藤圭子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
藤 圭子
出生名 阿部 純子
生誕 (1951-07-05) 1951年7月5日
出身地 日本の旗 日本 岩手県一関市
死没 (2013-08-22) 2013年8月22日(62歳没)
日本の旗 日本 東京都新宿区
ジャンル 演歌・歌謡曲
職業 演歌歌手
活動期間 1969年 - 1979年
1981年 - 2013年
レーベル RCAレコード
CBSソニー
共同作業者 U3

藤 圭子(ふじ けいこ、1951年7月5日 - 2013年8月22日)は、日本演歌歌手。本名、宇多田 純子(うただ じゅんこ)[1]。旧姓、阿部(あべ)。

岩手県一関市生まれ、北海道旭川市育ち。1960年代末から1970年代初頭にかけて、夜の世界に生きる女の感情を描いた暗く陰鬱な楽曲(『怨歌[2]』)を、独特のドスの効いたハスキーボイスで伸びやかかつ深々と歌い上げ、その可憐な風貌とのギャップも相俟って一世を風靡した。代表曲は「圭子の夢は夜ひらく」。

別居中だった夫は音楽プロデューサー宇多田照實、娘は歌手宇多田ヒカル。元夫はムード歌謡歌手の前川清

来歴[編集]

幼い頃から浪曲歌手の父・阿部壮(つよし)[3]、曲師の母・竹山澄子(2010年に死去。享年80)[3]門付に同行。旅回りの生活を送り、自らも歌った。岩見沢市立栄中学校(1983年閉校)卒業。勉強好きで成績優秀だったが、貧しい生活を支えるために、高校進学を断念[3]。15歳の時に岩見沢で行われた雪祭り歌謡大会のステージで歌う姿が作曲家・八洲秀章の目に留まり、上京。約1年間、初代林家三平宅に下宿する[4]1969年9月25日RCAレコードより「新宿の女」でデビュー。

以後、作詞家石坂まさをと組んでヒット曲を連発。女性ハスキーヴォイスの先駆者・青江三奈とは異なる、ドスの効いた声が可憐な風貌とのギャップも相俟って当時の社会に衝撃を与えた。ファーストアルバム「新宿の女」は20週連続1位、間を置かずリリースされたセカンドアルバム「女のブルース」は17週連続1位を記録。計37週連続1位という空前絶後の記録を残す。そのヒットから、テレビアニメ『さすらいの太陽』のヒロインのモデルにもなった

1971年、当時ともに絶頂期であった内山田洋とクール・ファイブのボーカル前川清と結婚するが、大スター同士の結婚生活はすれ違いが重なり、翌1972年に離婚。1974年、喉のポリープの手術を受け、かつてより歌に幅がなくなったことを悔やみ、引退を考え始める。最愛の母を父のDVから守るために離婚させ、それを契機に引退を発表し、渡米する。

1979年に1度引退したが、RCAレコードからCBSソニーに移籍。1981年に第一弾となるシングル「螢火」を藤 圭似子名義で発表した。

歌手を引退して渡米した後、宇多田照實と再婚。宇多田が代表取締役を務める有限会社ユースリー・ミュージックの取締役として登記され続けた。

1983年、娘を出産。15歳となった1998年、謎の天才少女・宇多田ヒカルとして日本の音楽界に現れ、これを機に藤も再び注目を浴びた。

2013年8月22日午前7時頃、東京都新宿区のマンションの前で倒れているのが発見され、搬送先の病院で死亡が確認された。遺書など見つかっていないが、衣服の乱れや争ったような跡がないことなどから、新宿警察署によって飛び降り自殺を図ったと断定された[5]喪主を務めた娘・ヒカルは「遺言書がある」と主張して葬儀は行わず、宇多田父子ら親族関係者の数名が火葬に立ち会う直葬となった[6]。また藤の実家の阿部家側によって、後日ファン有志とともに「しのぶ会」が挙行された。

年譜[編集]

人物[編集]

浪費家[編集]

