昭和の階段 Vol.1

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
昭和の階段 Vol.1
工藤静香カバー・アルバム
リリース
録音 エクスタシーレコード
ジャンル J-POP
時間
プロデュース 工藤静香
チャート最高順位
工藤静香 アルバム 年表
Jewelry Box
(2002年)
昭和の階段 Vol.1
2002年
My Favorite Songs 〜Original Best〜
(2002年)
テンプレートを表示

昭和の階段 Vol.1』(しょうわのかいだん ボリューム・ワン)は、工藤静香初のカバー・アルバム。2002年10月30日発売。発売元は株式会社エクスタシーレコード、販売元はユニバーサルミュージック株式会社。

解説[編集]

  • 2002年7月3日に発売されたアルバム『Jewelry Box』発売時のインストア・イベントにて、カバー・アルバムを製作することを公言していた。
  • 曲順は、世に出たのがより新しい曲から、階段を下りていくように終戦間もない頃の楽曲へと続いていく。
  • レコード店などの新譜情報では、「曼珠沙華 / 山口百恵」・「湖畔の宿 / 高峰三枝子」が収録曲に記載されていたが、実際は、「元気を出して / 竹内まりや」・「なんとなくなんとなく / 井上順」に変更された。「曼珠沙華 / 山口百恵」は、2005年5月25日発売の山口百恵トリビュートアルバム『山口百恵トリビュート Thank You For…part2』及び、2007年8月29日発売の工藤静香(ソロ)デビュー20周年記念ベスト『Shizuka Kudo 20th Anniversary the Best』に収録された。
  • なんとなくなんとなく」は、イオンクレジットサービスのCFソングに起用された。
  • 1995年頃、NHK音楽番組『ふたりのビッグショー』に森口博子と出演した際、番組の最後に「元気を出して」を歌ったことがある。
  • ジャケットは工藤自身の幼年期。また、中の歌詞掲載の箇所も幼年期の工藤の写真が掲載されている。

収録曲[編集]

  1. 元気を出して薬師丸ひろ子 / 竹内まりや
  2. 恋人よ五輪真弓
    • 作詞・作曲:五輪真弓、編曲:澤近泰輔
    • 五輪真弓1980年の楽曲。カバー定番のスタンダード・ナンバー。
  3. カサブランカ・ダンディ沢田研二
  4. かもめはかもめ研ナオコ / 中島みゆき
  5. 氷の世界井上陽水
  6. 黒の舟唄野坂昭如
  7. なんとなくなんとなく井上順
  8. コーヒー・ルンバ西田佐知子
    • 作詞:Jose Manzo Perroni/訳詞:中沢清二、作曲:Jose Manzo Perroni、編曲:澤近泰輔
    • 西田佐知子がカヴァーし、1961年に発表された楽曲。西田は本楽曲で『NHK紅白歌合戦』に初出演を果たした。
  9. アカシアの雨がやむとき (西田佐知子)
  10. カスバの女エト邦枝
  11. 黒百合の歌織井茂子
  12. テネシー・ワルツ江利チエミ
    • 作詞:Redd Stewart・Pee Wee King/訳詞:和田寿三、作曲:Redd Stewart・Pee Wee King、編曲:澤近泰輔
    • 1948年に生まれたアメリカの楽曲。1952年江利チエミが一部日本語で歌った。
  13. 星の流れに菊池章子