蟹江敬三

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
かにえ けいぞう
蟹江 敬三
本名 蟹江 敬三
生年月日 (1944-10-28) 1944年10月28日
没年月日 (2014-03-30) 2014年3月30日(69歳没)
出生地 日本の旗 日本東京都江戸川区
死没地 日本の旗 日本東京都新宿区
身長 172 cm
血液型 A型
職業 俳優ナレーター
ジャンル テレビドラマ映画演劇ナレーション
活動期間 1965年 - 2014年
配偶者 既婚(1968年 - 死去まで)
著名な家族 栗田桃子(長女)
蟹江一平(長男)
主な作品
テレビドラマ
影の軍団III
スケバン刑事II 少女鉄仮面伝説
特捜最前線
さすらい刑事旅情編』(II - VII)
鬼平犯科帳』シリーズ
沙粧妙子-最後の事件-
おとり捜査官・北見志穂
葵 徳川三代
京都地検の女
龍馬伝
あまちゃん

教養番組
日経スペシャル ガイアの夜明け』(ナレーション)
 
受賞
ヨコハマ映画祭
助演男優賞

1979年十九歳の地図
天使のはらわた 赤い教室
1990年われに撃つ用意あり
ぼくと、ぼくらの夏
テンプレートを表示

蟹江 敬三(かにえ けいぞう、1944年10月28日[1][2] - 2014年3月30日)は、日本俳優ナレーター。本名同じ[1]

東京都[1]江戸川区小松川町出身。東京都立新宿高等学校卒業[1]。オフィステブ[3] を経て、最終所属はS&A企画[1]

身長172cm、血液型A型[2]。長女は栗田桃子、長男は蟹江一平

趣味はギター[1]ゴルフ。特技は殺陣[1]

来歴[編集]

東京都立新宿高等学校に在学中、偶然に舞台に立った際の解放感をきっかけに俳優の道を志す。元々は引っ込み思案だったという[4]。卒業後、1964年の19歳の頃に劇団青俳に研究生として入団した[5]が、その後演出家蜷川幸雄らと、青俳を脱退した岡田英次らが立ち上げた「現代人劇場」へ移籍(1968年 - 1971年)。上演第一作目『真情あふるる軽薄さ』(1969年)の演技で、徐々に役者として名が知られ始める[5]。その後蜷川や石橋蓮司らと「櫻社」(1972年 - 1974年)を旗揚げする。

1970年代は演劇活動の一方、映画やテレビの時代劇刑事ドラマにも数多く出演し、猟奇的エキセントリック悪役としての出演が多かった[注釈 1]。その野性的な魅力は、日活ロマンポルノにおいて「強姦の美学」とまで讃えられた。役柄の影響もあって、1980年代前半に当時小学生であった息子である一平がいじめを受けたこともあった[6]

熱中時代』(第2シリーズ)以降、それまでの役柄から善人役への転身に成功、個性派俳優としてのポジションを確立し、日本人俳優屈指のバイプレーヤーと称されるようになった。活動後期には悪役を演じることはほとんどなく、ベテラン刑事や気のいいオヤジの役、主人公のよき理解者となる役を演じることが多かった[5]2002年からは『ガイアの夜明け』のナレーションを担当した。

2013年12月末に末期の胃癌との診断を受け、2014年1月から体調を崩して入退院を繰り返した。2月から仕事に復帰したが、3月17日に生前最期の仕事となった『ガイアの夜明け』のナレーション収録後、3月19日に容体が急変して入院[7]。3月30日午前8時27分に東京都新宿区の病院で逝去[8]。69歳没。

蟹江の訃報を受けて、テレビ東京は『ガイアの夜明け』オフィシャルサイトにて追悼メッセージを掲載し[9]中村吉右衛門[10]松下由樹[11]能年玲奈[12] など故人とゆかりがあった人物が追悼の辞を発表した。

テレビドラマの遺作は2014年4月5日に放送された『おとり捜査官・北見志穂18』(テレビ朝日、2013年12月収録)で、放送の際には番組冒頭及びエンディング場面の2回、追悼のテロップが流された。『ガイアの夜明け』にてナレーターを務めたのは2014年3月18日放送分が最後となった[13]。また、追悼番組としてTBSテレビは予定を変更して4月14日の月曜ゴールデン枠にて『世直し公務員ザ・公証人11』を放映し[14]、NHK総合では4月18日深夜に『ひたむきな役者人生〜蟹江敬三さんをしのぶ〜』をそれぞれ放送した[15]

2014年5月13日、東京都の青山葬儀所でお別れの会が行なわれ、生前親しかった石橋蓮司名取裕子ら約700人が参列した[16][注釈 2]

人物[編集]

本人は生前、「子供の頃からおとなし過ぎて人前に出ていくことが全然できなかった。そのコンプレックスは今でもある」と語ったことがある[5]。また役者業について、「大人しい性格だったので芝居という独特の世界に惹かれ、特に悪役や犯人役に憧れたんです。社会から逸脱した、自分とは全く違う人生を芝居の世界で体験してみたかった」とも言っていた[5]

基本的に社交的なタイプではなく、撮影現場以外でスタッフや共演者と交流することはあまりなかった[5]。『十九歳の地図』など3作品で共演した映画監督の柳町光男はプライベートで交流があった数少ない一人で、蟹江の自宅に招くこともあった[5]

劇団青俳の一年後輩にあたる石橋蓮司とは、現代人劇場や櫻社でも演劇活動を共にし、1972年の舞台『ぼくらが非情の大河をくだる時』では兄弟役を演じた[5]。当時について石橋は以下のように回想している。「普段の蟹江はとにかく寡黙で、自己主張をほとんどしなかった。しかし彼は日常で感じた不満や喜びなどを演技を通じて自己表現し、彼の芝居は見る人の共感を得ていました」[5]

