時間ですよ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
時間ですよ
ジャンル ホームドラマ
放送時間 シリーズを参照
放送期間 シリーズを参照
放送国 日本の旗 日本
制作局 TBS
演出 久世光彦
脚本 橋田壽賀子
向田邦子
出演者 森光子
テンプレートを表示

時間ですよ』(じかんですよ)は、1965年から1990年までTBS系で放送されていたテレビドラマ銭湯を舞台にしたホームドラマ1970年代にシリーズ化され、1980年代にもリバイバルした。

概要[編集]

主演は森光子。他には、堺正章悠木千帆らが出演。天地真理浅田美代子らの出世作にもなった。

久世光彦が演出、プロデューサーを務めた。また、女湯シーンのヌードが売り物の一つであった。

第4作目の『時間ですよ昭和元年』は、荒井注ドリフ脱退後初の単独出演作であることや、放映期間中に近畿地区でネット局が変更になった朝日放送毎日放送)ことでも話題となった(毎日放送でのネットはラスト2話のみ)。

1987年には、お笑いコンビとんねるず石橋貴明木梨憲武)をキャスティングに加えた『時間ですよふたたび』が制作され、とんねるずは1988年に放送された『時間ですよたびたび』にも出演している。また、1989年に制作された『時間ですよ平成元年』には、結成されたばかりのSMAP中居正広香取慎吾も出演した。

内容[編集]

時間ですよ(東芝日曜劇場、単発)
時間ですよ(第1シリーズ〜第3シリーズ)
東京五反田で銭湯「松の湯」を経営する松野家を中心としたホームドラマ。松野家の後継問題を描く一方で堺正章、悠木千帆(のちの樹木希林)、各シリーズのオーディションで選ばれた新人(順番に川口晶西真澄浅田美代子)が演じる従業員の「トリオ・ザ・銭湯」が何の関係もないギャグを連発する。
このシリーズから、営業時間になると従業員が「女将さ~ん!時間ですよ~!!」と叫ぶシーンが登場。(なおこのフレーズは、平成に入ってからも続けられている。)
時間ですよ昭和元年
東京・湯島で銭湯「亀乃湯」を経営する昭和元年の亀山家を舞台としている。前番組の『寺内貫太郎一家』のレギュラー陣が多く、谷口世津が5万人の中からオーディションで選ばれて出演した。
時間ですよふたたび
東京・湯島で銭湯「梅の湯」が舞台。主演の森光子以外のキャストを一新した1980年代のリバイバル作品。とんねるずの出演が話題になり、スペシャルなども放送されている。銭湯を廃業しマンションに建て直すことを決めたウメの枕元に、30年来の従業員だった徳助の幽霊が現れる。
時間ですよたびたび
東京・根津で銭湯「梅の湯」が舞台。キャスティングではとんねるずが続投し、レギュラーに谷啓工藤静香等が加わった。ウメの夫・半次が家出後てから15年ぶりに姿を現したことで起こる騒動。
時間ですよ平成元年
前作と同じく「梅の湯」が舞台で、チェッカーズ時代の藤井フミヤSMAP中居正広などがレギュラー出演。設定が変更されている。梅の湯の長男・彦一と商売敵であるミラノ湯の娘・桃子が恋に落ちる。

経緯[編集]

1965年7月4日東芝日曜劇場で、単発ドラマとして『時間ですよ』が放送された(脚本:橋田壽賀子、演出:橋本信也、出演:十七代目中村勘三郎、森光子、中原ひとみ)。この、銭湯を舞台にした人情ドラマが好評であったため、5年後に連続ドラマ化されることになった。なお、連続ドラマ化の企画段階では『セントウ開始』というタイトルだった。

初期に脚本を手がけた橋田壽賀子が第3回をもって降板したのは、久世光彦が脚本にアドリブのシーンを入れるなど、橋田が思った通りの話を書けなかったからだという(「週刊朝日2009年5月の林真理子との対談より)。

