飛んでイスタンブール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
飛んでイスタンブール
庄野真代シングル
B面 潮風のサーファー
リリース
ジャンル ポップス
レーベル BLOW UP/日本コロムビア
作詞・作曲 ちあき哲也(作詞)
筒美京平(作曲)
ゴールドディスク
チャート最高順位
  • 週間3位(オリコン
  • 1978年度年間19位(オリコン)
  • 7位(ザ・ベストテン
  • 1978年年間35位(ザ・ベストテン)
  • 庄野真代 シングル 年表
    ラスト・チャンス
    (1977年)
    飛んでイスタンブール
    (1978年)
    モンテカルロで乾杯
    (1978年)
    テンプレートを表示

    飛んでイスタンブール」(とんでイスタンブール)は、庄野真代の楽曲で、5枚目のシングルとして1978年4月1日に発売された。

    解説[編集]

    庄野の最大のヒット曲として知られており、オリコンセールスは46.3万枚。累計売上は60万枚を超える[1](80万枚とも[2])。

    元々は筒美京平野口五郎のために作った曲で、野口の音域等を意識しながら完成させた作品だった[3][4]。しかし仕上がり具合から筒美は「この曲は野口より女性ヴォーカルの方が合ってる」と判断[5]。結局はレコード化されること無いまま、女性歌手用にストックされた。[要出典]

    1978年当時は昭和50年代に入ってからの円高も手伝い、日本人にとって海外旅行がようやく身近なものになっていた(若い日本人女性が海外に出始めた時期がこの頃である)。このような背景から、庄野の担当だった日本コロムビアの三野明洋ディレクター(当時)は、「無国籍なイメージの曲を」ということで筒美に作曲を依頼する[6]。庄野の過去の楽曲を聴いた筒美は、ストックしてあった作品がヴォーカルに合うと確信し、ちあき哲也に作詞を依頼。ちあきはメロディーに“イスタンブール”の語呂合わせを駆使した歌詞を付けてくる[3]。さらに筒美はギリシャの民族楽器「ブズーキ」の使用を船山基紀に提案[3]。船山はそれを基調にイントロのフレーズやオブリガートを考え、全体をエキゾチックな雰囲気の楽曲に仕上げる[5]

    庄野のレコーディングには筒美が立会い、最初は「好きなように歌ってください」と言っていたが、次第に「ここはこうで、ここはこうで」と注文をつけ始めた[7]。各々の歌手の良さを引き出すような曲作りが筒美の信条だったため、それが上手く表現されることにやはりこだわりがあるようだった[7]。特に締めのフレーズ「夜だけのパラダイス」の「パラダイス」の歌い方が何度やり直しても筒美は気に入らなかったようで、最後には「もうそれでいいです」と筒美の方が諦めてしまったが、庄野は2021年のインタビューで「正解はいまでもわかりません。永遠の課題です」と語っている[7]

    本作は失恋した女性のセンチメンタル・ジャーニーを描いた歌だが、歌詞の中にはトルコの最大の都市であるイスタンブールとは、地理学上全く無関係な「砂漠」が登場している。庄野は、ヒットから2年後の1980年昭和55年)にイスタンブールを初めて訪れたが、歌詞にある砂漠のエキゾチックなイメージと、実際のトルコの風景が全く違うことを知り、その時の様子を、

    ギリシアから長距離バスで到着したイスタンブールは、なんと、が舞っていた。しかも湿度が高い。今のようにインターネットで情報を収集して出かける時代ではなかったし、"エキゾチック"と"雪"は全くマッチしないから、この気候には驚いた。 — 庄野真代「歌から始まった出会い」[8]

    と述べている。

    なお、NHKで歌った時は「こんなジタンの空箱」という歌詞が『「ジタン」は(広告・宣伝放送を禁止した放送法83条1項及び日本放送協会定款51条に抵触する)たばこの商標である』という法律上の判断から「そんな煙草の空箱」と改変して歌った[9]

    本作の大ヒットにより、日本におけるイスタンブールの知名度は飛躍的に上がり、日本人にとって「トルコといえば『飛んでイスタンブール』」と云われるほどトルコで一番有名な都市、地名となった。[要出典]

    発表当時は、日本からイスタンブールへの直行便はなかったが、1989年に日本 – トルコ間にトルコ航空便が就航(現在、成田国際空港および関西国際空港 – イスタンブール・アタテュルク国際空港間を運航)した。2015年からはトルコのフラッグ・キャリアターキッシュ・エアラインズが、日本向けの宣伝に「飛んでイスタンブール、そこから飛ぶのがルール」と本作を意識し、韻を踏んだキャッチコピーを採用した。

    レコード[編集]

    リリースから3ヶ月後の7月3日オリコンシングルチャートでトップ10にランクイン。その後も順位を上げ、7月24日付チャートで3位まで上昇(最高位)。庄野自身初のヒット曲でかつ最大のセールスを記録する。庄野は本作のヒットで、『第29回NHK紅白歌合戦』の出場を果たした。

    収録曲[編集]

    1. 飛んでイスタンブール
      作詞:ちあき哲也/作曲:筒美京平/編曲:船山基紀
    2. 潮風のサーファー
      作詞:竜真知子/作曲・編曲:筒美京平

    カバー[編集]

    飛んでイスタンブール

    脚注[編集]

    [脚注の使い方]
    1. ^ 富澤一誠『フォーク名曲事典300曲〜「バラが咲いた」から「悪女」まで誕生秘話〜』ヤマハミュージックメディア、2007年、459頁。ISBN 978-4-636-82548-0
    2. ^ 読売新聞社文化部『この歌この歌手―運命のドラマ120〈下〉』現代教養文庫、1997年、67頁。ISBN 4390116029
    3. ^ a b c 榊ひろと『筒美京平ヒットストーリー 1967‐1998』白夜書房 1998年、115頁。ISBN 4-89-367563-X
    4. ^ BSジャパン武田鉄矢の昭和は輝いていた第128回 2015年11月25日 「筒美京平」
    5. ^ a b コンピレーション・アルバム『HITSTORY〜筒美京平 アルティメイトコレクション 1967〜97』解説書。1997年。
    6. ^ 『この歌この歌手―運命のドラマ120〈下〉』65-66頁。
    7. ^ a b c 庄野真代が語るシティポップ「押しつけがましくないところが魅力」”. NEWSポストセブン. 小学館 (2021年5月14日). 2021年6月9日閲覧。
    8. ^ 『トルコとは何か』藤原書店〈別冊 環〉、2008年、186–187ページ。ISBN 978-4-89434-626-0
    9. ^ “NHKスキャンダル紅白 迷シーンを誌上再放送(5)”. アサヒ芸能. (2011年12月10日). http://www.asagei.com/excerpt/2808 2016年4月25日閲覧。 

    関連項目[編集]