コンテンツにスキップ

竹下景子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
たけした けいこ
竹下 景子
竹下 景子
生年月日 (1953-09-15) 1953年9月15日(70歳)
出身地 日本の旗 日本愛知県名古屋市東区[1]
身長 157 cm
血液型 A型
職業 女優
ジャンル テレビドラマ映画舞台
活動期間 1972年 -
配偶者 関口照生[1]1984年 - )
著名な家族 竹下重人(父)
関口まなと(長男)
関口アナン(次男)
事務所 アイ・バーグマン
公式サイト Takeshita Keiko Official Website
主な作品
テレビドラマ
黄金の日日
北の国から[1]
ソープ嬢モモ子シリーズ[1]
徳川家康
独眼竜政宗
純情きらり
吾輩は主婦である
坂の上の雲
サザエさん
ゲゲゲの女房
わろてんか
おかえりモネ
映画
犬笛[1]
男はつらいよ 口笛を吹く寅次郎
アニメ
君たちはどう生きるか
バラエティー番組など
クイズダービー
ラジオドラマ
新日曜名作座
 
受賞
2000年「アジアTV祭」 主演女優賞
備考
1976年 - 1992年クイズダービー』4枠レギュラー解答者、24時間テレビ初代総合司会
テンプレートを表示

竹下 景子(たけした けいこ、1953年昭和28年〉9月15日[1] - )は、日本の女優タレント声優

愛知県名古屋市東区出身。東京女子大学文理学部社会学科を卒業した。アイ・バーグマン所属。父は弁護士竹下重人。夫は写真家の関口照生。長男は俳優の関口まなと[2]。次男は関口アナン[3]。身長157cm(1976年4月)[4]。B83cm、W57cm、H86cm(1976年2月)[5]

経歴

[編集]

出生から学生時代まで

[編集]

愛知県名古屋市東区生まれ[6]。父親の重人は国税局の職員で名古屋国税局から国税庁に転勤となったため[7]、4歳から1年間は東京都中野区板橋区[7]、5歳から10歳までは東京都東村山市で育った[6][8]2009年「東村山市しあわせ大使」に就任した[9]

小学校4年の時、父が国税庁を辞め弁護士になるための勉強を始めたため公務員住宅には住めなくなり、名古屋に戻ってからは高校卒業まで同市緑区で育った[6][7]。母は名古屋市東区の出身[7]

東村山市立南台小学校から名古屋市の小学校に転校し、南山中学校・高等学校女子部東京女子大学文理学部社会学科を卒業した[1]。中学・高校では演劇部に所属した[1]

芸能界へ

[編集]

高校1年生の時、ラジオの深夜番組『ミッドナイト東海』のイベントに一般リスナーとして参加した際、パーソナリティを務めていた俳優の天野鎮雄NHKの『中学生群像』(『中学生日記』の前身)を紹介され、ドラマデビューを果たす。共演した三ツ矢雄二戸田恵子とは名古屋時代からの幼馴染で50年に亘る友達でもある。大学進学で上京後、三船プロに所属して本格的に女優として活動を始める[1]。1973年、NHK『波の塔』で本格デビュー、以後多くのテレビドラマにレギュラー、ゲスト出演する。1975年、黒木和雄監督の『祭りの準備』に新人で主演した江藤潤の恋人役として出演し、ヌードを披露する[1]

1976年10月からは『クイズダービー』のレギュラー回答者として出演して「三択の女王」と呼ばれ、人気を獲得する[1]

1977年、テレビドラマの『女の河』『天の花と実』[10]などに出演した。同年、政治家・荒舩清十郎が雑誌の企画で対談し、「息子の嫁さんにしたい」と言ったところから「お嫁さんにしたい女優No.1」と言われ、人気が沸騰する。1970年代から1980年代にかけては最も多忙な女優の1人となった[1]

1978年の『黄金の日日』に準レギュラー出演以降、大河ドラマにも数本出演した。

春には初のレコード「結婚してもいいですか」を出す。

また映画『犬笛』で、原田芳雄率いる犯罪グループに加担しながら裏切って輪姦されたあと、半裸で首だけ出して雪の中に埋められる女医役を演じて話題となる(直接の輪姦描写はなく、雪の中も下着姿)。

