みちづれ (牧村三枝子の曲)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
みちづれ
牧村三枝子シングル
B面 恋かがみ
リリース
ジャンル 演歌
レーベル ポリドール
作詞・作曲 作詞:水木かおる、作曲:遠藤実
ゴールドディスク
チャート最高順位
  • 週間8位(オリコン
  • 1979年度年間9位(オリコン)
  • 1980年度年間62位(オリコン)
  • 11位(ザ・ベストテン
  • 1979年年間11位(ザ・ベストテン)
牧村三枝子 シングル 年表
いち抜けた(1977年 みちづれ
1978年
夫婦きどり(1979年
テンプレートを表示

みちづれ」は、日本演歌歌手である牧村三枝子1978年10月21日に発表した曲。

概要[編集]

元々は当時牧村と同じレコード会社・ポリドール所属の先輩だった渡哲也が、アルバムの中の1曲として発表、1975年にシングルとしても発売している。その後、牧村がこの曲を歌いたいと渡本人に直談判して承諾。更に渡は、同じ曲が2曲あると紛らわしいからと、自らの「みちづれ」を絶版にする措置をとった。[1]

発売後、翌1979年にはオリコン年間ランキングで第9位にランク(翌1980年オリコン年間ランキングでも第62位)、さらに同チャート集計によるレコード売り上げは100万枚近くを記録する大ヒットとなった。なおオリコンでの最高位は8位だったが、100位以内には通算で72週もの間ランクインされた。

牧村の「みちづれ」は、1979年7月10日甲府市郊外にあるポリドールのプレス工場で100万枚目のレコードがプレスされ、牧村もその現場に立ち会い「歌っていて、よかった」と涙を流していた[2]

累計では渡哲也の「みちづれ」は約20万枚[3]、牧村三枝子の「みちづれ」は110万枚[3]を売り上げた。

同1979年12月31日の『第21回日本レコード大賞』ではロング・セラー賞を受賞。『第30回NHK紅白歌合戦』には出場が有望視されながら落選となったが、それから2年後の1981年12月31日、『第32回NHK紅白歌合戦』で牧村自身念願の紅白初出場を果たし、同曲を披露した。

翌1980年には美空ひばりアルバムおまえに惚れた』でカバーして発売される。なお中国語でもカバーされており、中でもテレサ・テンが『山茶花』というタイトルで唄っているものが有名である。

収録曲[編集]

  1. みちづれ
    作詞:水木かおる、作曲:遠藤実
    日本テレビ系ドラマ『大都会 PARTIII』挿入歌
  2. 恋かがみ

カバー[編集]

  • 石原詢子(2009年、アルバム「日本名曲集」)

脚注[編集]

  1. ^ 渡が自身の「みちづれ」を廃盤にしたというのは疑問がある。渡哲也盤は1975年12月1日にシングル・カットされていたが(DR-1999)、これは1980年版のポリドール番号別総目録にも掲載されている。更には、牧村盤発売の約7ヶ月後、カップリング曲を変更して再発売されている(DR-6312 1979年6月1日発売)。メーカーとしては牧村盤に絞るのではなく、両者を敢えて競合させ、リスナーの選択に委ねている。
  2. ^ 「うわさ裏表 牧村・渥美の大ヒットで意味ないレコード大賞」『サンデー毎日』1979年7月29日号、158-159頁。
  3. ^ a b 『ヒット曲、ヒット歌手をつくる。』講談社、1984年、96頁。ISBN 4-06-200832-7

外部リンク[編集]