シリーズ[編集]

時間ですよ(単発)[編集]

東芝日曜劇場、モノクロ放送。

放送年
  • 1965年7月4日、全1話
脚本
プロデューサー
ディレクター・監督
出演

時間ですよ(第1回 - 第30回)[編集]

このシリーズはモノクロ放送であった。

放送期間
  • 1970年2月4日 - 8月26日、全30回
脚本
音楽
演出
プロデューサー
  • 山本和夫
出演
  • 松野まつ(森光子)…「松の湯」の女将。祥造の妻。
  • 松野祥造(船越英二大映〉)…「松の湯」主人。
  • 松野一郎(松山英太郎)…松野家の一人息子。銭湯を継ぐのを嫌ってサラリーマンをしている。
  • 松野芙美(大空眞弓〈第1回 - 第7回〉、松原智恵子〈第8回以降〉)…一郎の嫁。
  • 児島〈石松〉浜子(悠木千帆)…「松の湯」の従業員。
  • 栗原市子(川口晶)…「松の湯」の従業員。
  • とみ子(紀比呂子) …市子の友人。後に「松の湯」の従業員となる。
  • 石松東(大辻伺郎)…後に浜子と結婚する。
  • 宮崎健(堺正章)…大学浪人をしながら「松の湯」で働いている。
  • たき(飯田蝶子)…「松の湯」の常連。
  • 亀井徳一(三代目江戸家猫八)…和菓子屋主人。祥造といつもつるんでいる。
  • 久子(石井富子)…「松の湯」の常連。初、君江と三人で連れ立って来る。
  • 初(富永美沙子)…「松の湯」の常連。
  • 君江(島田多江)…「松の湯」の常連。
  • 杉山警官(曾我廼家一二三)…町内の交番の巡査。
  • 亀井はる(近松麗江)…徳一の妻。
  • 幸一(下川辰平)…すし幸主人。
  • 島崎かね子(七尾伶子)…近所で印刷所を営む。
  • 浅太郎(左とん平)…「松の湯」の常連のチンピラ。
  • せい子(宝生あや子)…芙美の母。
  • 謙二(松山省二)…芙美の弟。
このシリーズのゲスト
主題歌

時間ですよ(第31回 - 第65回)[編集]

このシリーズからカラー放送となる。CSのTBSチャンネルでは、第33回は2013年2月7日には放送されたが、欠番となっている(ソープランドの旧称であるトルコ風呂が題材に使われているためか?)。

放送期間
脚本
音楽
  • 山下毅雄
演出
  • 砂原幸雄
  • 高畠豊
  • 竹之下寛次
  • 伊藤勇
  • 山泉脩
  • 片島謙二
  • 久世光彦 ほか
プロデューサー
出演
  • 松野まつ(森光子)
  • 松野芙美(松原智恵子)
  • 児島浜子(悠木千帆)
  • 福井サチコ(西真澄)…「松の湯」の従業員。
  • マリ(天地真理)…「松の湯」の隣に住む。洋裁の学校に通っている。
  • トミ子(紀比呂子)…元「松の湯」の授業員。現在はラーメン屋で働いている。
  • 宮崎健(堺正章)
  • 松野一郎(松山英太郎)
  • 松野祥造(船越英二)
  • 亀井徳一(江戸家猫八)
  • 亀井はる(近松麗江)
  • 正司敏夫(正司玲児)…夫婦で理容室を営んでいる。
  • 正司玲子(正司敏江)…敏夫の妻。「松の湯」でいつも派手な夫婦喧嘩をする。
  • 杉山警官(曾我廼家一二三)
  • りん子(鈴木紀子)…小料理屋「ポン太」の女将。
  • トン子(藤園貴巳子)…りん子の遠縁。店を手伝っている。
  • 釜田(かまやつひろし)…健の先輩。質屋の主人。
  • たき(飯田蝶子)
  • すし幸(下川辰平)
  • 森山せい子(宝生あやこ)
  • 森山信行(細川俊夫)…芙美の父。
  • マリの弟(山本コウタロー
  • 健の友達(はしだのりひこ
  • 健の友達(岸部シロー
  • 小山(小坂一也
  • 戸山(鈴木博三)…小山の友達。
  • 久子(富永美沙子)(第1シーズンでは石井富子が久子)
  • 初(石井富子)(第1シーズンでは美沙子が初)
  • 君江(島田多江)
  • ミヨ子(姫ゆり子)…杉山警官の妻
このシリーズのゲスト
主題歌
挿入歌

