第6回日本レコード大賞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

第6回日本レコード大賞は、1964年昭和39年)12月26日日比谷公会堂で行われた、6回目の『日本レコード大賞』である。

概要[編集]

第6回の大賞は、青山和子の「愛と死をみつめて」に決定した。青山和子は初の受賞。18歳での受賞で、10代は第4回橋幸夫(19歳)/吉永小百合(17歳)以来2年ぶり。レコード会社の日本コロムビアとしても初の大賞で、童謡賞・新人賞も受賞した[1]

今回の審査対象となった応募総数は671作品で、内訳は歌謡曲が546曲、童謡が85曲、LPが40枚であった[2]

今回の大賞候補曲は、最終審査で青山和子の「愛と死をみつめて」、橋幸夫の「恋をするなら」、岸洋子の「夜明けのうた」、和田弘とマヒナスターズザ・ピーナッツのそれぞれ「ウナ・セラ・ディ東京」、フランク永井の「大阪ぐらし」、西田佐知子の「東京ブルース」、和田弘とマヒナスターズの「お座敷小唄」の8曲に絞られ、最終投票で1位となった「愛と死をみつめて」に決定した[1]。2位は「恋をするなら」と「夜明けのうた」の接戦だった[1]

新人賞は男性は西郷輝彦、女性は都はるみが受賞。次点は男性が井沢八郎梶光夫、女性が九重佑三子日野てる子であった[1]

この年流行した坂本九の「幸せなら手をたたこう」は、原曲がアメリカ民謡であることから選考の対象外となった[1]

視聴率は前回比6.1P下落の14.6%。

司会[編集]

  • 芥川隆行 - 5度目の司会。今回をもって降板する。

受賞作品・受賞者一覧[編集]

日本レコード大賞[編集]

歌唱賞[編集]

新人賞[編集]

作曲賞[編集]

編曲賞[編集]

作詩賞[編集]

特別賞[編集]

企画賞[編集]

童謡賞[編集]

TV中継スタッフ[編集]

  • プロデューサー:
  • 総合演出:
  • 舞台監督:
  • 編成担当:
  • 製作著作:TBS
  • 主催:社団法人 日本作曲家協会、日本レコード大賞制定委員会、日本レコード大賞実行委員会

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e 「今年も“清純ムード” 日本レコード大賞」『朝日新聞』1964年12月4日付東京夕刊、9頁。
  2. ^ 「『愛と死をみつめて』日本レコード大賞きまる」『朝日新聞』1964年12月4日付東京夕刊、10頁。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]