大橋力

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

大橋 力(おおはし つとむ、1933年3月14日[1]- )は、日本の科学者芸術家。公益財団法人国際科学振興財団・情報環境研究所所長[2]文明科学研究所所長、星槎大学客員教授

栃木県小山市生まれ。栃木県立栃木高等学校卒業。東北大学農学部農芸化学科卒業。1975年「麦角アルカロイドの生合成に関する研究」で東北大学農学博士

筑波大学講師、文部省放送教育開発センター教授、千葉工業大学教授、国際電気通信基礎技術研究所人間情報通信研究所感性脳機能特別研究室長等を歴任。バリ島に詳しく、現地のダルマ・クスマ勲章(バリ島の文化勲章)を外国人として初めて受賞。

科学者として、情報環境学感性科学演出工学分子生物学人工生命生態人類学などの分野で活躍する一方、芸術家山城祥二として、作曲、指揮、演出などに携わる。

1974年芸能山城組を創立し、山城祥二の名前で主宰している。

著作[編集]

  • 『群れ創り学』山城祥二 徳間書店 1981
  • 『情報環境学』朝倉書店 1989
  • 『音と文明—音の環境学ことはじめ』(2003年、岩波書店)
  • 『ハイパーソニック・エフェクト』(2017年、岩波書店)

共著・編著[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『現代日本人名録』山城祥二の項
  2. ^ 第23回文化庁メディア芸術祭受賞作品集, 242-245 (2020)