時間ですよ(第66回 - 第95回)[編集]

ギャグの要素が前回に比べ増えた。 [1]]

放送期間
  • 1973年2月14日 - 1973年9月5日、全30回
脚本
  • 小松君郎
  • 松田暢子
  • 福田陽一郎
  • 向田邦子 ほか
音楽
  • 山下毅雄
演出
  • 高畠豊
  • 竹之下寛次
  • 伊藤勇
  • 山泉脩
  • 片島謙二
  • 久世光彦
  • 近藤邦勝 ほか
プロデューサー
  • 久世光彦
出演
  • 伴淳三郎
  • 松野まつ(森光子)
  • 松野芙美(松原智恵子)
  • 大前田浜子(悠木千帆)
  • 相馬ミヨコ(浅田美代子)…両親を亡くし「松の湯」に雇われた。
  • 佳男(川口亮)…ミヨコの男友達。
  • 宮崎健(堺正章)
  • 松野一郎(松山英太郎)
  • 松野祥造(船越英二)
  • マリ(天地真理)
  • 亀井徳一(江戸家猫八)
  • 亀井はる(近松麗江)
  • 平吉(由利徹)…「だるま食堂」を営む。祥造・徳一とは飲み仲間。
  • さゆり(研ナオコ)…平吉の娘。
  • 高倉浅太郎(左とん平)
  • アラン (アラン・メリル) …ロックン・ローラー。
  • 釜田質店(かまやつひろし)
  • 田村涼子(篠ヒロコ)…小料理屋「おかめ」の女将。かつて風間の舎弟と心中して生き残った。
  • 風間(藤竜也)…元ヤクザ。いつも涼子の店の片隅で飲んでいる。
  • 福井サチコ(西真澄)…元「松の湯」の従業員。現在はマリと共に下宿し美容師を目指している。
  • 杉山警官(曾我廼家一二三)
  • トン子(藤園貴三子)…小料理屋「おかめ」の手伝いの娘。
  • 猫田(鈴木ヒロミツ)…釜田質店の従業員。
  • 総理(豊島泰三)…「松の湯」の常連客。周りから総理と呼ばれている。
  • お岩(武智豊子)…「松の湯」の常連客。
  • お千代(山田桂子)…「松の湯」の常連客。
  • シズ子(池田和歌子)…「松の湯」の常連客。
  • すみ江(茜夕子)…「松の湯」の常連客。
  • 田中久美…「松の湯」の常連客。
  • 野路きくみ…「松の湯」の常連客。
  • ミナミ(中津川みなみ)…さゆりの仲間。
  • カヨ子(あおいひさこ)…さゆりの仲間。 

このシリーズの主なゲスト

主題歌
  • スリー・グレイセス「時間ですよのテーマ」
    • 作曲:山下毅雄
  • 森光子「東京下町あたり
    • 作詞:阿久悠 作曲:山下毅雄 編曲:川口真(シリーズ後半のテーマソング。「時間ですよのテーマ」に歌詞をつけた作品)
    • 発売日:1973年4月21日
挿入歌

時間ですよ 昭和元年(全26回)[編集]