芸能界の中でも極めて金遣いが荒く、5年間ファーストクラスで世界中を旅行したり、滞在先のカジノギャンブルホスト遊びをするなど、浪費家として知られていた。生前のインタビューでは、5年間で遣った金額は5億円にも上ると豪語していた。

しかし、その浪費癖は資産を食い潰すまでにエスカレートし、それが原因で家族から孤立して不和状態になるなどの事態に発展。医師からはパニック障害と診断されたという報道もあったが、感情が抑制出来ない、奇行に走るといった症状からパニック障害とは考えにくく、精神科医の和田秀樹統合失調症鬱病が混合した統合失調感情障害であったのではないかと分析している。統合失調感情障害は双極性障害に統合失調の症状が現れたものである。

娘自慢[編集]

娘の宇多田ヒカルがデビューしたばかりの頃、アール・エフ・ラジオ日本青江三奈がDJを務める番組にゲスト出演し、娘自慢を繰り広げた。

多額の現金没収騒動[編集]

没収
2006年3月3日ニューヨークジョン・F・ケネディ国際空港にてアメリカ合衆国司法省麻薬取締局により多額の現金を没収された。内訳は、4149枚の米100ドル紙幣、5000カナダドル、5000オーストラリアドル(計約4900万円)であった(機内に持ち込める現金やトラベラーズチェックは100万日本円や10,000米ドルまで)。
麻薬犬による検査で、現金からは微量の規制薬物が検出される[10]。米国司法省麻薬取締局は、現金が麻薬取引のためにすでに使われたか、あるいは使われる意図があったと結論付け、全額を没収した。
藤サイドの釈明
事件が明かになった直後の藤サイドは、インタビューで「ニューヨークの金庫に保管していたものに、ギャンブルで勝った金を加えた。違法な現金ではない。ラスベガスのボランティア団体に寄付するつもりだった」と説明し、全額返還を求めた。また、麻薬への関与は一切ないと説明した[11]
藤は、2006年10月22日放送の情報番組スタ☆メン』(フジテレビ系)にインタビュー出演し、「この5年間ほとんど日本に帰らず、世界中を旅している。ファーストクラスのチケット代、(各国の高級)ホテル宿泊代などで、5年間で5億円は使った」「カジノでは現金所持が当たり前」「アメリカはカード社会や小切手社会とされているが、現金(の使用)が主流である」と主張した。また、麻薬探知犬が反応したことに関しては「麻薬とは一切関係がない」と否定した[12]
返却
2009年1月、米側は差し押さえを根拠付ける証拠を出せず、27日にニューヨークの連邦地裁で返還を命じる決定が出たとして、没収された現金42万ドルは藤に全額返還された[10]

音楽[編集]

シングル[編集]

