森且行

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
もり かつゆき
森 且行
生誕 (1974-02-19) 1974年2月19日(43歳)
日本の旗 日本 東京都足立区
国籍 日本の旗 日本
配偶者 あり

森 且行(もり かつゆき、1974年2月19日 - )は、日本オートレース選手。オートレース選手になる前は、男性アイドルグループSMAPメンバーとして活動していた。

東京都足立区出身。オートレース選手としての所属はJKA川口オートレース場。公式ファンクラブはAngelを経てビアンコ。SMAP時代の所属芸能事務所ジャニーズ事務所

来歴[編集]

私生活[編集]

芸能界引退に関するエピソード[編集]

  • 芸能界引退直前に中居正広が司会を務めたフジテレビTK MUSIC CLAMP』に出演し、「(オートレースの)スターになるよ、絶対」と中居に約束していた[6]
  • 森の脱退時、中居はSMAPの解散を考えたという[7]
  • 引退後に入学するオートレースの養成学校では丸刈りにしなければいけなかったため、その場にいなかった稲垣を除くSMAPメンバーで断髪式を行った[8]
  • SMAPが総合司会を務めた2014年の『FNS27時間テレビ』の終盤において、森がメンバーに宛てた手紙が読まれる一幕があった[9][8]
  • この約1ヶ月後、BSフジたけしの等々力ベース』に出演した森は、『FNS27時間テレビ』内で自身の手紙が読まれたことについて、「僕の手紙で感動してくれたので嬉しかった」と、自身のメンバーへの思いが伝わったことに素直に喜んだ。一方で、SMAPのメンバーとの共演には「それは(オートレースで)日本一になると約束したので、日本一になれるまでは考えていません」と否定し、自身の目標・メンバーとの約束を果たした上での「再会」を希望しているとした[10]
  • 2016年12月28日発売のSMAPのビデオ・クリップ集『Clip! Smap! コンプリートシングルス』には森の映像も収録された[11]

主な出演作品[編集]

テレビドラマ[編集]

3年B組金八先生』を除き、基本的にソフト化されていない。

  • 3年B組金八先生 第3シリーズ(1988年、TBS) - 谷口健治 役
    • 他のシリーズがソフト化される中、このシリーズのみソフト化が見送られていた。しかし、放送から19年経った2007年10月26日・11月23日にDVDとして初めてソフト化された。2つのDVD-BOXに分けての販売のみ。
  • 東芝日曜劇場 第1698回「かあちゃんと息子」(1989年8月23日、TBS) - 佐川佳夫 役
  • ツヨシしっかりしなさい(1989年、日本テレビ) - 主演・井川強 役
  • 世にも奇妙な物語(三日間だけのエース」(1991年11月21日、フジテレビ) - 主演・隆司 役
  • ドラマシティ'92「汚点〜替え玉入試事件」(1992年、読売テレビ) - 広瀬晃二 役
  • 娘屋の話3 雨あがり(1992年12月27日、TBS)- 田島正夫 役
  • NHKスペシャル「列島ドラマシリーズ 魚のように」(1993年3月28日、NHK
  • 真夜中を駆けぬける(1993年、朝日放送) - トキオ 役
  • 君が見えない(1994年、関西テレビ) - 松村次郎 役
  • ママのベッドへいらっしゃい(1994年、テレビ朝日) - 佐伯龍一 役
  • SALE!(1995年、朝日放送) - 近藤環 役

映画[編集]

  • シュート!(1994年) - 白石健二 役
    • 1994年6月29日にVHSで発売。その後2002年6月25日にDVD化されている。この映画は他のメンバー5人とともにSMAPが主演であり、テレビ番組でSMAPの過去を振り返るときに流れることがあるが、森の出演部分はカットされることが多い。しかし、2010年1月4日にはフジテレビと一部系列局でノーカット放送された。
  • 大失恋。(1995年) - 純 役

舞台[編集]

  • 花影の花 〜大石内蔵助の妻〜(1992年) - 大石主税 役
  • 魔女の宅急便(1993年) - トンボ 役
  • 花影の花 〜大石内蔵助の妻〜(1995年) - 大石主税 役/大石大三郎 役(二役)

オートレース選手として[編集]

選手データ[編集]

