芸能山城組

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

芸能山城組(げいのうやましろぐみ)は、日本アーティストグループ。世界の民族音楽を題材にしたアルバムを数々発表している。民族音楽を主題にしたパフォーマンス集団であり、文明批判テーマに掲げ活動を行っている。

概要[編集]

インドネシアバリ島ケチャの全編上演成功を機に、1974年1月19日に設立された。山城祥二が主宰。学生ビジネスマンエンジニア医師ジャーナリストなどさまざまなメンバーから構成される。

毎年夏に、新宿新宿三井ビルディング前55ひろばにおいてケチャまつりを行なっている。大友克洋の映画『AKIRA』の音楽を担当したことでも知られる。

来歴[編集]

1966年お茶の水女子大学東京教育大学(現・筑波大学)の学生による男女混成合唱団「ハトの会コーラス」のリーダーに山城祥二(大橋力)が就任。ブルガリアの伝統的な女声合唱のほか、日本民謡グルジアの合唱など、さまざまな唱法でのコーラスにチャレンジする[1]1969年、「合唱団ハトの会」に改名。民族音楽研究家の小泉文夫の協力を得て、メディアに登場するようになる。1970年に「恐山」を発表し、1976年に「恐山/銅之剣舞」としてアルバムをリリース。山城が民族音楽コレクションのスーパーバイザーをレコード会社から依頼され、各地へ録音に出かけるようになる[2]1973年バリ島に初の調査。1974年に「芸能山城組」に改名。1986年に、バリのガムランや日本のお経など、さまざまな民族音楽や唱法を取り入れた「輪廻交響楽」発表。これを聴いた大友克洋から楽曲の借用を要請されたのをきっかけに、『AKIRA』のすべての音楽を担当し、1988年に「Symphonic Suite AKIRA」として発表。1990年に「翠星交響楽」発表。その後も世界各地の民族音楽の研究と発表を続けている。

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]