第27回日本レコード大賞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
第27回日本レコード大賞
Nippon Budokan 2010.jpg
会場として使われた日本武道館
ジャンル 特別番組 / 音楽番組
放送時間 [[日本レコード大賞|]]
放送期間 1985年12月31日(1回)
放送国 日本の旗 日本
制作局 TBSテレビ
出演者 森本毅郎
倍賞美津子
生島ヒロシ
中森明菜ほか
音声 モノラル放送
テンプレートを表示

第27回日本レコード大賞(だい27かいにほんレコードたいしょう)は、1985年昭和60年)12月31日日本武道館で行われた、27回目の『日本レコード大賞』である。

概要[編集]

第27回の大賞は、中森明菜の「ミ・アモーレ〔Meu amor é・・・〕」に決定した。中森明菜は初の受賞。日本テレビスター誕生!出身歌手と、アイドル歌手の受賞は第20回ピンク・レディー以来7年ぶり。また、大賞受賞歌手にはこの回のTV番組提供スポンサーの1社であるトヨタ自動車よりクラウン4ドア ハードトップ ロイヤルサルーンがトヨタ賞として贈られた。

次点はチェッカーズ「ジュリアに傷心」、3位は安全地帯「悲しみにさよなら」であった。

大賞のプレゼンターはロッテオリオンズ落合博満(この年のプロ野球パ・リーグ三冠王)と、女優の美保純(翌年1月開始のTBS系ドラマ『親にはナイショで…』出演予定)、最優秀歌唱賞のプレゼンターは細川たかし、最優秀スター賞のプレゼンターは加藤茶志村けん、最優秀新人賞のプレゼンターはMIEがそれぞれ担当した。

それまで4年連続で司会者を務めていた竹下景子は出産を控えていたため、この年は司会を辞退。代わって倍賞美津子が司会に参加している(翌1986年・第28回は再び竹下が司会に復帰)。

この年から会場を帝国劇場から日本武道館に移した。

視聴率は1P上昇の31.4%。

司会[編集]

進行補佐

受賞作品・受賞者一覧[編集]

日本レコード大賞[編集]

最優秀歌唱賞[編集]

最優秀新人賞[編集]

アルバム大賞[編集]

最優秀スター賞[編集]

金賞[編集]

新人賞[編集]

優秀歌唱賞[編集]

優秀アルバム賞[編集]

作曲賞[編集]

編曲賞[編集]

作詩賞[編集]

特別賞[編集]

企画賞[編集]

  • (株)徳間ジャパン/キャッツタウンレコード/吉幾三俺ら東京さ行ぐだ
  • ビクター音楽産業(株)/制作スタッフ/組曲「夢千代日記」
  • ワーナー・パイオニア(株)/柳ジョージ/制作スタッフ「GOOD TIMES」

功労賞[編集]

TV中継スタッフ[編集]

  • 運営プロデューサー:青柳修、斎藤正人、今里照彦、梅沢汎
  • 構成:長東利博、腰山一生、下尾雅美
  • 音楽:長洲忠彦ボブ佐久間
  • 指揮:長洲忠彦
  • 演奏:岡本章生とゲイスターズ高橋達也と東京ユニオンベストアンサンブル
  • コーラス:ルージュ
  • 踊り:名倉ジャズダンススタジオ
  • 振付:名倉加代子
  • 殺陣:國井正廣、國井グループ
  • 技術:橋本英一
  • TD:佐藤満、新福剛
  • 映像(カメラ):佐藤秀樹
  • カラー調整:梶一郎、佐藤賢二郎
  • 音声:椎木洋次、吉田克弥
  • 照明:小島久明
  • 音響効果:舘野忠之
  • 美術制作:和田一郎
  • 美術デザイン:三原康博
  • 中継担当:遠藤環
  • 舞台監督:森山享
  • プロデューサー:滝本裕雄
  • 演出:塩川和則
  • 製作著作:TBS
  • 主催:社団法人 日本作曲家協会、日本レコード大賞制定委員会、日本レコード大賞実行委員会

関連項目[編集]

外部リンク[編集]