# 発売日 タイトル 作詞 作曲 編曲
1960年代 / 1970年代
1 1969年
9月25日
新宿の女 石坂まさを
みずの稔
石坂まさを 小谷充
2 1970年
2月5日
女のブルース 石坂まさを 猪俣公章 成田征英
3 1970年
4月25日
圭子の夢は夜ひらく[13] 石坂まさを 曽根幸明 原田良一
4 1970年
7月25日
命預けます 石坂まさを 曽根幸明
5 1970年
10月25日
女は恋に生きてゆく 石坂まさを 池田孝
6 1971年
2月5日
さいはての女 石坂まさを 彩木雅夫 池田孝
7 1971年
5月5日
恋仁義 石坂まさを 曽根幸明
8 1971年
6月5日
みちのく小唄 石坂まさを 野々卓也 池田孝
9 1971年
7月5日
愛の巡礼 浅木しゅん 石坂まさを 高田弘
10 1971年
10月25日
知らない町で 石坂まさを 曽根幸明
11 1972年
1月25日
京都から博多まで 阿久悠 猪俣公章 池田孝
12 1972年
5月25日
別れの旅 阿久悠 猪俣公章 池田孝
13 1972年
9月25日
花は流れて 石坂まさを 鈴木邦彦 池田孝
14 1972年
12月5日
悲しみの町 石坂まさを 浜圭介 竜崎孝路
15 1973年
3月25日
明日から私は 山上路夫 鈴木邦彦
16 1973年
7月
花小唄 石坂まさを 野々卓也 池多孝春
17 1973年
8月25日
遍歴 石坂まさを 曽根幸明 池多孝春
18 1973年
11月5日
恋の雪割草 山口洋子 猪俣公章 竹村次郎
19 1974年
4月5日
京都ブルース なかにし礼 馬飼野康二
20 1974年
6月
火の国小唄 石坂まさを 野々卓也 池多孝春
21 1974年
7月5日
私は京都へ帰ります 山口洋子 猪俣公章 池多孝春
22 1974年
8月25日
命火 石坂まさを 小杉仁三
23 1975年
1月
あなたの噂 山口洋子 猪俣公章 竹村次郎
24 1975年
4月25日
生きてるだけの女 浜岡幸
豊田利憲
石坂まさを
賀川幸生 小山恭弘
25 1975年
9月
さすらい よしかわかおり 遠藤実 斉藤恒夫
26 1975年
11月5日
はしご酒 はぞのなな 赤坂通 小山恭弘
27 1976年
4月25日
女だから 小谷夏 中村泰士 馬飼野俊一
28 1976年
8月25日
聞いて下さい私の人生 六本木哲 池多孝春
29 1977年
2月5日
哀愁酒場 石坂まさを 平尾昌晃 竜崎孝路
30 1977年
6月25日
貴方ひとすじ 石坂まさを 若林いさむ 池多孝春
31 1977年
11月5日
面影平野 阿木燿子 宇崎竜童 馬飼野俊一
32 1978年
5月
銀座流れ唄 阿木燿子 宇崎竜童 大村雅朗
33 1978年
10月
酔い酔い酒場 阿木燿子 宇崎竜童 小山恭弘
34 1979年
3月
北の港町 遠藤実 斉藤恒夫
35 1979年
10月
可愛い女 中山大三郎 船村徹 栗田俊夫
1980年代
36 1981年
10月
螢火 阿木燿子 三島大輔 若草恵
37 1984年
-
あいつが悪い 伊藤アキラ 浜圭介 桜庭伸幸
38 1984年
10月
蝶よ花よと 鳥井実 西谷翔 池多孝春
39 1986年
6月
東京迷路 浅木しゅん 杉本真人 松井忠重
40 1987年
2月25日
新宿挽歌 なかにし礼 船村徹 丸山雅仁
41 1988年
3月
旅路 星野哲郎 北原じゅん 馬場良
42 1989年
2月
新地の雨[14] 桂三枝 美波有 桜庭伸幸
1990年代
43 1994年
4月21日
酒に酔うほど Ra U Ra U
Sking U
Y.HIRAIWA
44 1996年
8月21日
天国 荒木とよひさ 三木たかし 若草恵
45 1996年
9月25日
冷たい月
-泣かないで-
[15]
Ra U
Sking U
宮川彬良
46 1996年
10月23日
千年のかがり火 曲保 曽根幸明
47 1997年
10月22日
男と女 Ra U Ra U
Sking U
Como-Lee

アルバム[編集]

