飛んでイスタンブール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
飛んでイスタンブール
庄野真代シングル
B面 潮風のサーファー
リリース
ジャンル ポップス
レーベル BLOW UP/日本コロムビア
作詞・作曲 作詞:ちあき哲也
作曲:筒美京平
ゴールドディスク
チャート最高順位
庄野真代 シングル 年表
ラスト・チャンス
(1977年)
飛んでイスタンブール
(1978年)
モンテカルロで乾杯
(1978年)
テンプレートを表示

飛んでイスタンブール」(とんでイスタンブール)は、庄野真代の楽曲で、5枚目のシングルとして1978年4月1日に発売された。

解説[ソースを編集]

庄野の代表曲として知られており[要出典]、オリコンセールスは46.3万枚。累計売上は60万枚を超える[1](80万枚とも[2])。

元々は筒美京平野口五郎のために作った曲で、野口の音域等を意識しながら完成させた作品だった[3][4]。しかし仕上がり具合から筒美は「この曲は野口より女性ヴォーカルの方が合ってる」と判断[5]。結局はレコード化されること無いまま、女性歌手用にストックされた。[要出典]

1978年当時は昭和50年代に入ってからの円高も手伝い、日本人にとって海外旅行がようやく身近なものになっていた(若い日本人女性が海外に出始めた時期がこの頃である)。このような背景から、庄野の担当だった日本コロムビアの三野明洋ディレクター(当時)は、「無国籍なイメージの曲を」ということで筒美に作曲を依頼する[6]。庄野の過去の楽曲を聴いた筒美は、ストックしてあった作品がヴォーカルに合うと確信し、ちあき哲也に作詞を依頼。ちあきはメロディーに“イスタンブール”の語呂合わせを駆使した歌詞を付けてくる[3]。さらに筒美はギリシャの民族楽器「ブズーキ」の使用を船山基紀に提案[3]。船山はそれを基調にイントロのフレーズやオブリガートを考え、全体をエキゾチックな雰囲気の楽曲に仕上げる[5]

本作は失恋した女性のセンチメンタル・ジャーニーを描いた歌だが、歌詞の中にはトルコの最大の都市であるイスタンブールとは、地理学上全く無関係な「砂漠」が登場している。庄野は、ヒットから2年後の1980年昭和55年)にイスタンブールを初めて訪れたが、歌詞にある砂漠のエキゾチックなイメージと、実際のトルコの風景が全く違うことを知り、その時の様子を、

ギリシアから長距離バスで到着したイスタンブールは、なんと、が舞っていた。しかも湿度が高い。今のようにインターネットで情報を収集して出かける時代ではなかったし、"エキゾチック"と"雪"は全くマッチしないから、この気候には驚いた。 — 庄野真代「歌から始まった出会い」[7]

と述べている。

なお、日本放送協会で歌った時は「そんなジタンの空箱」という歌詞が『「ジタン」はたばこの商標である』という理由から「そんな煙草の空箱」と改変して歌った[8]

本作の大ヒットにより、日本におけるイスタンブールの知名度は飛躍的に上がり、日本人にとって「トルコといえば『飛んでイスタンブール』」と云われるほどトルコで一番有名な都市、地名となった。[要出典]

発表当時は、日本からイスタンブールへの直行便はなかったが、1989年に日本 – トルコ間にトルコ航空便が就航(現在、成田国際空港および関西国際空港 – イスタンブール・アタテュルク国際空港間を運航)した。2015年からはトルコのフラッグ・キャリアターキッシュ・エアラインズが、日本向けの宣伝に「飛んでイスタンブール、そこから飛ぶのがルール」と本作を意識し、韻を踏んだキャッチコピーを採用した。

レコード[ソースを編集]

リリースから3ヶ月後の7月3日オリコンシングルチャートでトップ10にランクイン。その後も順位を上げ、7月24日付チャートで3位まで上昇(最高位)。庄野自身初のヒット曲でかつ最大のセールスを記録する。庄野は本作のヒットで、『第29回NHK紅白歌合戦』の出場を果たした。

収録曲[ソースを編集]

  1. 飛んでイスタンブール
    作詞:ちあき哲也/作曲:筒美京平/編曲:船山基紀
  2. 潮風のサーファー
    作詞:竜真知子/作曲・編曲:筒美京平

カバー[ソースを編集]

飛んでイスタンブール
  • 岩崎宏美(1978年12月20日・アルバム『ラブ・コンサート・パート2 〜ふたりのための愛の詩集〜』収録)
  • 石川さゆり1979年3月25日・アルバム『春一輪』収録)
  • 小林幸子1988年9月10日・アルバム『芸能生活二十五周年記念 飛翔』収録)
  • 日野美歌1991年11月25日・アルバム『Tastily』収録)
  • チェリッシュ1995年5月21日・アルバム『チェリッシュ ベスト・コレクション』収録)
  • 牧野雅己 (Vo:AKIKO)(2005年2月2日・アルバム『フラワーケース』収録)
  • 森下玲可2006年11月22日・アルバム『Romantic Woman Trance〜あゝ無情〜』収録)
  • ARAHIS2007年4月6日・アルバム『МЕЧТА(メチター)』収録)
  • 秋川雅史(2007年7月11日・アルバム『筒美京平トリビュート the popular music』収録)
  • 平山みき(2007年10月24日・アルバム『恋の気分で』収録)
  • 山口かおる2009年3月4日・アルバム『〜山口かおる歌謡曲集「哀愁フラメンコ」〜』収録)
  • 柴田淳2012年10月31日・アルバム『COVER 70's』収録)
  • 八代亜紀2013年11月20日・アルバム『カバーコレクション・シリーズ 八代亜紀〜日本のポップスを唄う〜』収録)
  • ハン・ジナ(2017年6月7日・アルバム『時の記憶 〜カバー・コレクション〜』収録)

脚注[ソースを編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 富澤一誠『フォーク名曲事典300曲〜「バラが咲いた」から「悪女」まで誕生秘話〜』ヤマハミュージックメディア、2007年、459頁。ISBN 978-4-636-82548-0
  2. ^ 読売新聞社文化部『この歌この歌手―運命のドラマ120〈下〉』現代教養文庫、1997年、67頁。ISBN 4390116029
  3. ^ a b c 榊ひろと『筒美京平ヒットストーリー 1967‐1998』白夜書房 1998年、115頁。ISBN 4-89-367563-X
  4. ^ BSジャパン武田鉄矢の昭和は輝いていた第128回 2015年11月25日 「筒美京平」
  5. ^ a b コンピレーション・アルバム『HITSTORY〜筒美京平 アルティメイトコレクション 1967〜97』解説書。1997年。
  6. ^ 『この歌この歌手―運命のドラマ120〈下〉』65-66頁。
  7. ^ 『トルコとは何か』 藤原書店〈別冊 環〉、2008年、186–187ページ。ISBN 978-4-89434-626-0
  8. ^ “NHKスキャンダル紅白 迷シーンを誌上再放送(5)”. アサヒ芸能. (2011年12月10日). http://www.asagei.com/excerpt/2808 2016年4月25日閲覧。 

関連項目[ソースを編集]