光文社古典新訳文庫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

光文社古典新訳文庫(こうぶんしゃこてんしんやくぶんこ)は、光文社文庫本レーベル。

概要[編集]

2006年9月創刊。『いま、息をしている言葉で』をキャッチコピーに、古典作品の日本語訳を新訳(初訳の作品を含む)で毎月1冊から5冊刊行している。統一されたデザインと、望月通陽のイラストが特徴である。表紙の色は言語圏別で5色ある。赤はロシア語圏、青はフランス語またはイタリア語圏、緑は英語圏、茶黄色はドイツ語圏、ピンクはその他(スペイン語圏、近代中国語、古典日本語、古代ギリシャ語ポルトガル語圏)の作品である。

2008年9月に光文社は、ドストエフスキー作「カラマーゾフの兄弟」(亀山郁夫訳)の売上が全5巻合わせて100万部を突破したと発表した。反響が大きい分批判も多く、亀山訳の「カラマーゾフ」は専門家が誤訳の批判をしているサイトもあり、また野崎訳「赤と黒」は編集部も交えた論議を呼んだ。

主な刊行作品[編集]

光文社古典新訳文庫の主な刊行作品
著者 訳者 著書名
アチェベ 粟飯原文子 崩れゆく絆
アラン 長谷川宏 芸術の体系
ヴィアン 野崎歓 うたかたの日々
ヴィトゲンシュタイン 丘沢静也 論理哲学論考
ウェルズ 南條竹則 盗まれた細菌初めての飛行機
ウェルズ 池央耿 タイムマシン
ヴェルヌ 高野優 八十日間世界一周(上下巻)
ヴェルヌ 高野優 地底旅行
ウォー 小林章夫 ご遺体
ウォーカー 安達まみ 箱舟の航海日誌
ウルフ 土屋政雄 ダロウェイ夫人
オースティン 小尾芙佐 高慢と偏見(上下巻)
カフカ 丘沢静也 判決変身アカデミーで報告する掟の前で
カフカ 丘沢静也 訴訟
カント 中山元 啓蒙とは何か世界市民という視点からみた普遍史の理念
人物の歴史の憶測的な起源万物の終焉永遠平和のために
カント 中山元 純粋理性批判(全7巻)
カント 中山元 道徳形而上学の基礎づけ
カント 中山元 実践理性批判(全2巻)
キプリング 金原瑞人三辺律子 プークが丘の妖精パック
クラーク 池田真紀子 幼年期の終わり
コクトー 中条省平中条志穂 恐るべき子供たち
ゴーゴリ 浦雅春 外套査察官
後白河法皇(編) 川村湊 梁塵秘抄
コンラッド 黒原敏行 闇の奥
サン=テグジュペリ 野崎歓 ちいさな王子
サン=テグジュペリ 二木麻里 夜間飛行
シェイクスピア 安西徹雄 リア王
シェイクスピア 安西徹雄 ジュリアス・シーザー
シェイクスピア 安西徹雄 ヴェニスの商人
シェイクスピア 安西徹雄 十二夜
シェイクスピア 安西徹雄 マクベス
シェイクスピア 安西徹雄 ハムレットQ1
スタンダール 野崎歓 赤と黒(上下巻)
スティーヴンスン 南條竹則坂本あおい 新アラビア夜話
スティーヴンスン 村上博基 宝島
スティーヴンスン 村上博基 ジーキル博士とハイド氏
ダーウィン 渡辺政隆 種の起源(上下巻)
チェーホフ 浦雅春 ワーニャ伯父さん三人姉妹
チェーホフ 浦雅春 桜の園プロポーズ
トウェイン 土屋京子 トム・ソーヤーの冒険
トゥルゲーネフ 沼野恭子 初恋
ドストエフスキー 亀山郁夫 カラマーゾフの兄弟(全5巻)
ドストエフスキー 亀山郁夫 罪と罰(全3巻)
ドストエフスキー 亀山郁夫 悪霊(全3巻、別巻)
ドストエフスキー 安岡治子 地下室の手記
ドストエフスキー 安岡治子 貧しき人々
ドストエフスキー 望月哲男 死の家の記録
トルストイ 望月哲男 イワン・イリイチの死クロイツェル・ソナタ
トルストイ 望月哲男 アンナ・カレーニナ(全4巻)
トルストイ 乗松享平 コサック 1852年のコーカサス物語
トロツキー 森田成也 レーニン
中江兆民 鶴ヶ谷真一 三酔人経綸問答
バルザック 宮下志朗 グランド・ブルテーシュ奇譚
ブッツァーティ 関口英子 神を見た犬ほか※
プルースト 高遠弘美 消え去ったアルベルチーヌ
ヘミングウェイ 金原瑞人 武器よさらば(上下巻)
ホフマン 大島かおり 黄金の壷マドモワゼル・ド・スキュデリ
ホフマン 大島かおり 砂男クレスペル顧問官
マッケン 南條竹則 白魔生活のかけら薔薇園※/妖術※/儀式
マシャード・ジ・アシス 武田千香 ブラス・クーバスの死後の回想
マシャード・ジ・アシス 武田千香 ドン・カズムッホ
マルクス 森田成也 賃労働と資本賃金・価格・利潤
マン 岸美光 ヴェネツィアに死す
マン 岸美光 だまされた女すげかえられた首
マン 岸美光 詐欺師フェーリクス・クルルの告白(上下巻)
ミル 山岡洋一 自由論
ミル 斉藤悦則 自由論
モーパッサン 永田千奈 女の一生
ラディゲ 中条省平 肉体の悪魔
ルソー 中山元 人間不平等起源論
ルソー 中山元 社会契約論ジュネーヴ草稿
ルソー 永田千奈 孤独な散歩者の夢想
ルルー 平岡敦 オペラ座の怪人
レーニン 角田安正 帝国主義論
ローリングズ 土屋京子 仔鹿物語(上下巻)
魯迅 藤井省三 故郷阿Q正伝
魯迅 藤井省三 酒楼にて非攻
ロスタン 渡辺守章 シラノ・ド・ベルジュラック
ロダーリ 関口英子 猫とともに去りぬ
ロダーリ 関口英子 羊飼いの指輪 ファンタジーの練習帳

※日本語訳初出版作品、および一部に日本語訳初出版作品を含むもの。

外部リンク[編集]