放送期間
脚本
音楽
演出
プロデューサー
  • 久世光彦
出演
  • 亀山てる(森光子)…「亀の湯」の女将
  • 亀山ツネ(悠木千帆)…てるの母
  • 亀山忠治(千昌夫)…亀山家の長男
  • 亀山信子(池波志乃)…忠治の嫁
  • 亀山美代(浅田美代子)…亀山家の長女
  • エツ子(谷口世津)…亀山家のお手伝い
  • 浅太郎(左とん平)
  • 江口写真館(由利徹)
  • 釜田(かまやつひろし)
  • アキ子(小川美希
  • 菊(大楠道代)…足抜け女郎
  • 十郎(細川俊之)…肺病のヤクザ
  • 大久保老人(財津一郎
  • 亀山平八郎(荒井注)…「亀の湯」の主人
主題歌
挿入歌

時間ですよ ふたたび(全8回)[編集]

放送期間
  • 1987年6月23日 - 1987年8月11日
脚本
音楽
演出
  • 久世光彦
  • 小泉守
  • 高野正雄
プロデューサー
  • 三浦寛二(KANOX
  • 太田登(KANOX)
  • 内野建(TBS
出演
  • 宝田ウメ(森光子)…「梅の湯」の女将。夫亡き後女手一つで店を切り盛りしている。
  • 近藤勝(石橋貴明)…「梅の湯」の従業員。
  • 遠藤明(木梨憲武)…「梅の湯」の従業員。
  • 平沼幸三郎(地井武男)…「梅の湯」の隣で貸衣装店を営む。弥生に片思いしている。南海ホークスの帽子がトレードマークの男やもめ。
  • 花房まり子[1]真璃子)…「梅の湯」のお手伝い。
  • 真柴りさ(河合美智子)…平沼の店の従業員。明の恋人。
  • 梶原昇(柄本明)…元ボクサー。りさの前の恋人。
  • 野々山葬儀店(桜井センリ
  • 橘不動産(ケーシー高峰)…「梅の湯」の土地を狙っている。
  • 長さん(高木ブー)…「梅の湯」の常連客。女性客の裸目当てに、わざと女湯の玄関から入るスケベ親父。
  • オカマ(おすぎ)…「梅の湯」の常連客。
  • 絹代(増田恵子)…小料理屋「ひさご」の女将。
  • 畠中徳助(植木等)…「梅の湯」の従業員だったが一話目で死亡。その後はウメだけがその姿を見ることができる幽霊となって登場する。
  • 今井(宝田)弥生:篠ひろ子…ウメの娘。姑とうまくいかず「梅の湯」に戻ってくる。
  • 宮崎健(堺正章)…最終回のみゲスト出演。
主題歌
  • 「時間ですよ ふたたび のテーマ」
挿入歌

時間ですよスペシャル〜天使の誘惑〜[編集]

弥生と幸三郎の婚礼の支度で賑わう梅の湯で食べ物が消える珍事件が相次ぐ。その犯人とは?
放送日
脚本
音楽
  • 小林亜星
演出
  • 久世光彦
  • 高野正雄
プロデューサー
  • 三浦寛二(KANOX)
  • 太田登(KANOX)
  • 内野建(TBS
出演
  • 宝田ウメ(森光子)
  • 近藤勝<昭坊>(石橋貴明)
  • 遠藤明<竜ちゃん>(木梨憲武)
  • 平沼幸三郎(地井武男)
  • マリコ(真璃子)
  • 美南子(南野陽子)…ウメの死んだ夫の隠し子?
  • 平吉(由利徹)
  • 釜田(かまやつひろし)
  • 平沼弥生(篠ひろ子)…平沼と再婚する。

時間ですよ たびたび(全13回)[編集]

