卍 (映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

卍(まんじ)』 は、1928年に発表された谷崎潤一郎の同名小説』を原作とした日本映画

女性同士の同性愛をテーマとした作品で、これまで何度もリメイクされている。

ストーリー[編集]

ふとしたことから人妻・園子が、若く美しい娘・光子と出会う。小悪魔のような光子に次第に魅了されて、やがて熱い同性愛関係に嵌まり込んでいく。しかも妻とのノーマルな愛の生活を望む園子の夫・剛までが、女二人の関係にひきこまれて、異常なセックスのるつぼにのめりこんでいく。レズビアンに始まって、文字通り卍(まんじ)がらみの官能関係に発展、三人の男女は破滅と背中合わせで身を焦がし続ける。

1964年版[編集]

監督 増村保造
脚本 新藤兼人
原作 谷崎潤一郎
出演者 若尾文子
岸田今日子
音楽 山内正
撮影 小林節雄
編集 中静達治
製作会社 大映
配給 大映
公開 1964年7月25日
上映時間 90分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

キャスト(1964年版)[編集]

徳光光子
演 - 若尾文子
織物会社の社長令嬢。美術学校の洋画コースで絵を習っている。園子と親しくなり、彼女を『姉ちゃん』、孝太郎を『パパさん』と呼び始める。普段はモダンな服を好んで着ている。小悪魔的な性格で時に子猫のように園子に甘え時に彼女の心を試すように接する。
柿内園子
演 - 岸田今日子
人妻。光子と同じ美術学校の日本画コースで絵を習っている。いつも和装姿なため一見古風な女性らしい雰囲気を持っているが、意外と感情的になりやすい性格で激しい情念を持つ。口達者で喋りが上手い。綺麗な物を観るのが好き。美術学校で光子と出会ってすぐに魅力に惹かれ、のめり込んでいく。
柿内孝太郎
演 - 船越英二
園子の夫。1年前に大阪に弁護士事務所を構えるが、それまでは園子の実家に夫婦で身を寄せていた。園子と光子の関係を友達以上の関係ではないかと疑う。いまいち夫としては少々頼りない性格で、夫婦生活は園子に押され気味。
綿貫栄次郎
演 - 川津祐介
光子に好意を寄せる男性。なかなか頭の冴える人物で行動力も備わっており周りの人に取り入るのが上手い。また、やたらと約束や証書などにこだわる性格で、光子と親しくする園子とある誓約書を交わす。
校長
演 - 山茶花究
女子美術院の校長。光子と園子が通う美術学校。ある時、楊柳観音の格好をした女性モデルを描いた園子の絵について、「絵はそこそこ上手いが顔が似ていない」と批評する。
梅子
演 - 村田扶実子
光子の女中。50代ぐらいの女性。光子がちょっとしたトラブルを起こしたため、園子に会って助けてもらう。
清子
演 - 南雲鏡子
柿内家の家政婦。
春子
演 - 響令子
旅館の仲居。後に園子と光子が時々利用するようになり、顔見知りとなる。
先生
演 - 三津田健
何の先生かは不明だが、園子が親しくしている先生。本作は、園子が以前経験した出来事を自身に語る現在のシーンと出来事の詳細(回想シーン)が交互に描かれる、という演出が取られている。

スタッフ(1964年版)[編集]


1983年版[編集]

監督 横山博人
脚本 馬場当
原作 谷崎潤一郎
出演者 樋口可南子
高瀬春奈
音楽 林光
撮影 中島徹
編集 浦岡敬一
製作会社 横山博人プロダクション
配給 東映セントラルフィルム
公開 1983年3月12日
上映時間 103分
テンプレートを表示

あらすじ(1983年版)[編集]

出来心で万引きをした主婦・柿内園子は、若い女性・志藤光子に目撃されたことに気づき彼女の自宅マンションに押しかけ口外しないように懇願する。この出会いがきっかけで光子と園子は急接近して同性愛関係となり光子の部屋で愛し合うようになる。園子は夫に内緒で光子と2人で旅行に出かけ、とある霊園で[比翼塚]](心中などで愛し合った男女などが埋葬される墓)を見た後、一緒に墓に入ることを約束する。