映画スターに育てようと、名乗りをあげたのは三船プロの親筋にあたる東宝だった。用意されたのは、アイドル用のプログラムピクチャーではなく、監督・岡本喜八と脚本・倉本聡の両鬼才初顔合わせに仲代達矢以下のオールスターを並べたSF大作『ブルークリスマス』の主演だった。同時に同じ勝野洋とのコンビで日本テレビから『姿三四郎』も東宝製作で放映された。映画の方はヒロインを含めた世界同時大虐殺で終わるショッキングな政治SFであり、まったくの不入りに終わった。

1979年以降、『犬笛』『ブルークリスマス』と続いた(その前の『雨のめぐり逢い』も犯罪劇である)激しい非日常路線は軌道修正される。岡本監督への『英霊たちの応援歌』への連続出演などを経て、山田洋次のもとで、ようやく身近な世界で優しく可憐な持ち味を発揮する。

男はつらいよ 口笛を吹く寅次郎』は、小林信彦らにシリーズ後半の最高傑作と賞賛される成果となり、寅次郎との思いがすれ違いで終わるマドンナを好演する。好評を受けて、シリーズでは唯一人、別々の役で三度マドンナ起用され、テレビでは『北の国から』へも起用されて代表作となる[1]。岡本、山田、倉本といった巨匠に連続指名を受けたことで、女優業はひとつの軌道に乗った形となる。市川森一との協業も続く。ただ、不思議と映画主演に縁がなく、『雨のめぐり逢い』『ブルークリスマス』『飛鳥へ、そしてまだ見ぬ子へ』などはいずれも共同主役だがクレジットトップではない。

前述の映画『犬笛』並びヌードになった『祭りの準備』[注 1]、ドラマでも当時「お嫁さんにしたい女優No.1」と言われた竹下が主人公のソープランド嬢[注 2]を演じた『ソープ嬢モモ子シリーズ』も話題・計8作の製作がされた人気シリーズとなり竹下の代表作となった[11]、以後も清純なイメージは失わなわれかった稀有な女優となった。

熱烈な中日ドラゴンズファンとしても知られ、2005年ナゴヤドームでの横浜DeNAベイスターズとの開幕戦では始球式を務めた。

2005年から国際連合世界食糧計画WFP協会の親善大使を務める[12]

2009年1月17日神戸市で行われた、阪神・淡路大震災の追悼イベントに来賓として出席し、を朗読するなどしていたが、その最中に、開催場所の神戸情報文化ビルで、不審火と見られる火災が発生し、来場者と共にビル外へ避難する騒動に巻き込まれた。

2011年1月26日、2年の任期で京都国立博物館の初代文化大使に就任した。

2015年5月3日日本大正村第3代村長に就任した[13]

2021年1月4日、『徹子の部屋』出演時に、昨年から白髪染めを止めてグレイヘアにした事を黒柳徹子に話している。

名古屋(愛知県)出身の芸能人として

[編集]

1990年代頃まで、名古屋(愛知県)出身の芸能人は出身地をあまり表に出さずに活動する人が多かったが、名古屋出身であることを早い時期から公言していた。レギュラー解答者時代の『クイズダービー』では、大橋巨泉から名古屋ネタをよく振られたり、『クイズダービー』以外のバラエティー番組に出演する際にも、度々流暢な名古屋弁でのトークを披露したりするなど、パーソナリティーのひとつとして広く認知されてきた。名古屋いじりの元祖ともいえるタモリの番組へのゲスト出演も多い。

また、2005年日本国際博覧会では、長久手日本館の総館長を務めた。

NHK連続テレビ小説、第74作目として放送された『純情きらり』は愛知県岡崎市が主な舞台の1つなった作品であり、竹下はヒロイン・有森桜子の母、マサを演じた(語りも兼任)[14]。なお、竹下はこの他にも『ぴあの』で「ヒロインの姉」[15]、『ゲゲゲの女房』で「ヒロインの姑」[16]、『わろてんか』と『おかえりモネ』で「ヒロインの祖母」[17][18]をそれぞれ演じている。

『クイズダービー』の出演

[編集]

