赤木圭一郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
あかぎ けいいちろう
赤木 圭一郎
本名 赤塚 親弘
(あかつか ちかひろ)
別名義 第三の男
トニー
生年月日 (1939-05-08) 1939年5月8日
没年月日 (1961-02-21) 1961年2月21日(21歳没)
出生地 日本の旗 日本 東京府麻布区麻布笄町
出身地 日本の旗 日本 神奈川県藤沢市鵠沼
死没地 日本の旗 日本 東京都北多摩郡狛江町
ジャンル 俳優
歌手
活動期間 1958年 - 1961年
活動内容 1958年:デビュー『紅の翼
1959年:初主演『素っ裸の年令
主な作品
映画
素っ裸の年令
拳銃無頼帖』シリーズ
霧笛が俺を呼んでいる

赤木 圭一郎(あかぎ けいいちろう、1939年昭和14年〉5月8日 - 1961年昭和36年〉2月21日)は、日本映画俳優。本名、赤塚 親弘(あかつか ちかひろ)[1]。愛称はトニー

経歴[編集]

生い立ち[編集]

東京府麻布区麻布笄町(現在の東京都港区西麻布4丁目)で歯科医の家庭に生まれ[2]、後に神奈川県鎌倉市へ疎開。1948年昭和23年)4月藤沢市鵠沼に転居する。

栄光学園中学校から藤沢市立鵠沼中学校を経て神奈川県立鎌倉高等学校卒業後、成城大学に入学した(在学中に他界)。

映画界入り[編集]

1958年昭和33年)、日活第4期ニューフェイスとして日活へ入社。石原裕次郎主演の『紅の翼』に本名の「赤塚親弘」名義で群衆の一人としてエキストラ出演し、これが映画デビュー作となった。その西洋的風貌や退廃的な雰囲気がこれまでの日本人俳優にはない個性として評判を呼び、「トニー」の愛称で主人公の弟分や準主役級として出演するようになった。この愛称は、1950年代から1960年代にかけて人気のあったハリウッドスタートニー・カーティスにどことなく風貌が似ていたことが由来である[1][3][4][5]

1959年(昭和34年)、鈴木清順監督の『素っ裸の年令』で初主演を果たす。その後、『拳銃無頼帖』シリーズなど20本以上の無国籍アクション映画に主演し、日活のアクション俳優として「タフガイ=石原裕次郎」「マイトガイ=小林旭」に続く「第三の男」と呼ばれた[6]。その風貌から「和製ジェームズ・ディーン[7]とも云われた[8][9][10]

『霧笛が俺を呼んでいる』(1960年)では少年時代からの憧れだったという船乗りを演じ、「マドロス姿が最もさまになる日活俳優」とも評価された[6][11]。より多忙になる中でステレオやスポーツカー、オートバイなどに趣味を広げ、カーマニアとしても知られるようになった。

映画鑑賞も愛好しており、アンジェイ・ワイダ監督のポーランド映画『灰とダイヤモンド』を何度も観ていて、暗く影のある主人公マチェックに非常に共感していたという。逆に自身の俳優業には違和感を覚えていたようで、ゲスト出演したラジオ番組では「映画は好きだけどやるのは好きじゃないです」と語っていた[12]

歌手としても、日本グラモフォンポリドール)から『霧笛が俺を呼んでいる』をはじめとする数々のヒット曲をリリースしている(生前レコーディングしたのは、全部で25曲)。

急死[編集]

1961年昭和36年)2月14日12時20分頃、石原裕次郎のケガにより代役となって撮影に臨んだ映画『激流に生きる男[13]のセット撮影中の昼休憩時に、セールスマンが持ってきたゴーカート日活撮影所内で運転中、咄嗟にブレーキとアクセルを踏み違え、60km/h以上のスピードで大道具倉庫の鉄扉に激突し、東京都北多摩郡狛江町(現:狛江市)にある慈恵医大病院に緊急搬送された。一時は意識が戻ったものの、2月20日になって再び昏睡状態に陥り、2月21日午前7時50分、前頭骨亀裂骨折に伴う硬膜下出血のため、21歳の若さで死去した。赤木の家族らと共に長門裕之も臨終に居合わせた。葬儀は杉並区永福にある大円寺にて2月23日の午後2時より執り行われ、多くの芸能関係者などが参列した。