柳町監督は、蟹江について以下のように語っている。「有名俳優でしたがサラリーマンのような生活[注釈 3]を送っていました。普段は比類のない無口な人でしたが、撮影時は演技の幅広さに驚かされました」[5]

出演作品[編集]

テレビドラマ[編集]

レギュラー[編集]

NHK[編集]
日本テレビ[編集]
TBS[編集]
CX[編集]
ANB - EX[編集]
TX[編集]

ゲスト、単発[編集]

NHK(ゲスト)[編集]
NTV(ゲスト)[編集]
TBS(ゲスト)[編集]
CX(ゲスト)[編集]
EX(旧NET、ANB)(ゲスト)[編集]
TX(旧12ch)(ゲスト)[編集]
WOWOW(ゲスト)[編集]

映画[編集]

舞台[編集]

OVA[編集]

ラジオドラマ[編集]

ナレーション[編集]

レコード[編集]

  • 涼子

CM[編集]

受賞歴[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 一例として、1975年のTBSのドラマ『Gメン'75』の残酷な殺人鬼役、1976年の映画『犯す!』の強姦魔役など[5]
  2. ^ 参列者は他に能年玲奈、有村架純渡辺えり江口洋介渡辺謙水谷豊西岡徳馬、松下由樹、柄本明いしだあゆみ岸本加世子多岐川裕美佐野史郎國村隼香川照之、中村吉右衛門、角野卓造大泉洋前田敦子草彅剛椎名桔平山本未來榎木孝明塩谷瞬永島敏行小沢真珠荒川良々市毛良枝高橋由美子斉藤由貴高畑淳子皆川猿時杉浦太陽など。
  3. ^ 蟹江は、東京郊外のごく庶民的な一軒家で暮らし、撮影現場までは電車で通勤し、仕事が終わるとまっすぐ帰宅していたという。

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g 日本タレント名鑑'82』VIPタイムズ社、1981年、61頁。 
  2. ^ a b 蟹江敬三(出典:日本タレント名鑑)”. gooニュース. NTTレゾナント. 2013年4月10日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年1月4日閲覧。
  3. ^ 日本タレント名鑑'80』VIPタイムズ社、1979年、59頁。 
  4. ^ “引っ込み思案だった蟹江敬三 偶然立った舞台で役者の道志す”. NEWSポストセブン. (2014年1月10日). http://www.news-postseven.com/archives/20140110_234766.html 2014年5月21日閲覧。 
  5. ^ a b c d e f g h i j k 週刊現代2022年7月2日・9日号「脇役稼業」第12回・蟹江敬三「寡黙なアウトロー」p25-32
  6. ^ 追悼 涙なしには読めません「お前の父ちゃん、また人を殺したな」——いじめられる我が子を前に、父は言葉を呑んだ 名優・蟹江敬三「ごめんな、パパが悪役で」 (3/4)」『現代ビジネス』、講談社、2014年5月6日、2014年5月24日閲覧。 追悼 涙なしには読めません「お前の父ちゃん、また人を殺したな」——いじめられる我が子を前に、父は言葉を呑んだ 名優・蟹江敬三「ごめんな、パパが悪役で」 (4/4)」『現代ビジネス』、講談社、2014年5月6日、2014年5月24日閲覧。
  7. ^ “蟹江敬三さん死の13日前「ガイア―」収録”. nikkansports.com. (2014年4月6日). http://www.nikkansports.com/entertainment/news/p-et-tp0-20140406-1281211.html 2018年2月11日閲覧。 
  8. ^ 「あまちゃん」祖父役から半年…蟹江敬三さん、胃がんで死去”. iza. 産業経済新聞社 (2014年4月5日). 2018年2月11日閲覧。
  9. ^ 日経スペシャル ガイアの夜明け オフィシャルサイト テレビ東京 2014年4月19日時点のWEB魚拓キャッシュ
  10. ^ “中村吉右衛門 蟹江さん死去に「家族のような存在、残念でならない」”. スポニチ Sponichi Annex. (2014年4月5日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2014/04/05/kiji/K20140404007914030.html 2017年1月25日閲覧。 
  11. ^ “松下由樹、蟹江さん遺作で共演「放送前に信じられない」”. サンケイスポーツ. (2014年4月5日). https://www.sanspo.com/article/20140405-GLLH54NBR5P7HJTX7JUZ2ENF5A/ 2014年4月5日閲覧。 
  12. ^ 蟹江敬三さん死去 能年玲奈「忠兵衛さんが、大好きです」”. ORICON STYLE. オリコン (2014年4月5日). 2014年4月5日閲覧。
  13. ^ “蟹江敬三さん死す…胃がん、早すぎる69歳”. nikkansports.com. (2014年4月5日). http://www.nikkansports.com/entertainment/news/p-et-tp0-20140405-1280637.html 2014年4月5日閲覧。 
  14. ^ 追悼…蟹江敬三さん『世直し公務員 ザ・公証人11』をアップしました。”. 『月曜ゴールデン』オフィシャルサイト. TBSテレビ. 2018年2月11日閲覧。
  15. ^ NHK広報局による2014年4月17日のツイート2018年2月11日閲覧。
  16. ^ 蟹江敬三さん『お別れ会』に700人参列 能年ら“あまちゃん”ファミリーも”. ORICON NEWS (2014年5月13日). 2022年7月18日閲覧。

外部リンク[編集]