放送期間
  • 1988年7月11日 - 1988年10月3日
脚本
音楽
  • 小林亜星
演出
  • 久世光彦
  • 高野正雄
プロデューサー
  • 三浦寛二(KANOX
  • 太田登(KANOX)
  • 内野建(TBS
出演
  • 宝田ウメ(森光子)
  • 近藤勝(石橋貴明)
  • 遠藤明(木梨憲武)
  • 平沼幸三郎(地井武男)…弥生の夫、中学校教諭。
  • 宝田さつき(工藤静香)…宝田家の次女、看護学校の学生。
  • みなみ(岡本南)…「梅の湯」のお手伝い。
  • 武藤平吉(由利徹)…小料理屋の主人。
  • 武藤マリコ(真璃子)…平吉の娘、小料理屋の看板娘。
  • 釜田(かまやつひろし)…質屋店主。
  • 菊田先生(小鹿番
  • 中村先生(北見治一
  • 宝田半次(谷啓)…ウメの夫。さつきが幼い頃、愛人と蒸発した。
  • 平沼弥生(篠ひろ子)
主題歌
挿入歌

時間ですよ 新春スペシャル「梅の湯はギャグでいっぱい」[編集]

放送日
脚本
  • 山元清多
  • 橋本以蔵
音楽
  • 小林亜星
演出
  • 久世光彦
  • 高野正雄 ほか
プロデューサー
  • 三浦寛二(KANOX
  • 太田登(KANOX)
  • 内野建(TBS
出演
  • 宝田ウメ(森光子)
  • 近藤勝(石橋貴明)
  • 遠藤明(木梨憲武)
  • 平沼幸三郎(地井武男)
  • 宝田さつき(工藤静香)
  • みなみ(岡本南)
  • 武藤平吉(由利徹)
  • 武藤マリコ(真璃子)
  • 釜田(かまやつひろし)
  • 菊田先生(北見治一)
  • 宝田半次(谷啓)
  • 平沼弥生(篠ひろ子)
第1話「えっ、明くんがお見合い? そりゃあ、もう大変さ!」ゲスト

明のお見合いとその破談の顛末。

第2話「勝ちゃんが恋におちて そりゃあ、もう大変さ!」ゲスト

勝の命をかけた恋とその失恋の物語。

第3話「梅の湯は愛の嵐で そりゃあ、もう大変さ!」ゲスト

ウメの粋な計らいで明と勝の恋が成就するまで。

※3つのドラマの間に名場面を紹介する「カタログ時間ですよ」「思い出の時間ですよ」が挿入
第4部・バラエティー「時間ですよ・二十年史」ゲストほか
正月に当番組を部屋で見ている山形県出身の姉妹

時間ですよ 平成元年(全11回)[編集]

放送期間
脚本
音楽
  • 小林亜星
演出
  • 久世光彦
  • 高野正雄
プロデューサー
  • 三浦寛二(KANOX
  • 太田登(KANOX)
  • 内野建(TBS
出演
  • 宝田ウメ(森光子)…「梅の湯」の女将。
  • 宝田彦一(藤井郁弥)…宝田家の長男。東大出で通産省に勤める。
  • 宝田ヒロシ(中居正広)…宝田家の次男。
  • 平沼幸三郎(地井武男)…弥生の夫。
  • 伴雪之丞(柄本明)…「梅の湯」の従業員。
  • 林平吉(由利徹)
  • 花さん(広岡由里子)…「梅の湯」の従業員。
  • 金沢美和(川越美和)…「梅の湯」のお手伝い。
  • 釜田(かまやつひろし)
  • 菊田先生(小鹿番
  • 中村先生(北見治一)
  • 宝田半次(谷啓)…「梅の湯」の主人。
  • 平沼弥生(篠ひろ子)…宝田家の長女。
  • 「ミラノ湯」主人(小林亜星)…「梅の湯」とは犬猿の仲。
  • 桃子(つみきみほ)…「ミラノ湯」の娘。彦一と恋に落ちる。
主題歌
挿入歌

新春!時間ですよスペシャル「梅の湯の結婚式はギャグでいっぱい」[編集]

