森且行

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
森 且行
個人情報
誕生日 1974年2月19日(41歳)
出身地 日本の旗 日本東京都
身長 178cm
体重 60.2kg
スポーツ
競技 オートレース
プロ転向 1997年
担当コーチ 広瀬登喜夫
成績
自己ベスト 川口オートGI開設57周年記念グランプリレース優勝(2009年1月28日
テンプレートを表示

森 且行(もり かつゆき、1974年2月19日 - )は、日本オートレース選手である。オートレース選手に転向する1996年5月までは、日本の男性アイドルグループSMAPのメンバーとして活動していた。

東京都出身。オートレース選手としての所属はJKA川口オートレース場、SMAP時代の所属芸能事務所ジャニーズ事務所。公式ファンクラブはAngelを経てビアンコ。

来歴[編集]

私生活[編集]

  • 趣味は旅行である[2]

芸能界引退に関するエピソード[編集]

  • 芸能界引退直前に中居正広が司会を務めたフジテレビTK MUSIC CLAMP』に出演し、「(オートレースの)スターになるよ、絶対」と中居に約束していた[3]
  • 森の脱退時、中居はSMAPの解散を考えたという[4]
  • 引退後に入学するオートレースの養成学校では丸刈りにしなければいけなかったため、その場にいなかった稲垣を除くSMAPメンバーで断髪式を行った[5]
  • SMAPが総合司会を務めた2014年の『FNS27時間テレビ』の終盤において、森がメンバーに宛てた手紙が読まれる一幕があった[6][5]
  • この約1ヶ月後、BSフジたけしの等々力ベース』に出演した森は、『FNS27時間テレビ』内で自身の手紙が読まれたことについて、「僕の手紙で感動してくれたので嬉しかった」と、自身のメンバーへの思いが伝わったことに素直に喜んだ。一方で、SMAPのメンバーとの共演には「それは(オートレースで)日本一になると約束したので、日本一になれるまでは考えていません」と否定し、自身の目標・メンバーとの約束を果たした上での「再会」を希望しているとした[7]

主な出演作品[編集]

テレビドラマ[編集]

『3年B組金八先生』を除き、基本的にソフト化されていない。

映画[編集]

  • シュート!(1994年) - 白石健二 役
    • 1994年6月29日にVHSで発売。その後2002年6月25日にDVD化されている。この映画は他のメンバー5人とともにSMAPが主演であり、テレビ番組でSMAPの過去を振り返るときに流れることがあるが、森の出演部分はカットされることが多い。しかし、2010年1月4日にフジテレビと一部系列局で放送したときはノーカットで放送された。
  • 大失恋。(1995年) - 純 役

舞台[編集]

オートレース選手として[編集]

活動概略[編集]

  • 1996年8月25日:走行訓練中に金網に激突し、左股関節脱臼骨折の重傷[8]東京医科大学病院にて手術を受け、入院・リハビリを行う[8]
  • 1997年春:負傷により、同期生に数ヶ月遅れて養成所を卒業。指導員に広瀬登喜夫が就いた[9]
  • 1997年7月6日:デビュー戦を1着で飾る。森の存在により、この日の川口オートには3万5千人ものファンが押し寄せたと言われている。同年、日刊三賞・特別賞受賞。
  • 1998年4月14日:25期生の新人王決定戦で優勝。
  • 1998年:オートレース選手の森且行としてポカリスエットのCMに出演。
  • 2001年:オートレース選手の森且行としてユニクロのCMに出演。
  • 2003年10月4日:念願のグレードレース若獅子杯 (GII) で優勝。
  • 2004年3月21日SG(グレードレース最高峰)第17回全日本選抜オートレースで初優出(5着)。
  • 2005年7月28日 - 31日鈴鹿8時間耐久ロードレースでオートレース・ハルクプロ監督を務め、青木治親・安田毅史ペアが総合3位。クラス優勝した。
  • 2007年4月:平成19年度のオートレースイメージキャラクターに選ばれ同CMに出演。
  • 2007年4月15日 - 18日:川口オートレース場の開催で、自身初の完全優勝を達成[10]。優勝戦は雨コースでの勝利であった(雨の路面では抜群の強さをみせる)。
  • 2008年度後期適用ランク(平成20年1 - 6月の結果を基に算出)で全国14位となり、初めて川口オートレース場で1位となった。
  • 2008年12月9日:5年ぶりとなるGII優勝(西日本鉄道 GII第4回オーバルチャンピオンカップ)
  • 2009年1月28日:初のGI優勝(川口オート第57回GI開設記念グランプリレース)
  • 2009年度前期適用ランク(平成20年7月 - 12月の結果を基に算出)で全国5位となり、2期連続で川口オートレース場1位となった。

主な勝績[編集]

  • デビュー戦(1997年)
  • 新人王決定戦(1998年)
  • 山陽オートレースGII若獅子杯争奪戦(2003年)
  • 川口オートレース場開催レース(一般開催)、自身初の完全優勝(2007年)
  • 飯塚オートレースGII第4回オーバルチャンピオンカップ(2008年)
  • 川口オートGI開設57周年記念グランプリレース(2009年)
  • 川口オートGI第37回日刊スポーツ キューポラ杯(2013年)
  • 川口オートGII川口記念(2014年)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ オート森且行 17年前SMAPと「日本一」誓い合う東京スポーツWeb7月30日
  2. ^ 森且行選手プロフィール|ネットスタジアム|オートレースオフィシャル”. オートレース AutoRace Official Website. 2014年7月27日閲覧。
  3. ^ CLAMP TALK (NON EDITED VERSION) Vol.30 フジテレビ 1996年5月29日 OA
  4. ^ SMAP最初の解散危機は森脱退だった”. デイリースポーツ online. (2014年7月27日) 2014年7月27日閲覧。
  5. ^ a b [1]
  6. ^ SMAP感涙…森且行、直筆手紙で感謝”. ORICON STYLE. (2014年7月27日) 2014年7月27日閲覧。
  7. ^ 『THE PAGE』2014年8月26日配信
  8. ^ a b 。「アイドルがレーサーになる日 〜森且行23歳 400日の挑戦」NHK総合、1997年8月16日放送[要高次出典]
  9. ^ 選手間で「森争奪戦」が発生することを危惧した選手会側から広瀬に指導員の依頼が行われた
  10. ^ 平成19年度埼玉県営第1回第1節(2007年4月15日)第12レース競走成績
    平成19年度埼玉県営第1回第1節(2007年4月16日)第11レース競走成績
    平成19年度埼玉県営第1回第1節(2007年4月17日)第11レース競走成績
    平成19年度埼玉県営第1回第1節(2007年4月18日)第12レース競走成績

外部リンク[編集]