水木かおる

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

水木 かおる(みずき かおる、本名:奥村聖二1926年〈大正15年〉7月14日 - 1998年〈平成10年〉7月4日)は、東京府豊多摩郡(現東京都中野区)出身の作詞家[1]。旧制二松學舍専門学校卒業[1]

経歴[編集]

1959年(昭和34年)、戦後しばらく歌の制作を中止していたポリドールが流行歌制作を再開した際、専属作詞家となり、西田佐知子「アカシアの雨がやむとき」で作詞家デビューする。その後も、「霧笛が俺を呼んでいる」、「エリカの花散るとき」、「赤い風船」、「くちなしの花」、「みちづれ」、「二輪草」などを作詞する。特に1978年発表の「みちづれ」(牧村三枝子)、晩年に制作した「二輪草」(川中美幸)は、共に売り上げ100万枚以上を記録する大ヒットとなった。

1998年(平成10年)7月4日、心筋梗塞で死去した。享年71。

主な作品[編集]

校歌[編集]

脚注[編集]