大晦日から正月にかけて梅の湯で起こる騒動の数々を描く。
第一部
大晦日の梅の湯は彦一と桃子の婚礼を控えて大忙し。そこへ彦一の元恋人のナオミがウェデイング姿で飛び込んでくる。
第二部
森光子と懐かしのメンバーによるバラエティーコーナー。
第三部
正月二日の彦一と桃子の婚礼。そこへ彦一の幼馴染の鉄男がやってきてひと波乱を起こす。
放送日
脚本
  • 山元清多
  • 水谷竜二
音楽
  • 小林亜星
演出
  • 久世光彦
プロデューサー
  • 三浦寛二(KANOX
  • 太田登(KANOX)
  • 内野建(TBS
出演
  • 宝田ウメ(森光子)
  • 宝田彦一(藤井郁弥)
  • 宝田ヒロシ(中居正広)
  • 平沼幸三郎(地井武男)
  • 伴雪之丞(柄本明)
  • 林平吉(由利徹)
  • 金沢美和(川越美和)
  • 釜田(かまやつひろし)
  • 菊田先生(小鹿番)
  • 中村先生(北見治一)
  • 宝田半次(谷啓)
  • 平沼弥生(篠ひろ子)
  • 「ミラノ湯」主人(小林亜星)
  • 桃子(つみきみほ)
  • ヒロシの友達(木村拓哉稲垣吾郎森且行草彅剛香取慎吾

時間ですよ殺人事件! 梅の湯に死体が一つ浮んだ[編集]

時代設定を大正12年にずらした「梅の湯」が舞台のミステリー。

放送日
脚本
音楽
  • 小林亜星
演出
  • 久世光彦
プロデューサー
  • 三浦寛二
  • 内野建
出演
  • 宝田ウメ(森光子)…「梅の湯」の女将。
  • 徳子(井森美幸)…ウメの姪。江戸川乱歩に心酔し、推理小説家を目指して上京してくる。
  • 英太郎(地井武男)…宝田家の長男。梅の湯の土地の権利書を持ち出してエノキンから借金をする。
  • 榎本金蔵<エノキン>(柄本明)…高利貸し。「梅の湯」の浴槽で殺されているのを発見される。
  • 金沢美和(川越美和)…過去に秘密のある英太郎の恋人。
  • 宝田半次(谷啓)…「梅の湯」の主人。

ネットしていた局[編集]

関連作品[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 時間ですよふたたび
  2. ^ ただし、再放送は腸捻転解消以降、第1シリーズから一貫して毎日放送で行われた。
TBS 水曜劇場(1970年2月 - 8月)
前番組 番組名 次番組
甘柿しぶ柿つるし柿
(1969.10.15-1970.1.28)
時間ですよ(第1シリーズ)
(1970.2.4-8.26)
こけこっこー!
(1970.9.2-1971.1.13)
TBS系 水曜劇場(1971年4月-1972年3月)
時間ですよ(第2シリーズ)
(1971.7.21-1972.3.15)
はーいただいま
(1972.3.22-6.28)
TBS系 水曜劇場(1973年2月-9月)
かっこうわるつ
(1972.11.1-1973.2.7)
時間ですよ(第3シリーズ)
(1973.2.14-9.5)
娘はむすめ
(1973.9.12-1974.1.9)
TBS系 水曜劇場(1974年10月-1975年4月)
寺内貫太郎一家
(1974.1.16-10.9)
時間ですよ昭和元年
(1974.10.16-1975.4.9)
寺内貫太郎一家2
(1975.4.16-11.5)
TBS系 火曜20時台連続ドラマ枠(1987年6月-8月)
時間ですよふたたび
TBS系 月曜21時台連続ドラマ枠(1988年7月-10月)
時間ですよたびたび
3年B組金八先生
(第3シリーズ)
TBS系 火曜20時台連続ドラマ枠(1989年10月-12月)
※本番組より連続ドラマ枠
時間ですよ平成元年