この広い野原いっぱい

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
この広い野原いっぱい
森山良子シングル
A面 この広い野原いっぱい
B面 一番星の歌
リリース
規格 シングルレコード
ジャンル 歌謡曲フォークソング
レーベル フィリップス・レコード
作詞・作曲 作詞: 小薗江圭子
作曲: 森山良子
ゴールドディスク
  • 不明
森山良子 シングル 年表
この広い野原いっぱい
1967年
ふたつの手の想い出
1967年
テンプレートを表示
みんなのうた
この広い野原いっぱい
歌手 森山良子
作詞者 小薗江圭子
作曲者 森山良子
編曲者 前田憲男
映像 実写
初放送月 1974年4月-5月
その他 1983年3月21日放送の『特集』と、2012年3月16日放送の『発掘スペシャル』で再放送。
テンプレートを表示

「この広い野原いっぱい」(このひろいのはらいっぱい)とは、1967年(昭和42年)1月2日にリリースされた日本のフォークソングである。

概要[編集]

作詞小薗江圭子、作曲森山良子のフォークソングで、レコーディングされたものがフィリップス・レコードからリリースされている。

内容は、見渡す限りの大自然を、すべて捧げるかわりに、あなたからの手紙が欲しいと願う内容となっている。

エピソード[編集]

Farm-tomita 01.jpg

本曲は森山良子が東京銀座画廊を訪れた際に見つけたスケッチブックの詩に30分で曲をつけたものである[1]

森山が学生時代に自身が出演していたラジオ番組で本曲をオンエアしたところ、これが評判を呼ぶ。森山自身はジャズシンガー志望であったが、本曲をフィリップス・レコードから1967年1月2日にリリースするとヒットソングとなり、その後「禁じられた恋」、「さとうきび畑」、「涙そうそう」などジャズ以外の分野でばかりヒットソングに恵まれてしまう結果となった。その皮切りとなった曲がこの曲だったとされている[2]。なお、森山自身は本曲のヒットによって本来目指していたジャズからフォークへの道を進んだことに際しては「あの時代ゆえだったのか……」と後に語っている[3]

この曲は、小学校の音楽の教科書にも採用され、1974年にNHK番組の『みんなのうた』でも採用されて全国的に放送されている。

2000年の夏に発売された、プレイステーション用のゲームぼくのなつやすみ』のエンディングにも採用されている(歌は大藤史)。プレイステーション用のゲームのエンディングに昭和時代のフォークソングが採用された例は他にない。

収録曲[編集]

  1. この広い野原いっぱい(FS-1006)
    作詩:小薗江圭子[注 1] 作曲:森山良子 編曲:服部克久
  2. 一番星の歌
    作詩:佐々木毛茶布 作曲:麻田浩 編曲:服部克久

みんなのうた[編集]

『みんなのうた』で紹介されたのは1974年4月-5月で、編曲は前田憲男、歌は森山自身が歌った。映像は実写で、城ヶ島でロケーションが行われた。

1983年3月21日放送の『特集みんなのうた』では再放送されたが、通常番組では再放送されなかった。だが2011年からの「みんなのうた発掘プロジェクト」で映像が発見され、2012年3月16日深夜(3月17日未明)放送の『みんなのうた発掘スペシャル』内で、38年弱ぶりの再放送となった。

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 1967年のレコード盤では、作詩者は高橋兵蔵となっている。

出典[編集]

関連項目[編集]