女子大生時代の頃から、『クイズダービー』の3代目4枠レギュラー解答者として約16年間出演し、はらたいら(74.7%)に次ぐ正解率(63.3%)だった[注 3]。特に三択問題での正解率がはら以上に高かったため、「三択の女王」と呼ばれた。出産時は、宮崎美子市毛良枝原日出子が代役を務めた。

家族

[編集]

1984年4月21日、銀行のポスター製作で知り合った15歳年上の関口照生と結婚した。

1986年に長男、1988年に次男を相次いで出産した。

受賞

[編集]

主な出演

[編集]

テレビドラマ

[編集]

バラエティ・情報・歌番組

[編集]

教養番組

[編集]

映画

[編集]

テレビアニメ

[編集]

劇場アニメ

[編集]

ラジオ

[編集]

舞台

[編集]
  • 1980年「和宮様御留東京宝塚劇場 1981・82年再演(原作・有吉佐和子 脚本・演出:小幡欣治
  • 1982年「遺書『限りなき愛』」芸術座、1983年再演(作・演出:小幡欣治)
  • 1983年「化粧」東京宝塚劇場 原作:渡辺淳一
  • 1983年「浅野川慕情」中村勘九郎中日劇場 小幡欣治作
  • 1984年「アグネス」博品館劇場(作: ジョン・ピールマイヤー 演出:ウォルトン・ジョーンズ)
  • 1988年「ハロルド・ピンター・コレクション」セゾン劇場 (演出:高平哲郎
  • 1997年「カナリア-西條八十物語-」東京国際フォーラム (作:斎藤憐 演出:木村光一
  • 1997年「奇想天外万事良」東京厚生年金会館ホール(脚本:有高扶桑 演出:本間忠良)
  • 1998年「お入学」芸術座、名鉄ホール(作:橋田壽賀子 演出:石井ふく子
  • 1999年「忍ばずの女」明治座(脚本:高峰秀子 演出:石井ふく子)
  • 2001年「花は紅、染千代一座」明治座(作:愛川欽也 演出:石井ふく子)
  • 2002年「浅草・花岡写真館」紀伊國屋サザンシアター(作:山田太一 演出:木村光一)
  • 2002年「鑓の権三」三越劇場(原作・近松門左衛門、脚本:石川耕士 演出:田中林輔)
  • 2002年「樋口一葉」名鉄ホール(脚本:大藪郁子 演出:石井ふく子)
  • 2004年「喜劇 お江戸でござる」新橋演舞場(作・演出:滝大作、共同演出:吉村忠矩)
  • 2004年「月の光の中のフランキーとジョニー」THEATRE1010(作:テレンス・マクナリー 演出:西川信廣)
  • 2004年「男を金にする女」名鉄ホール(脚本:宮川一郎 演出:石井ふく子)
  • 2005年「娘よ」ル・テアトル銀座ほか (脚本:砂田量爾 演出:石井ふく子)
  • 2005年「たそがれ清兵衛」三越劇場ほか(原作・藤沢周平、脚本・演出:石川耕士)
  • 2006年「チェックポイント黒点島」下北沢ザ・スズナリ他(作・演出:坂手洋二
  • 2007年「朝焼けのマンハッタン」紀伊國屋サザンシアター(作:斎藤憐 演出:佐藤信
  • 2007年「海と日傘」あうるすぽっと(作:松田正隆 演出:高瀬久男)
  • 2008年「ジョルジュ」杉並公会堂小ホール(作:斎藤憐 演出:佐藤信)
  • 2008年「御いのち」御園座(作:橋田壽賀子 演出:石井ふく子)
  • 2009年「川を越えて、森を抜けて」本多劇場 他(作:ジョウ・ディピエトロ 演出:高瀬久男)
  • 2009年「逝った男の残したものは」紀伊國屋ホール 他(作・演出:水谷龍二
  • 2010年4月「かたりの椅子」世田谷パブリックシアター 他(作・演出:永井愛
  • 2010年「花丸銀平」南座(作:ジェームス三木 演出:齋藤雅文)
  • 2010年11月「3分間の女の一生」座・高円寺1 12月地方公演(作・演出:坂手洋二)
  • 2011年8月6日-21日「好色一代男」御園座八月納涼公演(原作・井原西鶴、脚本・演出:岡本さとる
  • 2011年10月「あとは野となれ山となれ」本多劇場(作:水谷龍二、演出:高瀬久男)
  • 2012年「欺瞞と戯言」本多劇場 他(作・演出:中津留章仁
  • 2017年 石井ふく子名作劇場「君はどこにいるの」 - 高野冴 役[44]
  • 2022年4月 「5月35日」東京芸術劇場 (作:莊梅岩、演出:松本祐子)
  • 2023年6月「ジン・ゲーム」本多劇場(作:D.L.コバーン、演出:小笠原響)
  • 2023年10月「アカシアの雨が降る時」新国立劇場 他(作・演出:鴻上尚史) - 桜庭香寿美 役
  • 2023年11月 - 12月「わが友、第五福竜丸」座・高円寺1 他(作・演出:坂手洋二) - 声の出演[45]
  • 2023年12月「ジョルジュ」座・高円寺1 (作:斎藤憐、演出:佐藤信)-ジョルジュ/オーロール・デュパン 役
  • 2024年3月「筒井康隆笑劇場」(作:筒井康隆、演出:高平哲郎)[46]
  • 2024年4月「まるは食堂2024」座・高円寺1、瀧上工業雁宿ホール (作演出:佃典彦)相川うめ 役
  • 2024年10月 - 11月 「Silent Sky」俳優座劇場 他(作:ローレン・ガンダーソン、演出:大河内直子) - ウィリアミーナ・フレミング 役[47]

