紀伝体

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

紀伝体(きでんたい)は、東アジア歴史書の書式の一つ。

構成[編集]

紀伝体は以下のような項目から構成される。「紀伝」の名称は、このうち上位に位置づけられた2項目、「本」と「列」に由来する。

  • 本紀(ほんぎ)
皇帝などの支配者に関した出来事を年毎に記述する。『史記』の「高祖本紀」「秦始皇本紀」など。本来は必ずしも正統天子についてのみの項ではなく、その勢力が天下を覆う者についても立てられた。『史記』の「項羽本紀」などがその例である。『漢書』は「帝紀」と「后紀」の二本立てになっている。
  • 世家(せいか)
諸侯に関する記述。「趙世家」「魏世家」など。「世々家禄を受ける者」という意味だが、本来は諸侯のみならず「時代をこえて祭祀を受ける者」についても立てた。『史記』の「孔子世家」や「陳勝呉広世家」がその例である。
  • 列伝(れつでん)
個々の人物、特に国に仕えた官僚の一生を記したもの。また周辺の異民族の風習などを書き並べたものもこう呼んだ。本来は「列侯(爵位を持った家臣)の伝」という意味でこの名称となったのではないかと考えられている(『史記』の「淮陰侯列伝」や「呂不韋列伝」など)。列侯は初め徹侯と言っていたが、漢の武帝のときにその諱(劉徹)を忌避して通侯と改められ、その後さらに列侯と改められた。ちょうど司馬遷が『史記』を書いた時代は武帝の時代で、列侯と呼ばれはじめていた時期と一致するからである。しかし『史記』の中ですでにその原則は崩れており、「匈奴列伝」や「朝鮮列伝」、さらには「酷吏列伝」など、人物でも列侯でもない記事内容をもつ列伝がいくつも立てられており、その詳細は判然としない。
天文・地理・礼楽・制度など、分野別の歴史。『史記』ではとしているほか、など歴史書によっていろいろな言い方がされている。
  • (ひょう)
各種の年表や月表。
各地に割拠した自立諸勢力の記述。天子に公然と反旗を翻して自立したり、自ら帝位を僭称したりした点で世家に似るが、世家で記述される群雄はかつて天子によって各地に封建された正統な諸侯の出自であるのに対し、載記で記述される群雄は戦乱に乗じて各地で武装蜂起した反乱勢力の出自である点が異なる。『晋書』からはじまったもので、いわゆる五胡十六国の記述に用いられた。司馬遷は秦末の反乱の首謀者陳勝と呉広の事績を「陳勝呉広世家」としているように、当初はこれを区別する意図はなかったと考えられる。『新五代史』での十国の記述は世家として書かれている。
  • 修史詔(しゅうし しょう)
その歴史書が奉勅公撰であることを公示すために、編纂を命じた詔勅の写しを付録したもの(『晋書』)。
列伝から異民族出身の人物に関する記述を独立させたもの(『晋書』)。『新五代史』では契丹)がこれに含まれる。
  • 国語解(こくご かい)
異民族王朝の場合、彼らに固有の民族語が頻出するため、特にその解説を添えたもの(『遼史』『金史』)。

特徴[編集]

このような記述形式であるから、同じ事柄が重複する事もよくあるが、個人や一つの国に関しての情報がまとめて紹介されるためにその人物や国に関しては理解しやすい。これに対して全てを年毎に並べていく方法を編年体といい、こちらは全体としての流れがつかみやすいと云う利点がある。

中国では『春秋』と云う名作があったために最初は編年体が主流だったが、司馬遷の『史記』以降は紀伝体が主流になり、二十四史は全て紀伝体である。ただし、中華人民共和国が編纂中の『清史』は本紀を廃し、代わりに編年体の通紀を入れている。これは、本紀が政権全体の時間の流れを書くために持っている編年体的特徴を強めたものである。また、日本の『大日本史』も紀伝体で書かれている。一方、編年体の代表としては春秋の他に司馬光の『資治通鑑』がある。

紀伝体と編年体の他には、紀事本末体国史体(こくしたい)がある。

  • 紀事本末体 - ストーリー展開を追って事件の筋がわかりやすいようにまとめ直したもの。
  • 国史体 - 日本独自のもので、編年体を基本としながらも人物の死亡記事があった場合にその人物の列伝(薨伝と呼ぶ)を付載するものである。国史体から発展して後に漢文伝という漢文伝記が書かれるようになった。

なお、日本には記紀が成立する以前に『古事記』の序文などに記されている『帝紀』と『旧辞』のような二つの史書を組み合わせた「日本式の紀伝体」とでもいうべき形態が存在したのではないかとする説もある[1]

脚注[編集]

  1. ^ 倉西裕子「『日本式紀伝体』は存在した - 二本の史書を一対とする編纂記述様式」『記紀はいかにして成立したか - 天の史書と地の史書』講談社選書メチエ、講談社2004年、pp. 46-59。 ISBN 9784062583015

関連項目[編集]