NHKニュースワイド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
NHKニュースワイド
NHK NEWS WIDE
ジャンル 朝の情報番組 / 報道番組
出演者 #出演者を参照
オープニング #テーマ音楽・オープニング参照
製作
制作 日本放送協会(NHK)
放送
放送国・地域 日本の旗 日本
放送開始から1983年3月まで
放送期間 1980年4月7日 - 1983年4月2日
放送時間 月曜 - 土曜 7:00 - 8:12
放送分 72分
1983年4月から1984年3月まで
放送期間 1983年4月4日 - 1984年3月31日
放送時間 月曜 - 土曜 7:00 - 8:14
放送分 74分
1984年4月から放送終了まで
放送期間 1984年4月2日 - 1988年4月2日
放送時間 月曜 - 土曜 6:45 - 8:13
放送分 88分
テンプレートを表示

NHKニュースワイド』(エヌエイチケイニュースワイド、英称: NHK NEWS WIDE )は、1980年4月7日から1988年4月2日までNHK総合テレビで放送されていた朝の情報番組報道番組

概要[編集]

それまで総合テレビは、7時台に全国ニュースを放送した後に情報番組『スタジオ102』を放送していたが、この番組はそれをひとまとめにして、NHK初の早朝ニュースショーを確立した。

72分間にわたって放送する総合編集による大型ニュース番組で、さまざまな情報や話題などを親しみやすくお茶の間に伝えるというのをコンセプトにしていた。

放送時間[編集]

全てJST

  • 月曜 - 土曜 7:00 - 8:12 (1980年4月7日 - 1983年4月2日、72分)
  • 月曜 - 土曜 7:00 - 8:14 (1983年4月4日 - 1984年3月31日、74分)
  • 月曜 - 土曜 6:45 - 8:13 (1984年4月2日 - 1988年4月2日、88分、7:30 - 7:50はローカルニュースを放送)

なお、土曜日は7:30以降ローカル放送であった。この形式は現在まで引き継がれている。また、1984年5月に試験放送を開始した衛星第1放送(1987年7月以後は衛星第2放送)でも同時放送されたが、ローカルニュース(7:30 - 7:50。土曜日は8:13まで)は当初は関東7都県向けのものをそのまま送り、その後は週替わりで各地域基幹局製作のローカルニュースを放送していた。

出演者[編集]

期間 月 - 金曜日 土曜日 スポーツ 天気 リポーター
1980年4月7日 - 1980年12月 森本毅郎[1][2] 頼近美津子[3] 明石勇 山根基世 松平定知
野口博康
立子山博恒
杉林昇
福澤浩行
肥土貴美男
など。
メインキャスターが
交互に兼務
幸田儔朗 木村知義[4]
など。
1981年1月 - 1982年4月3日 介川裕子[5]
1982年4月5日 - 1982年10月2日 丸山朋子 桜井洋子
1982年10月4日 - 1983年4月2日 池田裕子[2]
1983年4月4日 - 1984年3月31日 草野仁 池田裕子
1984年4月2日 - 1985年3月30日 曾我健 小宮山洋子[5] スポーツ担当が
兼務
樋口淳一
1985年4月1日 - 1986年4月5日 (不在)
1986年4月7日 - 1988年4月2日 今井義典[6] 桜井洋子[7]

テーマ音楽・オープニング[編集]

ローカルニュース[編集]

  • 札幌局 - 『北海道ニュースワイド』
  • 青森局 - 『ニュースワイド青森』
  • 秋田局 - 『ニュースワイド秋田』
  • 盛岡局 - 『ニュースワイド岩手』
  • 山形局 - 『ニュースワイド山形』
  • 仙台局 - 『ニュースワイドみやぎ730』・『ニュースワイド東北』→『ウィークエンド東北
  • 長野局 - 『長野ニュースワイド』
  • 甲府局 - 『ニュースワイドやまなし』
  • 静岡局 - 『ニュースワイド静岡』
  • 名古屋局 - 『NHKニュースワイド』・『ウイークエンド中部
  • 富山局 - 『ニュースワイドとやま』
  • 大阪局 - 『ニュースワイドきんき』・『土曜ニュースワイド』
  • 鳥取局 - 『ニュースワイドとっとり』
  • 松江局 - 『ニュースワイド島根』
  • 岡山局 - 『岡山ニュースワイド』
  • 広島局 - 『中国ニュースワイド』→『NHKニュースワイドひろしま』・『ちゅうごく土曜ワイド』
  • 松山局 - 『ニュースワイドえひめ』・『土曜ワイド四国』
  • 高松局 - 『ニュースワイド香川』
  • 徳島局 - 『ニュースワイド徳島』
  • 高知局 - 『ニュースワイドこうち』

参考文献[編集]

  • NHKアナウンサー史編集委員会編 『アナウンサーたちの70年』 講談社、1991年、345-348頁、352-353頁。 ISBN 9784062032322
  • 大下英治 『報道戦争―ニュース・キャスターたちの闘い―』新風舎、2004年、328頁-336頁。 ISBN 4-7974-9363-1
  • 嶌信彦 『ニュースキャスターたちの24時間』講談社〈講談社+α文庫〉、1999年、177-183頁。 ISBN 9784062563178

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 当初はアナウンス室副主管だった森本が先輩の山川静夫にキャスター就任打診をしたが、頑固に拒否され、このような形となった。
  2. ^ a b 森本と池田はフリー転身後『森本ワイド モーニングEye』でもコンビで司会を務めた。森本自身は後年似たような例として、小島奈津子との2回共演がある。
  3. ^ フジテレビへの移籍のため降板。
  4. ^ 日本海中部地震中継時にスタジオの森本が涙を流した。
  5. ^ a b 前身の『スタジオ102』より再登板。
  6. ^ 後に同時間枠の『NHKニュースおはよう日本』に登板。
  7. ^ 『NHKモーニングワイド』も続投。

関連番組[編集]

外部リンク[編集]

NHK総合テレビ 朝のニュース・情報番組
前番組 番組名 次番組
NHKニュース
※7:00 - 7:15 → 7:00 - 7:20
各局ローカル
※7:15 - 7:20 → 7:20 - 7:35
スタジオ102
※7:25 - 8:00 → 7:35 - 8:15
NHKニュースワイド