CM

[編集]

音声ガイド

[編集]
  • 展覧会「法隆寺-祈りとかたち」(2014年4月26日 - 6月22日、東京藝術大学大学美術館)
  • 特別展覧会「国宝」(2017年10月3日 - 11月26日、京都国立博物館)

ナレーション・朗読

[編集]

音楽

[編集]

シングル

[編集]
  • 結婚してもいいですか/私のひざで眠りなさい(1978年、デビュー曲) - 「結婚してもいいですか」は神奈川県鎌倉市が舞台になっている。
  • 愛そして告白/たまには一人で(1979年)
  • 私の中の女たち/ベッドサイドの子守唄(1980年)
  • モーニング・コール/Two for two(1982年)
  • 浅野川慕情(中村勘九郎とデュエット)(1983年)
  • ケイスケ/サヨウナラに乾杯!(1984年)

アルバム

[編集]
  • 二人だけの季節(1978年)
  • 私の中の女たち(1980年)
  • WHAT EVER HAPPENED TO KEIKO?(1982年)

※ 全てポリドールよりリリース

書籍

[編集]
  • 『フォト&エッセイ集 水中花』関口照生写真(1978年、ペップ出版)
  • 『ハロー・プラス・ワン』関口照生写真(1987年、小学館)のち集英社文庫 
  • 『ファミリーへ、ウエルカム』関口照生写真(1990年、小学館)のち集英社文庫 
  • 『いまこそ私は原発に反対します。』 「水俣から吹いてくる風」、日本ペンクラブ編、平凡社 2012

脚注

[編集]

注釈

[編集]
  1. ^ 「天の花と実」では拒否したとされる。
  2. ^ 放送開始当初はトルコ嬢シリーズという呼称であったが、前述のサービスの改称にともない現名称になった。
  3. ^ 厳密に言えば2位は黒鉄ヒロシの66.2%だが、出演は約1年間だった。
  4. ^ 日本テレビは番組開始半年後に共同制作から外れ、以降は読売テレビの単独制作。