  • プロフィール
    • 選手登録 - 1997年6月27日
    • 身長 - 178.0cm
    • 体重 - 61.1kg
    • 血液型 - B型
    • 趣味 - 旅行
  • 戦歴
    • 通算優勝回数: 30回
    • グレードレース (SG,GI,GII)優勝回数: 5回
    • 全国区レース優勝回数、SG優勝回数: 0回
    • GI優勝回数: 2回
    • GII優勝回数: 3回
  • 受賞歴
    • 特別賞: 1回
    • 日刊三賞・特別賞: 1回

略歴[編集]

  • 1996年8月25日、走行訓練中に金網に激突し、左股関節脱臼骨折の重傷[12]東京医科大学病院にて手術を受け、入院・リハビリを行う[12]
  • 1997年春、負傷により、同期生に数ヶ月遅れて養成所を卒業。指導員に広瀬登喜夫が就いた[13]
  • 1997年7月6日、デビュー戦を1着で飾る。森の存在により、この日の川口オートには3万5千人ものファンが押し寄せたと言われている。同年、日刊三賞・特別賞受賞。
  • 1998年4月14日、25期生の新人王決定戦で優勝。
  • 1998年、オートレース選手の森且行としてポカリスエットのCMに出演。
  • 2001年、オートレース選手の森且行としてユニクロのCMに出演。
  • 2003年10月4日、念願のグレードレース若獅子杯 (GII) で優勝。
  • 2004年3月21日SG(グレードレース最高峰)第17回全日本選抜オートレースで初優出(5着)。
  • 2005年7月28日 - 31日鈴鹿8時間耐久ロードレースでオートレース・ハルクプロ監督を務め、青木治親・安田毅史ペアが総合3位。クラス優勝した。
  • 2007年4月、平成19年度のオートレースイメージキャラクターに選ばれ同CMに出演。
  • 2008年度後期適用ランク(平成20年1 - 6月の結果を基に算出)で全国14位となり、初めて川口オートレース場で1位となった。
  • 2008年12月9日、5年ぶりとなるGII優勝(西日本鉄道 GII第4回オーバルチャンピオンカップ)
  • 2009年1月28日、初のGI優勝(川口オート第57回GI開設記念グランプリレース)
  • 2009年度前期適用ランク(平成20年7月 - 12月の結果を基に算出)で全国5位となり、2期連続で川口オートレース場1位となった。

グレードレース戦歴[編集]

  • GI戦歴
    • GI優勝回数: 2回
      • 川口(09年開設記念グランプリレース、13年キューポラ杯争奪戦)
  • GII戦歴
    • GII優勝回数: 3回
      • 川口(14年川口記念)
      • 山陽(03年若獅子杯争奪戦)
      • 飯塚(08年オーバルチャンピオンカップ)

CM出演[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ オート森且行 17年前SMAPと「日本一」誓い合う東京スポーツWeb 2013年7月30日)
  2. ^ 森且行が日本トーターとスポンサー契約日刊スポーツWeb 2015年8月1日)
  3. ^ 森且行コラム 森Diary(Gamboo 2015年9月3日)
  4. ^ SMAP解散の忘年会、事務所からの“中止勧告”で直前に店変更 堺正章プロデュースの焼肉店に(デイリー新潮 2017年1月13日)
  5. ^ 森且行選手プロフィール|ネットスタジアム|オートレースオフィシャル”. オートレース AutoRace Official Website. 2014年7月27日閲覧。
  6. ^ CLAMP TALK (NON EDITED VERSION) Vol.30 フジテレビ 1996年5月29日 OA
  7. ^ SMAP最初の解散危機は森脱退だった”. デイリースポーツ online. (2014年7月27日) 2014年7月27日閲覧。
  8. ^ a b [1]
  9. ^ SMAP感涙…森且行、直筆手紙で感謝”. ORICON STYLE. (2014年7月27日) 2014年7月27日閲覧。
  10. ^ 森且行 SMAPメンバーの涙に「嬉しかった」, THE PAGE, 2014年8月26日
  11. ^ SMAP最後の映像作品 ブルーレイ・DVDは森且行カットせず,デイリースポーツ,2016年11月4日
  12. ^ a b 。「アイドルがレーサーになる日 〜森且行23歳 400日の挑戦」NHK総合、1997年8月16日放送[要高次出典]
  13. ^ 選手間で「森争奪戦」が発生することを危惧した選手会側から広瀬に指導員の依頼が行われた

関連項目[編集]

外部リンク[編集]