第21回日本レコード大賞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
第21回日本レコード大賞
Imperial Garden Theater Japan.jpg
会場として使われた帝国劇場
ジャンル 特別番組 / 音楽番組
放送時間 月曜19:00 - 20:55(115分)
放送期間 1979年12月31日(1回)
放送国 日本の旗 日本
制作局 TBSテレビ
出演者 高橋圭三
檀ふみ
渡辺謙太郎
ジュディ・オングほか
音声 モノラル放送
テンプレートを表示

第21回日本レコード大賞(だい21かいにほんレコードたいしょう)は、1979年昭和54年)12月31日帝国劇場で行われた、21回目の『日本レコード大賞』である。

概要[編集]

第21回の大賞は、ジュディ・オングの「魅せられて」に決定した。ジュディ・オングは初の受賞。

「第10回日本歌謡大賞」及び「第8回FNS歌謡祭」で、共にグランプリ受賞曲だった西城秀樹の「YOUNG MAN (Y.M.C.A.)」は、外国人の作曲作品のカバーであったため審査対象から外され、「勇気があれば」でのノミネートとなった。

審査員(55人)の得票は、大賞の一次審査ではジュディ・オング「魅せられて」が27票、西城秀樹「勇気があれば」が23票、さだまさし関白宣言」が2票、ゴダイゴビューティフル・ネーム」、沢田研二カサブランカ・ダンディ」、小林幸子おもいで酒」がそれぞれ1票、その他は0票。決選投票で「魅せられて」と「勇気があれば」の2曲に絞られ、「魅せられて」が31票、「勇気があれば」が24票となり「魅せられて」の大賞が決定した[1]

視聴率は0.4ポイント上昇の43.3パーセントであった。

司会[編集]

受賞作品・受賞者一覧[編集]

日本レコード大賞[編集]

最優秀歌唱賞[編集]

最優秀新人賞[編集]

金賞(大賞ノミネート作品)[編集]

新人賞(最優秀新人賞ノミネート)[編集]

ベスト・アルバム賞[編集]

作曲賞(中山晋平賞)[編集]

編曲賞[編集]

作詩賞(西条八十賞)[編集]

特別賞[編集]

企画賞[編集]

ロング・セラー賞[編集]

日本レコード大賞顕彰[編集]

TBS賞(後援団体賞)[編集]

TV中継スタッフ[編集]

  • プロデューサー:
  • 総合演出:
  • 舞台監督:
  • 編成担当:
  • 製作著作:TBS
  • 主催:社団法人 日本作曲家協会、日本レコード大賞制定委員会、日本レコード大賞実行委員会

脚注[編集]

  1. ^ 「うわさ裏表 レコード大賞、ジュディ大逆転の舞台裏」『サンデー毎日』1980年3月9日号、176-177頁。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]