事故直前に、同じく『激流に生きる男』出演中で撮影所にいた子役時代の江木俊夫は、赤木からゴーカートに誘われていたが、小林旭から「一緒に行くと危ないぞ、それより飯でも食おうよ」と呼ばれたため行くのを止め、小林と共に食堂で食事をしているところに、外から大きな音と騒ぎが聞こえて赤木の事故を知ったという[14]

また、赤木の死に顔を見た宍戸錠は、「まるでハリウッドの俳優ルドルフ・ヴァレンティノのようだった」と語った。宍戸は、長門など他の俳優やスタッフらと共に赤木がゴーカートを走らせる前からその場に居合わせており、弟の郷鍈冶、そして杉山俊夫共々家族同様に親しい間柄だった[15]

赤木のプロマイドは、死後6年経った1967年(昭和42年)まで、男優部門での売り上げ10位以内に入り続けるという高い人気を保ち、同年には『激流に生きる男』の未完成フィルムの一部と、ゆかりの俳優たちの座談会などで構成された『赤木圭一郎は生きている 激流に生きる男』が公開され、写真集やレコードも発売された。

同じ日活の後輩女優で共演の経験もある吉永小百合(赤木からは「ラビットちゃん」という愛称で呼ばれていた)は、赤木を「憧れの先輩だった」と語り、自身の著書や写真集、日活時代の思い出を語るインタビューなどで赤木とのエピソードや写真を挙げている。加山雄三も、日活と東宝で籍を置いた会社こそ違ったものの、1960年の秋、雑誌の取材で一緒になったことをきっかけに赤木と親しくなり、同世代で同じ湘南育ちということも手伝ってその親交は深まり、それは赤木の急逝まで続いたという。加山は、赤木とのエピソードを自著『湘南讃歌』『若大将の履歴書』などの中で綴っているほか、赤木をイメージして作曲した楽曲「夕映えのスクリーン」も発表している(加山のアルバム『LIFE』に収録。山川啓介による歌詞も、加山と赤木の友情をモチーフにしたものとなっている)。

神奈川県鎌倉市長勝寺に赤木の記念碑が建立されている。墓は静岡県富士宮市大石寺典礼院L-2区881号にある。

出演作[編集]

映画[編集]

レコード[編集]

ほか

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 関川夏央『昭和が明るかった頃』文藝春秋、2002年、104-105頁。ISBN 978-4163591704
  2. ^ 大下英治「第1章 映画に魅せられて デビュー」『映画女優 吉永小百合』朝日新聞出版、2015年。ISBN 978-4022513359
  3. ^ 西田敏行「第二章 東京さ行って映画俳優になるぞう」『役者人生、泣き笑い』河出書房新社、2016年。ISBN 9784309025063
  4. ^ 水沢佐登留『赤木圭一郎写真集: わたしのトニー』赤木圭一郎を偲ぶ会出版局、1980年。
  5. ^ 『甦るトニー : 赤木圭一郎写真集』日活芸能、1977年。
  6. ^ a b 『日本映画俳優全集:男優編』キネマ旬報社、1979年、7-8頁。
  7. ^ そのジェームズ・ディーンも若くしてこの世を去っている。
  8. ^ 野沢一馬『赤木圭一郎: 「光と影」二十一歳のフィナーレ』成星出版、1997年、[要ページ番号]ISBN 9784916008343
  9. ^ 総監修:舛添要一『検証戦後50年: 文化編』サンドケー出版局、1995年、130頁。ISBN 4914938723
  10. ^ 『昭和二万日の全記録 安保と高度成長』第12巻、講談社、1990年、122頁。
  11. ^ 『文芸所沢』第26号、所沢市教育委員会、2009年、90頁。
  12. ^ 驚きももの木20世紀』より
  13. ^ その後、ストーリーそのものは大幅に変更せず、高橋英樹を代役に立て、出演者を一部交替して撮り直され、1962年に公開された。
  14. ^ 徹子の部屋』出演時などの江木の発言より
  15. ^ 『近代映画臨時増刊 赤木圭一郎思い出のアルバム』154頁他より、近代映画社 1966年12月刊

関連項目[編集]

  • 笹森礼子 - 赤木との共演作が最も多かった女優。入社後暫くしてから湘南学園幼稚園の同窓であることが判った。

外部リンク[編集]