956年)
  • 屋根裏の女たち(1956年)
  • 魔の花嫁衣裳 前後篇(1956年)
  • 四十八歳の抵抗(監督:吉村公三郎。1956年)
  • 新・平家物語 静と義経(1956年。※DVD発売)
  • あさ潮ゆう潮(1956年)
  • スタジオは大騒ぎ(1956年)
  • 惚れるな弥ン八(1956年)
  • スタジオはてんやわんや(1957年)
  • 踊子(1957年)
  • 朝の口笛(1957年)
  • 満員電車(監督:市川崑。1957年。※DVD発売)
  • 永すぎた春(原作:三島由紀夫。1957年。※DVD発売)
  • 妻こそわが命(1957年)
  • 夜の蝶(監督:吉村公三郎。1957年。※DVD発売)
  • 穴(監督:市川崑。1957年。※DVD発売)
  • 駐在所日記(1957年)
  • 暖流(監督:増村保造。1957年)
  • 日露戦争勝利の秘史 敵中横断三百里(脚本:黒澤明。1957年。※DVD発売)
  • 新婚七つの楽しみ(1958年)
  • 悲しみは女だけに(監督:新藤兼人。1958年)
  • 母(1958年)
  • 忠臣蔵(1958年。※DVD発売)
  • 東京の瞳(1958年)
  • 南氏大いに惑う(1958年)
  • 素っ裸の青春(1958年)
  • 不敵な男(監督:増村保造。1958年)
  • 大阪の女(1958年)
  • 娘の冒険(1958年)
  • 赤線の灯は消えず(1958年)
  • おーい中村君(1958年)
  • 夜の素顔(監督:吉村公三郎。1958年)
  • 共犯者(1958年)
  • 親不孝通り(監督:増村保造。1958年)
  • 銭形平次捕物控 雪女の足跡(1958年)
  • あなたと私の合言葉 さようなら、今日は(監督:市川崑。1959年。※DVD発売)
  • 最高殊勲夫人(監督:増村保造。1959年。※DVD発売)
  • 情炎(1959年)
  • 細雪(1959年。2度目の映画化)
  • 夜の闘魚(1959年)
  • 次郎長富士(1959年。※DVD発売)
  • 氾濫(監督:増村保造。1959年。※DVD発売)
  • 私の選んだ人(1959年)
  • 旅情(1959年。ハワイロケが行われた)
  • 電話は夕方に鳴る(監督:吉村公三郎。1959年)
  • 野火(監督:市川崑。1959年。※DVD発売)
  • セクシー・サイン 好き好き好き(1960年)
  • 女経オムニバス映画で、市川崑監督の第2話「物を高く売りつける女」に出演。1960年。※DVD発売)
  • 流転の王妃(監督:田中絹代。1960年)
  • からっ風野郎(共演:三島由紀夫。監督:増村保造。1960年。※DVD発売)
  • ぼんち(原作:山崎豊子。監督:市川崑。1960年。※DVD発売)
  • 痴人の愛(1960年)
  • 女妖(1960年)
  • 勝利と敗北(1960年)
  • 夜は嘘つき(1960年)
  • 足にさわった女(監督:増村保造。1960年)
  • 顔(1960年)
  • 偽大学生(原作:大江健三郎。監督:増村保造。1960年)
  • 時の氏神 新夫婦読本(1960年)
  • お伝地獄(1960年)
  • 婚期(監督:吉村公三郎。1961年。※DVD発売)
  • 新夫婦読本 恋愛病患者(1961年)
  • 好色一代男(監督:増村保造。1961年。※DVD発売)
  • 黒い十人の女(監督:市川崑。1961年。※DVD発売)
  • 夜はいじわる(1961年)
  • 女の勲章(原作:山崎豊子。監督:吉村公三郎。1961年。※DVD発売)
  • 怪談蚊喰鳥(1961年)
  • 雑婚時代(1961年)
  • 小太刀を使う女(1961年)
  • 銭形平次捕物控 美人鮫(1961年)
  • 若い奴らの階段(1961年)
  • 家庭の事情(監督:吉村公三郎。1962年)
  • ある関係(1962年)
  • 婦系図(1962年。※DVD発売)
  • 爛(監督:増村保造。1962年)
  • 江梨子(1962年)
  • 宝石泥棒(1962年)
  • 破戒(監督:市川崑。1962年。※DVD発売)
  • 黒の試走車(監督:増村保造。1962年。※DVD発売)
  • 男と女の世の中(1962年)
  • 私は二歳(監督:市川崑。1962年。※DVD発売)
  • しとやかな獣(監督:川島雄三。1963年。※DVD発売)
  • 雪之丞変化(監督:市川崑。1963年。※DVD発売)
  • 嘘 (オムニバス映画で、第三話「3女体」に出演。1963年)
  • 赤い水(監督:山本薩夫。1963年。※DVD発売)
  • 雑兵物語(1963年)
  • 停年退職(1963年)
  • 巨人大隈重信(1963年)
  • 末は博士か大臣か(1963年)
  • 現代インチキ物語 騙し屋(監督:増村保造。1964年)
  • 現代インチキ物語 ど狸(1964年)
  • 傷だらけの山河(監督:山本薩夫。1964年。※DVD発売)
  • ど根性物語 銭の踊り(監督:市川崑。1964年。※DVD発売)
  • (監督:増村保造。1964年。※DVD発売)
  • 青い性(1964年)
  • 検事霧島三郎(1964年)
  • 黒の超特急(監督:増村保造。1964年。※DVD発売)
  • 十七才は一度だけ(1964年)
  • 帯をとく夏子(1965年)
  • 六人の女を殺した男(1965年)
  • 花実のない森(1965年)
  • 妻の日の愛のかたみに(1965年)
  • 大怪獣ガメラ(1965年。※DVD発売)
  • 氷点(監督:山本薩夫。1966年。※DVD発売)
  • 私は負けない(1966年)
  • 白い巨塔(菊川昇役。原作:山崎豊子。監督:山本薩夫。1966年。※DVD発売)
  • 小さい逃亡者(日本&ソ連合作映画。1966年)
  • 夜の罠(1967年)
  • ラーメン大使(1967年)
  • 毒薬の匂う女(1967年)
  • 砂糖菓子が壊れるとき(監督:今井正。脚本:橋田壽賀子。1967年)
  • 古都憂愁 姉いもうと(1967年)
  • あるセックス・ドクターの記録(1968年)
  • 陸軍中野学校 開戦前夜(1968年。※DVD発売)
  • 怪談おとし穴(1968年)
  • 新・与太郎戦記(1969年)
  • 盲獣(監督:増村保造。1969年。※DVD発売)
  • 女賭博師十番勝負(1969年)
  • 女賭博師花の切り札(1969年)
  • ガメラ対大悪獣ギロン(1969年。※DVD発売)
  • 千羽鶴(原作:川端康成。監督:増村保造。1969年)
  • 男はつらいよ 寅次郎相合い傘(監督:山田洋次。シリーズ第15作。1975年。※DVD発売)- 兵頭謙次郎(パパさん)役
  • 青年の樹(1977年)

テレビドラマ[編集]

その他のテレビ番組[編集]

他多数

CM[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 船越英二日外アソシエーツ「新撰 芸能人物事典 明治〜平成」コトバンク 2018年7月9日閲覧。

参考文献[編集]

  • 『大映戦慄篇 昭和二十年代探偵スリラー映画』(那智史郎/編著。ワイズ出版
  • 『映画監督 増村保造の世界』(ワイズ出版/増村保造著/藤井浩明監修/岡田博発行)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]