出典

[編集]
  1. ^ a b c d e f g h i j k l m 別冊宝島2551『日本の女優 100人』p.86.
  2. ^ “竹下景子、長男・関口まなとの英留学費用はトータルで“億”超え”. スポーツ報知 (報知新聞社). (2017年6月12日). オリジナルの2018年3月3日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20180303164742/http://www.hochi.co.jp/entertainment/20170612-OHT1T50159.html 2018年3月3日閲覧。 
  3. ^ “ヒロミ&伊代の息子・小園凌央、連ドラ初挑戦 役者になって両親を見返す?”. ORICON STYLE. (2016年3月24日). https://www.oricon.co.jp/news/2068992/full/ 2016年3月24日閲覧。 
  4. ^ 「'76 美しきヒロインたち 茶の間でうけてる11人の娘たち 竹下景子」『スタア』1976年4月号、平凡出版、180頁。 
  5. ^ 「決定!保存版 '76 ALLスタアLIST 竹下景子」『スタア』1976年2月号、平凡出版、98頁。 
  6. ^ a b c 週刊朝日 1882年2月12日105ページ
  7. ^ a b c d 斉藤明美『家の履歴書 男優・女優篇』キネマ旬報社、2011年、p46-50
  8. ^ アグネス・チャンさん : 教育を語る : 子ども応援便り名作をポケットに 大岡昇平「武蔵野夫人」 - NHKアーカイブス保存番組詳細
  9. ^ 市報ひがしむらやま 平成21年8月1日号/東村山市
  10. ^ a b 天の花と実 - ドラマ詳細データ - ◇テレビドラマデータベース ◇”. キューズ・クリエイティブ. 2022年9月1日閲覧。
  11. ^ 「読売新聞」1983年9月18日「ちゃんねるゼロ」「聖母モモ子の受難」の竹下景子。
  12. ^ 国連WFP協会親善大使・竹下 景子さんのこれまでの活動 国連WFP協会
  13. ^ 日本大正村3代目村長に竹下景子さん就任恵那市ウェブサイト 2015年5月4日配信 同日閲覧
  14. ^ 宮崎あおい「純情きらり」再放送!キャスト&あらすじは?”. シネマトゥデイ (2020年6月28日). 2023年1月31日閲覧。
  15. ^ 第51作「ぴあの」”. 朝ドラ100. 日本放送協会. 2023年1月31日閲覧。
  16. ^ 松下奈緒「ゲゲゲの女房」に続き竹下景子と“母娘”再共演”. 映画.com. カカクコム (2011年7月15日). 2023年1月31日閲覧。
  17. ^ 竹下景子”. NHK人物録. 日本放送協会. 2023年1月31日閲覧。
  18. ^ 『おかえりモネ』語りの竹下景子「牡蠣に生まれ変わっております」 初回から驚きの反響「え?牡蠣?」”. クランクイン!. ブロードメディア (2021年5月17日). 2023年1月31日閲覧。
  19. ^ 令和元年度文化庁長官表彰名簿
  20. ^ “4代目浅見光彦に平岡祐太!大人気シリーズで8年ぶりドラマ主演”. SANSPO.COM (産経デジタル). (2017年9月28日). https://www.sanspo.com/article/20170928-2UM2BPYVBJJ3RIAXVM35H3SV7U/ 2017年9月28日閲覧。 
  21. ^ 平岡祐太演じるルポライターが亡き妹の事件の謎に推理で挑む! 新・浅見光彦シリーズ「後鳥羽伝説殺人事件」”. music.jpニュース (2018年2月26日). 2018年2月26日閲覧。
  22. ^ SDGsミニドラマ 「あの日、おばあちゃんが教えてくれたこと」
  23. ^ "結びの糸・原田 茂〜洋装への扉を開いた火の国の女〜". テレビ熊本. 2021年10月31日. 2021年10月30日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年10月30日閲覧
  24. ^ テレビドラマ『風間公親 教場0』第10話 story”. テレビドラマ『風間公親 教場0』公式サイト. フジテレビジョン (2023年6月5日). 2023年6月5日閲覧。
  25. ^ 特集ドラマ『大岡越前スペシャル~大波乱!宿命の白洲~』放送日&ゲスト出演者決定!”. NHK. 日本放送協会 (2023年12月1日). 2023年12月30日閲覧。
  26. ^ 赤ひげのいるまち”. BS-TBS. 2022年9月16日閲覧。
