杉浦直樹

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
すぎうら なおき
杉浦 直樹
生年月日 (1931-12-08) 1931年12月8日
没年月日 (2011-09-21) 2011年9月21日(79歳没)
出生地 日本の旗 日本 愛知県岡崎市
死没地 日本の旗 日本 東京都
血液型 B型
職業 俳優
ジャンル 映画テレビドラマ
活動期間 1957年 - 2011年
配偶者 あり(一度離婚歴あり)
主な作品

テレビドラマ
岸辺のアルバム
あ・うん
雨の日に消えて
父の詫び状


映画
悪女の季節
ときめきに死す
CM
カネボウ薬用紫電改
備考
2006年旭日小綬章受章

杉浦 直樹(すぎうら なおき、1931年12月8日 - 2011年9月21日)は、日本俳優愛知県岡崎市出身。フリーランス。血液型はB型

来歴・人物[編集]

愛知県立岡崎高等学校卒業(高2回生)。日本大学芸術学部中退。在学中に、西村晃岡田英次ら所属していた新協劇団の研究生に。1950年内田良平小松方正らとともに新演劇研究所を設立し主に舞台演劇で活躍。従兄は数学者東京大学名誉教授の杉浦光夫

映画では、1957年石原裕次郎主演の『俺は待ってるぜ』でデビュー。続いて、1958年に石原裕次郎、小林旭宍戸錠出演の『錆びたナイフ』で印象的な敵役を演じ、注目を集める。1958年松竹に入社しにんじんくらぶに所属、二枚目役にも挑戦し活動範囲を広げる。1962年には松竹を退社し、1965年のにんじんくらぶ分裂後は、劇団欅の結成に参加した後、フリーとなった。この間、1963年頃、神戸市生田区のキャバレー「新世紀」前の路上で泥酔し、パトロール中の兵庫県警生田署員に発見され、職務質問を受けるとこれに殴りかかり、連行された生田派出所内で暴れてガラスを割り、トラ箱で一夜を過ごしたことがある[1]

以降はテレビドラマに比重を置き、向田邦子作品(『父の詫び状』『あ・うん』など)での名演技で有名に。他にも山田太一作『岸辺のアルバム』などの名作にも数多く出演した。

2006年9月、脳梗塞を発症したため出演舞台を降板。以後はリハビリのために休業していたが、2011年8月に体調を崩し入院、9月21日午後7時23分に肺腺癌のため東京都内の自宅で死去[2]。79歳没。最期の言葉は「私の人生、メデタシ、メデタシ」「皆さんにありがとうと言って下さい」[2]

私生活では若いころに一度結婚していたがその後離婚、独身生活を長く続けていたが、晩年に再婚[3]。酒豪・愛煙家であり、日本酒一升は軽く、たばこは両切りピースを好んでいた[2]。演技に生活臭がでるのを嫌い[2]、脳梗塞で倒れるまでは都内の一流ホテルで生活していた[2]錦鯉の愛好家であり、ホテルの部屋も庭の鯉が見える『1151号室』(いいこい)に宿泊していた[2]

受賞歴[編集]

出演作品[編集]

テレビドラマ[編集]

※主題歌も担当

映画[編集]

  • 俺は待ってるぜ(1957年、日活
  • 錆びたナイフ(1958年、日活)
  • 悪女の季節(1958年、松竹大船) - 入社第一作
  • 坊っちゃん(1958年、松竹大船)
  • 大学の合唱(1959年、松竹大船)
  • いたづら(1959年、松竹大船)
  • 明日の太陽(1959年、松竹大船)
  • 新婚列車(1959年、松竹大船)
  • 太陽に背く者(1959年、松竹京都)
  • 海の地図(1959年、松竹大船)
  • 体当りすれすれ娘(1959年、松竹大船)
  • 暁の地平線(1959年、松竹大船)
  • 明日への盛装(1959年、松竹大船)
  • パイナップル部隊(1959年、松竹京都)
  • 四万人の目撃者(1960年、松竹大船)
  • 白い波濤(1960年、松竹大船)
  • 予科練物語 紺碧の空遠く(1960年、松竹大船)
  • 大穴(1960年、松竹京都)
  • 俺たちに太陽はない(1960年、松竹大船)
  • 鑑賞用男性(1960年、松竹大船)
  • 白い肌と黄色い隊長(1960年、松竹大船)
  • 明日はいっぱいの果実(1960年、松竹大船)
  • 悪の華(1961年、松竹大船)
  • 抱いて頂戴(1961年、松竹大船)
  • 図々しい奴(1961年、松竹大船)
  • 花扉(1961年、松竹大船) - 末松修 役
  • 引越やつれ(1961年、松竹大船)
  • 河口(1961年、松竹大船)
  • 寛美の我こそは一等社員(1962年、松竹大船)
  • 男の歌(1962年、松竹大船)
  • 暗黒街の顔役 十一人のギャング(1963年、東映東京
  • ギャング対Gメン 集団金庫破り(1963年、東映東京)
  • 柔道一代 (1963年、東映) - 香野理五郎 役
  • 親分を倒せ(1963年、東映東京)
  • 浅草の侠客(1963年、東映東京)
  • 図々しい奴(1964年、東映東京)
  • 二匹の牝犬(1964年、東映東京)
  • ならず者(1964年、東映東京)
  • 続・図々しい奴(1964年、東映東京)
  • 御金蔵破り(1964年、東映京都)
  • いれずみ突撃隊(1964年、東映東京)
  • ひも(1965年、東映東京)
  • ダニ(1965年、東映東京)
  • 網走番外地 望郷篇(1965年、東映東京) 
  • 網走番外地 北海篇(1965年、東映東京)
  • 日本ゼロ地帯 夜を狙え(1966年、松竹大船)
  • 網走番外地 荒野の対決(1966年、東映東京)
  • 地獄の野良犬(1966年、東映東京)
  • 男度胸で勝負する(1966年、東映東京)
  • 殺るかやられるか(1966年、日活
  • トラック野郎・天下御免(1976年、東映東京)
  • この子の七つのお祝いに(1982年、松竹 / 角川春樹事務所
  • 唐獅子株式会社(1983年、東映東京)
  • ときめきに死す(1984年、日本ヘラルド
  • 時代屋の女房2(1985年、松竹)
  • 青春かけおち篇(1987年、松竹)
  • 39 刑法第三十九条(1999年、光和インターナショナル
  • 釣りバカ日誌13 ハマちゃん危機一髪!(2002年、松竹)
  • ドラッグストア・ガール(2004年、松竹)
  • 手紙(2006年、ギャガ

バラエティ[編集]

CM[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]