数日後刑事である園子の夫・剛は、「妻が男と不倫している」と疑い、非番の日に妻を尾行すると光子の自宅マンションに入っていくのを見つける。園子は光子との同性愛関係を剛に打ち明け、夫の頼みで離婚しない代わりに彼女との関係を続けることを許してもらう。剛に気兼ねなく会えることになった園子は、ある日光子を自宅に泊めるとそのまま3人で暮らし始める。数ヶ月が経ち、以前剛が描いた“ハンガーのある部屋”の絵に光子が興味を持ち、2人で絵のモデルとなった廃アパートの一室に行くがそこで男女の関係を持ってしまう。

数日後、園子が光子と2人だけで会いたくなったため、光子は先日行った廃アパートを「私が上京後に初めて住んだ部屋」と偽り、2人で訪れて室内で体を重ねる。しかし窓の外を見た園子は、過去に“ハンガーのある部屋”の絵の説明で聞いた景色と同じだと気づき、夫と彼女が体の関係を持ったのではと疑う。帰宅後園子は自宅で取り調べごっこをすると言い出し、光子と剛の3人で互いに刑事と容疑者に扮しながら、これまで抑えていた気持ちや性生活を赤裸々に語り合う。

キャスト(1983年版)[編集]

志藤光子(しどう)
演 - 樋口可南子
兵庫県芦屋市出身で関西弁を話す。東京のリサーチ会社でバイトしている。思ったことを率直に言うサバサバした性格だが、面倒くさがり屋で煩わしいことは苦手。バイク好き。
柿内園子
演 - 高瀬春奈
主婦。光子から『姉ちゃん』と呼ばれている。落ち着いた性格で品のある話し方をしているが、祥子によると「昔から要領悪い所がある」と評されている。光子と会って胸の内に激しい情念を燃やし始める。刑事をする剛と夫婦2人で警察官官舎で暮らしている。
柿内剛(たけし)
演 - 原田芳雄
園子の夫。刑事として働く。園子と夫婦になって10年経つが、妻から言われていつも避妊具をつけて性交をすることに不満を持つ。職業柄声が大きく怒ることも多いが、性格は真面目で保身的で結構押しに弱い。これまでに警視総監賞などの表彰状を複数回もらっているなど警察官として優秀。趣味は非番の時に油絵を描くこと。
法月
演 - 鹿内孝
祥子の同棲相手。ある日祥子の自宅に泊まることになった園子の寝込みを襲おうとする。
巡査
演 - 高月忠
光子のマンションがある地域をパトロールする警察官。剛に頼まれてマンション管理人から光子の人となりや生活ぶりを調査する。
尾崎祥子
演 - 中島ゆたか
園子の昔からの友人。未婚だが妊娠6ヶ月でその後一児の母となる。園子から光子との関係を知って2人の関係を見守るようになる。
志藤千草
演 - 小山明子
光子の母。現在は独身で、新聞販売店を営む。惚れやすいタイプらしくこれまでに何人かの男性と色恋沙汰があり、自身もその性分を嘆いている。優柔不断で男女関係にだらしがない性格。実家から東京で暮らす光子に会いに来る。
ハーレーダヴィッドソンの男
演 - 梅宮辰夫
サイドカー付きのハーレーを愛用している。ある時、バイクが趣味の光子に出会い自身のバイクを褒められる。

スタッフ(1983年版)[編集]


1998年版[編集]

監督 服部光則
脚本 みやもとじゅん
原作 谷崎潤一郎
出演者 坂上香織
真弓倫子
撮影 西久保維宏
配給 ギャガ・コミュニケーションズ
公開 1998年3月6日
上映時間 80分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

キャスト(1998年版)[編集]

スタッフ(1998年版)[編集]


2006年版[編集]

監督 井口昇
脚本 井口昇
原作 谷崎潤一郎
製作 松下順一
出演者 秋桜子
不二子
音楽 清水真理
撮影 武山智則
編集 斉藤和彦
製作会社 アートポート
配給 アートポート
公開 2006年3月25日
上映時間 81分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

キャスト(2006年版)[編集]

スタッフ(2006年版)[編集]


書籍[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]