第20回日本レコード大賞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
第20回日本レコード大賞
Imperial Garden Theater Japan.jpg
会場として使われた帝国劇場
ジャンル 特別番組 / 音楽番組
放送時間 日曜19:00 - 20:55(115分)
放送期間 1978年12月31日(1回)
放送国 日本の旗 日本
制作局 TBSテレビ
出演者 高橋圭三
久米宏
黒柳徹子
ピンク・レディーほか
音声 モノラル放送
テンプレートを表示

第20回日本レコード大賞(だい20かいにほんレコードたいしょう)は、1978年昭和53年)12月31日帝国劇場で行われた、20回目の『日本レコード大賞』である。

概要[編集]

前回に引き続き、総合司会の高橋圭三の他、この年から始まった『ザ・ベストテン』の久米宏黒柳徹子コンビが司会進行を担当。しかし久米は今回を以て退く。

第20回の大賞は、ピンク・レディーの「UFO」に決定した。ピンク・レディーは初の受賞。

日本テレビスター誕生!出身歌手と、アイドル歌手のレコード大賞受賞と、及びオリコン年間シングルチャート1位の楽曲が受賞したのは、1968年以降(オリコン調査開始以降)では共に史上初めて。

尚審査は、ピンクレディーと沢田研二が決選投票まで縺れ込む激戦だった。連覇を狙った前1977年第19回の大賞受賞者の沢田研二は、最優秀歌唱賞を獲得となった。

この年から、従来は単なる予選通過扱いだった大賞候補曲の上位10曲に対して均等に金賞(後の優秀作品賞)を与えることとなった[1]

TBSの音声多重放送の開始に伴い、この年からステレオ放送に。

前年史上最高を記録した視聴率は大きく落ち込み7.9P下落の42.9%。

2008年8月1日に日本テレビ系で放送された『ヒットメーカー 阿久悠物語』でも大賞が発表された実際映像が織り交ぜて[2]使われている。

司会[編集]

  • 総合司会:高橋圭三 - 10度目の司会。
  • 司会進行:久米宏(TBSアナウンサー) - 2度目の司会。
  • 司会進行:黒柳徹子 - 2度目の司会。

受賞作品・受賞者一覧[編集]

日本レコード大賞[編集]

最優秀歌唱賞[編集]

最優秀新人賞[編集]

金賞(大賞ノミネート作品)[編集]

新人賞(最優秀新人賞ノミネート)[編集]

中山晋平賞(後の作曲賞)[編集]

編曲賞[編集]

西条八十賞(後の作詩賞)[編集]

特別賞[編集]

企画賞[編集]

古賀政男記念賞[編集]

日本レコード大賞20周年記念顕彰[編集]

TV中継スタッフ[編集]

  • 運営プロデューサー:野中杉二、青柳脩/吉田恭爾
  • 制作本部プロデューサー:渡辺正文、酒井俊一、大友和夫、小松敬、田中耕二、梅沢凡、今里照彦、西内綱一
  • 制作マネージャー:小田忠明
  • 構成:保富康午、河村達樹、吉田秀穂/小野寺真
  • 音楽:服部克久長洲忠彦
  • 演奏:岡本章生とゲイスターズ、高橋達也と東京ユニオン、ベストアンサンブル
  • 指揮:長洲忠彦
  • 技術:佐藤一郎
  • TD:村上敦彦、水越俊之
  • 映像(カメラ):佐藤満、小南朗
  • カラー調整:鈴木克彦、安藤紘平
  • 音声:椎木洋次、吉田克弥、清水宣宏
  • 照明:橋本英一、伊藤博介
  • 音響効果:若林宏夫
  • 美術制作:和田一郎、河瀬洋男
  • 美術デザイン:三原康博、宮澤利昭、竹内誠二
  • 演出スタッフ:神保泰宏、中村治信、島津剛史、五十嵐衛、田代誠、八木康夫、石川眞実、清弘誠、吉田秋生、狩野敬、斎藤薫、吉田健、大竹信雄、水留章
  • 中継担当:山田修爾
  • 舞台監督:塩川和則
  • プロデューサー:斎藤正人、弟子丸千一郎
  • 演出:久保嶋教生
  • 製作著作:TBS
  • 主催:社団法人 日本作曲家協会、日本レコード大賞運営委員会

脚注[編集]

  1. ^ サンデー毎日』1979年12月30日号、170-171頁。
  2. ^ 大賞を受賞したピンクレディーや阿久悠らが映る場面と山口百恵が映るシーンのみ役者が演じたシーン

関連項目[編集]

外部リンク[編集]