LP
  1. 新宿の女/“演歌の星”藤圭子のすべて(1970年3月5日) ※オリコン1位獲得。2013年4月 復刻版CD発売。
  2. 女のブルース(1970年7月5日) ※オリコン1位獲得。2013年4月 復刻版CD発売。
  3. 歌いつがれて25年 藤圭子演歌を歌う(1970年12月5日) ※オリコン2位獲得
  4. さいはての女(1971年3月5日) ※2013年11月 復刻版CD発売。
  5. 圭子の人生劇場(1971年7月5日)
  6. 藤圭子リサイタル(1971年10月5日)
  7. 圭子のわらべ唄(1971年12月25日)
  8. 知らない町で(1971年12月25日) ※2013年11月 復刻版CD発売。
  9. 藤圭子オン・ステージ(1972年5月25日)
  10. 別れの旅(1972年6月25日)※2014年2月 復刻版CD発売。
  11. オリジナル・ゴールデン・ヒット集(1972年8月5日)
  12. 遠くへ行きたい/「演歌の旅」(1972年12月5日)
  13. 悲しみの町(1973年2月)
  14. 演歌の旅 緋牡丹博徒(1973年6月)
  15. 遍歴/明日から私は(1973年9月)
  16. 女のブルース/藤圭子ブルースを唄う(1974年2月)
  17. 京都ブルース(1974年4月)
  18. 夜とあなたが(1974年7月)
  19. 圭子のにっぽんひとりあるき(1974年9月)アルバム一曲目『妻籠の宿』は作曲 中本直樹 で、ファンの間では人気の作品。
  20. 藤圭子演歌の世界(1974年10月)
  21. 命火(1974年10月)
  22. あなたの噂(1975年3月)
  23. 生きてるだけの女(1975年6月)
  24. 女だから(1976年6月)
  25. 聞いて下さい私の人生/デビュー七周年記念 藤圭子リサイタル(1976年11月)
  26. 南国土佐を後にして(1976年12月)
  27. 明治一代女(1976年12月)
  28. 霧の摩周湖(1976年12月)
  29. 女の意地(1976年12月)
  30. 黒い花びら(1976年12月)
  31. 哀愁酒場(1977年4月)
  32. 貴方ひとすじ(1977年7月)
  33. 面影平野(1977年12月)※2014年2月 復刻版CD発売。
  34. ビッグ・ショー演歌・浪曲・おんなの涙(1978年5月)
  35. 歌謡劇場(1978年12月)
  36. 10周年記念 涙唱!藤圭子(1979年5月)
  37. さよなら藤圭子(1980年2月)
  38. 螢火-右・左-(1981年11月)
  39. 蝶よ花よと(1984年11月)
CD
  1. STAR(1993年9月17日)
  2. 藤圭子 伝説の名曲(1999年10月21日)
  3. 聞いて下さい私の人生〜藤圭子コレクション(2000年12月20日)
  4. 藤圭子 コンプリート・シングル・コレクション 〜15年の輝石〜(2005年9月21日 通信販売)
  5. GOLDEN☆BEST 藤圭子(2005年10月26日)
  6. スーパーベスト(2005年12月11日)
  7. GOLDEN☆BEST 藤圭子 ヒット&カバーコレクション 艶歌と縁歌(2010年12月8日)
  8. 藤圭子 ベスト・ヒット(2012年9月1日)
  9. 藤圭子 スーパー・ヒット(2012年9月1日)
  10. 藤圭子 ベスト・ヒット 昭和歌謡を歌う(2012年11月1日)
  11. 藤圭子 スーパー・ヒット 昭和歌謡を歌う(2012年11月1日)
  12. 新宿の女 (復刻版)(2013年4月10日)※Blu-spec CD2
  13. 女のブルース (復刻版)(2013年4月10日)※Blu-spec CD2
  14. 宇多田純子さん安らかに(2013年9月30日)
  15. さいはての女(2013年11月27日)※Blu-spec CD2
  16. 知らない町で(2013年11月27日)※Blu-spec CD2
  17. 別れの旅(2014年2月26日)※Blu-spec CD2
  18. 面影平野(2014年2月26日)※Blu-spec CD2
CD-BOX
通信販売限定の5枚組CD-BOX。「オリジナルを歌う」「男の情を歌う」「女心を歌う」「人生・昭和を歌う」「ふるさと・叙情を歌う」の五つのテーマで構成されている。自身のヒット曲22曲に加え、男性歌手の曲や抒情歌などカバー曲を86曲、合計108曲収録。

CMソング[編集]

NHK紅白歌合戦出場歴[編集]