  27. ^ 奥飛騨白川郷 合掌屋根を葺(ふ)く”. NHK. 2021年4月25日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年5月1日閲覧。
  28. ^ "流転〜追放の高麗人と日本のメロディー〜". BS朝日. 2023年6月28日. 2023年6月29日時点のオリジナルよりアーカイブ。2023年6月29日閲覧
  29. ^ 半藤一利 「戦争」を解く”. NHK (2022年11月12日). 2022年11月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年11月13日閲覧。
  30. ^ “東出昌大が羽生善治役で出演、松山ケンイチ「聖の青春」追加キャスト8名発表”. 映画ナタリー. (2016年6月17日). https://natalie.mu/eiga/news/191153 2016年6月17日閲覧。 
  31. ^ “野村萬斎主演「花戦さ」主要キャスト11人の劇中姿を披露、公開は2017年6月”. 映画ナタリー. (2016年10月20日). https://natalie.mu/eiga/news/206037 2016年10月20日閲覧。 
  32. ^ “馬場良馬×玉城裕規「2人の受取人」改め「一人の息子」に水崎綾女、弓削智久、篠原篤、竹下景子が出演”. 映画ナタリー. (2017年11月17日). https://natalie.mu/eiga/news/257047 2017年11月17日閲覧。 
  33. ^ 映画『神さま待って!お花が咲くから』作品情報”. 映画.com. エイガ・ドット・コム (2023年11月16日). 2023年11月16日閲覧。
  34. ^ 火の鳥2772 愛のコスモゾーン”. 手塚治虫公式サイト. 2016年5月19日閲覧。
  35. ^ キャラクターと声の出演”. 風立ちぬ. 2013年6月6日閲覧。
  36. ^ “映画『君たちはどう生きるか』各キャラクターを演じたボイスキャスト公式解禁”. ORICON NEWS (oricon ME). (2023年8月18日). https://www.oricon.co.jp/special/64462/ 2023年8月18日閲覧。 
  37. ^ NHKアーカイブス NHKクロニクル / FMシアター「家の終わりに」(2012年12月15日 放送)”. NHK 日本放送協会. 2022年11月17日閲覧。
    NHK FMシアター 2012年 放送済みの作品”. NHK 日本放送協会. 2022年11月5日閲覧。
  38. ^ NHK オーディオドラマ 過去作品アーカイブ・特集オーディオドラマ「青き風吹く」(2016年1月2日 初回放送)”. NHK 日本放送協会. 2022年8月7日閲覧。
  39. ^ NHKアーカイブス NHKクロニクル / アートドラマ 美女と巨匠 「グスタフ・クリムト」(2016年2月11日 放送)”. NHK 日本放送協会. 2022年11月16日閲覧。
  40. ^ NHK オーディオドラマ過去作品アーカイブ / 特集オーディオドラマ「春麻呂の夢」(初回放送:2018年1月6日)”. NHK 日本放送協会. 2023年2月10日閲覧。
  41. ^ NHK オーディオドラマ過去作品アーカイブ / FMシアター「マイライフ・アズ・ア・ドッグ」(2022年1月22日 放送)”. NHK 日本放送協会. 2022年10月27日閲覧。
  42. ^ NHK FMシアター『ミシンと金魚』(2022年11月5日 放送)”. NHK 日本放送協会. 2022年11月17日閲覧。
  43. ^ 日本福祉大学学園創立70周年記念 連続ラジオドラマ「さいしょの一歩」浅賀ふさ物語”. www.n-fukushi.ac.jp. 2023年12月28日閲覧。
  44. ^ “一路真輝と西郷輝彦がいたわり合う父娘に「君はどこにいるの」演出は石井ふく子”. ステージナタリー. (2016年9月22日). https://natalie.mu/stage/news/202677 2016年9月23日閲覧。 
  45. ^ ビキニ事件後の“核”描く、燐光群創立40周年記念の第2弾「わが友、第五福竜丸」”. ステージナタリー. ナターシャ (2023年10月11日). 2023年10月11日閲覧。
  46. ^ 小堺一機・竹下景子ら出演「筒井康隆笑劇場」演出は高平哲郎”. ステージナタリー. ナターシャ (2024年2月4日). 2024年2月4日閲覧。
  47. ^ 朝海ひかるが天文学者、高橋由美子がその妹に unrato「Silent Sky」演出は大河内直子”. ステージナタリー. ナターシャ (2024年6月14日). 2024年6月15日閲覧。

関連項目

[編集]

外部リンク

[編集]