年度/放送回 曲目 出演順 対戦相手 備考
1970年(昭和45年)/第21回 圭子の夢は夜ひらく 13/24 西郷輝彦
1971年(昭和46年)/第22回 2 みちのく小唄 09/25 舟木一夫 内山田洋とクール・ファイブのメインボーカル代理として『港の別れ唄』も歌唱[16]
1972年(昭和47年)/第23回 3 京都から博多まで 13/22 美川憲一
1975年(昭和50年)/第26回 4 さすらい 03/24 堺正章
1976年(昭和51年)/第27回 5 はしご酒 15/24 殿さまキングス

(注意点)

  • 対戦相手の歌手名の( )内の数字はその歌手との対戦回数、備考のトリ等の次にある( )はトリ等を務めた回数を表す。
  • 曲名の後の(○回目)は紅白で披露された回数を表す。
  • 出演順は「(出演順)/(出場者数)」で表す。

主な出演作[編集]

映画[編集]

  • 盛り場流し唄 新宿の女(1970年、日活
  • ずべ公番長 夢は夜ひらく(1970年、東映
  • 涙の流し唄 命預けます(1970年、松竹
  • 女子学園 やばい卒業(1970年、日活)
  • 藤圭子 わが歌のある限り(1971年、松竹)

テレビ番組[編集]

ほか多数

関連作品[編集]

当時人気放送中だった音楽番組『スター千一夜』を描写した場面の中で、「藤圭子」が主人公の星飛雄馬らと共演している。

参考文献[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Hikki's WEBSITE (2013年9月5日). “09.05(THU) 09:44 藤圭子を長年応援してくださった皆様へ”. 2013年9月5日閲覧。
  2. ^ 五木寛之による造語。朝日新聞デジタル:「藤圭子の衝撃、まちがいなく怨歌」五木寛之さん - カルチャー
  3. ^ a b c “宇多田の祖母逝く…娘、孫との再会の願いかなわず” (日本語). 芸能. (2010年11月6日). オリジナル2010年11月7日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20101107035549/http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2010/11/06/01.html 2014年8月23日閲覧。 
  4. ^ 海老名香葉子さん、藤圭子さんの思い出語る日テレNEWS24 2013年8月23日午後10時7分
  5. ^ 本人の遺志で…藤圭子さん葬儀行わず親族のみで荼毘に スポニチ 2013年8月24日
  6. ^ 藤圭子さんの遺言書あった…宇多田が明かす「母らしい遺言書」 スポニチ 2013年9月5日
  7. ^ 2007年にEMIミュージック・ジャパンと改称、2013年にユニバーサルミュージックに吸収合併された。
  8. ^ exciteニュース (2018年4月9日). “ユーミン、安室、宇多田…天才たちに共通する“14歳の転機””. 2018年6月16日閲覧。
  9. ^ ZAKZAK (2006年9月29日). “藤圭子42万ドル差し押え…麻薬取締局が多額所持に”. 2009年1月29日閲覧。
  10. ^ a b c d MSN産経ニュース (2009年1月28日). “藤圭子さんに42万ドル返還へ 米空港で06年差し押さえ”. 2009年1月29日閲覧。
  11. ^ ZAKZAK (2006年10月4日). “藤圭子、大金所持の不可思議…NYで4900万差し押さえ”. 2009年1月29日閲覧。
  12. ^ ZAKZAK (2006年10月23日). “藤圭子「5年で5億円使った」…差し押さえ事件釈明”. 2009年1月29日閲覧。
  13. ^ 園まりの「夢は夜ひらく」のカバー。
  14. ^ 桂三枝とのデュエット。
  15. ^ cubic Uとのデュエット。
  16. ^ 当時の夫であった内山田洋とクール・ファイブメインボーカル前川清が急病でダウンしたため。内山田洋とクール・ファイブの出番自体はフォーリーブスに振り替えられたが、『港の別れ唄』は藤がメインボーカルを担当し残りのメンバーがバックコーラスを務める形で歌われた。

外部リンク[編集]